※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 モモタロス
【登場作品】 仮面ライダー電王
【本名】 モモタロスイマジン
【異名/愛称/コードネーム】 モモタロス(ほぼみんな) モモの字(キンタロス)
【年齢/性別】 不明 男性
【人称】 自分→俺 他人→呼び捨て、或いはヒドいあだ名(ハナ→ハナクソ女)
【立場】 イマジンの一人で、時の列車の一員
【身体的な特徴】 身長:185cm 体重:102㎏
良太郎が「モモ太郎」の赤鬼をイメージしたイマジン。おそらく全イマジン中
最もダサい(本人も認めている)
二本の角が生えていて、体はほぼ真っ赤。「M」の模様が全身のいたる
ところに描かれている。
なお、首が一回転ひねられても、死ぬことはない。
【精神的な特徴】 カッコいいことが大好きなアウトロー
バカばっかのイマジンズの中でも最たるバカ。
戦闘好きだが、友情は重んじる。常にカッコよく振る舞い、周りには酷い
言葉を放つこともあるが、基本的にデンライナーの面子には友情を感じている
模様
情にもろく、序盤ではウラタロスの嘘で涙を流すという姿も見られた
プリンを前にすると「わーい、プリンだプリンだー」と子供のようにはしゃぐ
大人っぽい口調で良太郎にアドバイスを送ることもあった。
終盤では消滅する覚悟も備わっており、イマジンを倒すことによる
モモタロスの消滅を恐れて戦わない良太郎を諭したこともあった
【技術/特殊能力】 力が強く、戦闘力は高い。
モモタロスォードを使って戦う(モモタロスソードではない)
基本的には良太郎に憑依して仮面ライダー電王ソードフォームに変身するが、
劇場版では直接実体化したモモタロスが変身していることも
人間への憑依も可能。良太郎、渡、士とライダー主人公三人連続して
憑依している
どうでもいいが、メールの早打ちが得意
【紹介】 未来からやってきたエネルギー体・イマジン。
良太郎に憑依し、彼の「桃太郎」の赤鬼のイメージが、彼の姿である。
序盤は良太郎が願いを与えなかったため、実態化できないが、終盤では
実体化が可能。また、デンライナー内では普通に動ける。
当初は良太郎に憑依していたことを「最悪」と評していたが、元々
「暴れること」「戦うこと」が目的だった彼はイマジンとしての使命を
忘れて、イマジンと戦うことになる
ウラタロス、キンタロス、リュウタロスとだんだん増えていく良太郎に
憑依するイマジンを最初は迷惑がっていたが、やがては彼にとって欠かせない
存在となっていき、良太郎とも強い友情で結ばれていく
真司、蓮などの多作キャラと同じく犬が苦手。小林脚本キャラの特徴だろうか?
おそらく、今回の参戦作品の中であらゆる媒体への最も登場回数が多い。
……それどころか、ライダーで最も多いかもしれない。
「仮面ライダー電王」のテレビ本編と映画では皆勤、「クレヨンしんちゃん」に
イマジンでは唯一ゲスト出演、「イマジンあにめ」というスピンオフアニメにも
登場し、「仮面ライダーディケイド」では電王の世界の主人公として登場した。
【関連アイテム】 モモタロスォード ライダーパス+デンオウベルト