※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

My name is ◆LQDxlRz1mQ




 彼の住む『カブトの世界』を象徴する東京タワーの下、その男は立っていた。
 かつてそのタワーの下には天道総司という男が、まるでそこが世界の中心であるかのように堂々と立っていた。
 高く人差し指をお天道様に突き上げて。

 彼の姿を見れば、天道を知る者はその光景を思い浮かべるだろう。
 ……しかし、違う。
 彼は姿形こそ天道総司でありながら──その本質にある人格はまるで別人。

 彼は天道に擬態した(本人は気づいていないが)ネイティブワームなのだ。
 そして、同時に『もう一人のカブト』でもある。

 彼の外見は、全て天道=カブトに準えたかのようなものだった。
 名前も、素顔も。全てができそこないのコピー。

 ただ、そんな彼でも天道を越えられるものがあった。

 それは、日下部ひよりという女性への想い。
 ずっと一人だった自分の、初めて見た人間。
 そして、自分と仲良くしてくれたただ一人の人間。


 ……が、拒絶された。


 彼女はこの天道ではなく、もう一人の天道を選び、彼はまた孤独になった。


 ひとり。
 世界は広いのに、彼はずっとひとり。
 これからも、誰にも理解されず、誰と分かり合うこともできない、たったひとりの世界。
 彼の人生にとって、自分以外全てが飾りのような世界。

「壊してやる、そんな世界」


 孤独な自分と、それを嘲笑うように誰かと戯れる人々。
 親もなく、友もなく、恋人もなく育った自分と、親や友や恋人から様々な経験を受けた周りの人間。
 嫉妬のような感情を抑えられなかった。

 殺し合いをしろ、というなら進んで行ってやる。
 ただし、全ての世界を破壊し尽くす。
 ここで争いを強要された11の世界の人間、全てを殺しつくして消してやる。


 特に──彼だ。


「天道総司……」


 自分の存在意義を奪い去っていく男、天道総司を殺す。
 この世界を滅ぼすには、彼は大きな障害となる。名簿によると、自分の世界からは自分以外で五人もの参加者がいるらしい。
 まずは天道総司、加賀美新、矢車想、間宮麗奈、乃木怜司を一掃しよう。


「──それから、僕か」 


 世界を滅ぼすには、自分自身の死も必要となる。世界と心中する形になるが、もはや彼の中ではそんなことはどうでもいい。
 思い出もなく、死に対する恐怖もなく、ただ辛いだけの生き方をしているのだから。
 ひよりに否定され、カブトに敗れた。そんな世界に居座り続ける必要なんてない。


 しかし、そんなことよりも、彼が気になったのは名簿にちゃんと載っていた、彼の《本当の名前》だった。
 あまり齢を重ねていなかったとはいえ、流石に彼はその名前をなんとなくだが聞いたことがあった。


(忘れていたな……僕は天道じゃなかったんだ……)


 ずっと忘れていた懐かしい名前。もう顔も忘れてしまった両親が可愛い息子に授けた名前だ。
 それを、彼は嫌というほどあっさりと受け入れてしまった。

 そうだ、自分はワームだった。
 誰かに強引にワームにされ、天道総司にされた、一人の人間だった。


「……それでも、もうこんな名前は必要ない……。僕は、天道総司だ」


 彼は使わなくなった名前を掘り起こすより、天道であることを選ぶ。
 もう、「その名前」である必要はない。とうの昔にそんな人間は死んでしまったのだから。

 それに、彼にとってはその男だった時間より、天道であった時間のほうが遥かに長い。
 記憶もこの姿になる前のものは全く無い。
 名前の響きで、自分がワームにされるあの悪夢を思い出しただけだ。


「僕の名前は、天道総司」


 もう一度だけ、そう呟く。何度も呟けば、その名前になるというわけではないが……そう念じることで本当の名前を忘れようとしていた。
 自分が天道の贋作だと認めなくなかっただけかもしれない。
 出来損ないのコピーでいるよりは、絶対無二の『天道総司』であり続けたいと思ったのかもしれない。


 彼、──擬態天道総司は、そのまま東京タワーに背を向けてライダーバトルの世界を歩いていった。



【1日目 日中】
【D-5 東京タワーの真下】


【擬態天道総司(ダークカブト)@仮面ライダーカブト】
【時間軸】第47話 カブトとの戦闘前(三島に自分の真実を聞いてはいません)
【状態】健康 情緒不安定気味
【装備】ライダーベルト(ダークカブト)@仮面ライダーカブト
【道具】支給品一式、不明支給品
【思考・状況】
1:天道総司を殺し、『天道総司』に成り代わる。
2:全ての世界を破壊するため、手当たり次第全員殺す。
3:特に優先的に『カブトの世界』の五人を殺害する(最終的には自分も死ぬ予定)。
4:僕はワームだった……。
【備考】
※ 名簿には本名が載っていますが、彼自身は天道総司を名乗るつもりです。
※ 参戦時期ではまだ自分がワームだと認識していませんが、名簿の名前を見て『自分がワームにされた人間』だったことを思い出しました。詳しい過去は覚えていません。


001:ふたりのP/団結 投下順 003:光を背負い
001:ふたりのP/団結 時系列順 003:光を背負い
GAME START 擬態天道 028:勝利か敗北か