※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

春深く夢の輪郭を
ぼかして 行き過ぎて 舞い戻る
花びらは仕草を追いかけ
薄明かりの下で 密やか

つまさきであやす月の兎は踊り
星の間を飛びまわる
口笛吹き

飛沫 あがる
わたし 駆ける
追いかける星は
まわる まわる ちいさなつぼみ

さいて さいて 月にお願い
おだやかな影に薄化粧
しらずしらず えいや!と投げた
つぼみは 行方知れず のまま

見下ろして小さくなった雲の間に
芽を出した線香花火
つぶらな夢

飛沫 あがる
火花 翔る
問いかけた星は
かわる がわる 顔を変えた

さいて さいて くるりとまわる
舞姫の如く たまゆらに
思い思いに動く影と
背中を合わせて (ああ)
走る!

弧を描き
影は延びる
陽炎の先に
さいた あった! まあるい花が

さいた さいた 星の砕片が
月の裏側で泣いていた
気づかぬうちに 隠れていた兎も
また弧 描く

さいて さいて 月にお願い
おだやかな影に薄化粧
しらずしらず えいや!と投げた
つぼみは行方知れず

さいて さいた 風に揺られて
おだやかな坂は 薄化粧
下駄鳴らして口笛合わせ
凛として はんなりの こころ