※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 三原修二
【登場作品】 仮面ライダー555
【本名】 三原修二(みはら しゅうじ)
【異名/愛称/コードネーム】 三原(ほぼみんな) 三原くん(真理、里奈)
【年齢/性別】 18~25歳くらい/男性
【人称】 自分→俺 その他→君、~くん、下の名前呼び捨て、苗字呼び捨て
【立場】 デルタの主要適格者 元流星塾生 創才児童園のバイト
【身体的な特徴】 すごく普通の青年。気弱そうな顔立ちをしている。中の人の身長は174㎝。
【精神的な特徴】 気弱で、戦いに巻き込まれる事を恐れる。だけどやる時はやる。
【技術/特殊能力】 仮面ライダーデルタに変身しても凶暴化しない。
人間体でも強力な力を発揮できると思われる(デルタに変身したため)。
【紹介】 琢磨君に続く555のヘタレキャラ。主要資格者にも関わらず独力で倒した
オルフェノクはたった一体。
流星塾の同窓会で一度、ドラゴンオルフェノクに殺されているが
「オルフェノクの記号」を埋め込まれて復活した。
その後は普通の人生を歩もうとしていたようだが、流星塾生の仲間だった
真理の死で彼女の病室に呼び出された以後、彼は仮面ライダーとして戦う
運命を背負わされる。
この時は友人の真理が死んだのにも関わらず「バイトがあるから、家に帰って
いいかな」と言って面倒に巻き込まれないようにした。
だがスパイダーオルフェノクの襲撃でやむを得ずデルタに変身することに
なるが、戦闘終了後にベルトを草加に返そうとすると「いつまで逃げるつもり
なんだ!」と叱咤された。
この時も「家に帰るんだ!」なんていっていたが、草加に「俺たちに帰る家
なんてない」と言われる。
さらにその後、スタッグビートルオルフェノクと交戦。
戦闘終了後に、「やってみるさ、俺に何が出来るかわからないけど」と呟き、
戦いへの決意を固めたかに思われたが、しばらく後の戦闘で変身中に
攻撃されると「足が動かない」と言ってベットで寝込む。それは戦いから逃げる
ための嘘だった。
それからすぐに、ベルトを道路に投げるが、それを取ろうとしてトラックに
轢かれた里奈を見て、改めて戦う決意を固める。
それ以降は里奈は三原の戦闘のパートナー的な存在になっていった。
最終的には巧や海堂と出会い、「一番怖いのはオルフェノクの力に溺れる人間」
だと考え始める。
彼の動向は「人間が仮面ライダーになること」の恐怖をとてもリアルに描いて
いた。だが最終的に戦う決意を固めたのだから彼は強いライダーだったと
いうことだろう。
しかし、劇場版、小説版に未登場。HEROSAGAの小説でも草加の早とちりの
せいで灰になる、不遇なキャラクター扱い。正式参戦は今回が初なので
そんな前評判を覆せるか期待されている、かもしれない。まだまだ影が薄い。
【関連アイテム】 デルタギア デルタドライバー