※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】 園咲 霧彦
【登場作品】 仮面ライダーW
【本名】 園咲 霧彦(そのざき きりひこ) 旧姓:須藤霧彦(すどう)
【異名/愛称/コードネーム】 霧彦さん(冴子ほか) 霧彦くん(琉兵衛)
霧彦さん、霧彦(翔太郎) お兄ちゃん(雪絵)
【年齢/性別】 年齢不詳(20代程度) 男性
【人称】 自分→私 他人→君、お前
【立場】 ナスカ・ドーパントにしてガイアメモリのセールスマン
園咲家の婿養子で、冴子の夫
【身体的な特徴】 細身で長身。中の人の身長は181cm。
常に清潔感を漂わせる、紳士的な服装をしている。
また、常に妹からプレゼントされたスカーフ(白色で、中央に血痕のような
痕がある)を身に着けている。
【精神的な特徴】 風都を愛し、風都に関しては翔太郎並の知識を持っている
大人には絶望しているようだが、子供に対しては、その将来を信用している
妹を溺愛していて、彼女の身柄は鳴海探偵事務所に任せていた
劇中では、そのキャラクターの変化が唐突で、ある話で突然
「風都のことを愛していた」という設定が付け加えられた
彼の性格に関しては、その設定のほうが印象的であるため、
把握には17話・18話を見るべき
【技術/特殊能力】 ナスカ・ドーパントに変身できる(ドーパントとしての能力は
クレイドール・ドーパントを倒すほどであるが、メモリとの融合率は
冴子を下回っている)
【紹介】 秘密結社「ミュージアム」のガイアメモリを売りさばくセールスマンで
下位の組織員だったが、メモリの販売数で過去最高記録を出し園咲冴子の
目にとまり彼女と結婚して園咲家に婿養子になった。
旧姓は須藤で、雪絵という妹が死亡後の話に登場する。
序盤は嫌味で、風都を暗躍するようなそぶりを見せていたが、17話で
キャラクターが変更され、「風都を愛していた」という設定が登場する。
始めは床屋で翔太郎と顔の見えないままに親しくなるが、互いの顔を見ると
激突。
彼と戦うことになるが、やがて同じ「風都を愛するもの」として和解。
小学校三年生のときにコンクールで「ふうとくん」のデザインが採用されて
いるため、レアモノのキーホルダーをもっていた。
やがて、園咲家の不満を募らせ、スミロドン・ドーパントに襲われるが、
彼を嫌っていたはずの若菜に救われる。実は霧彦も彼女のラジオが好きだった
らしい。
最期は、ダブルと協力してバード・ドーパントを倒し、愛する冴子を
園咲家から引き離す説得をするが、冴子の手で殺害された。
最期まで風都を愛してやまなかった男であり、その後の風都は仮面ライダーに
託した。
【関連アイテム】 ナスカメモリ スカーフ ふうとくんのキーホルダー