※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 アポロガイスト
【登場作品】 仮面ライダーディケイド
【本名】 アポロガイスト
【異名/愛称/コードネーム】 アポロガイスト(全員)
人間名はガイだが、劇中では呼ばれないし名乗らない
【年齢/性別】 年齢不詳 男性
【人称】 自分→私 他人→貴様、お前
【立場】 大ショッカーの一員
元いた「Xライダーの世界」ではGOD機関の幹部
【身体的な特徴】 中年の男性で、中の人の身長は183cm。
常に白いスーツを着用している。
【精神的な特徴】 世界を破壊しようとする悪人。「~なのだ」という口調を好む。
大ショッカーに対する忠誠心は強いように見えたが、実はその行動は
大ショッカーの意に反している。
【技術/特殊能力】 アポロガイストに変身できる
立場上、怪人の統率もしていた
【紹介】 本編第26話~30話に登場。「仮面ライダーX」に登場するアポロガイストとは
別人で、デザインや変身者も異なる。
彼は元々、「Xライダーの世界」のGOD機関の幹部だったが、
現在は大ショッカーの一員。
ディケイドを「世界を破壊する迷惑な存在」として付けねらっている。
本来余命一ヶ月の命を、パーフェクターで他人の命を吸い取り
生きながらえている。
RXの世界でパーフェクターを奪われ、アマゾンの世界では破壊されている。
実はその目的は全ての世界の融合で、ライダー大戦の世界ではファンガイアの
女王・ユウキと結婚してファンガイアの力を得て大量のライフエナジーを吸収。
スーパーアポロガイストとなり、怪人たちを復活させる。
が、ユウキの死後は夏海を強引に結婚させようとし、彼女を人質に
ライダーたちと最終決戦。
ディケイドのディメイションシュートで爆死する。
最期の言葉は、「いつの日か宇宙一迷惑な奴として甦る」。
「迷惑な存在」という言葉を好み、ディケイドに対して言い続けていたが、
自分こそがそうなりたかったらしい。
【関連アイテム】 パーフェクター ガイストカッター マグナムショット