a bad first morning


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チュン、チュン…

「ふわぁ…。あ、あれ?ここは?」
「おはよう。涼、目が覚めた?」
「え?夢子ちゃん?」
(そうだ!僕、ゆうべ夢子ちゃんと…)

「おはよう、夢子ちゃん。早いんだね。」
「何をのんきなこと言ってんのよ?今日はオーディションでしょ!一度戻って準備しなきゃいけないんだから、
間に合わなくなるわよ!」
「あ、そうだ!じゃあ早く起きないと…

ぐきっ

「あ痛っ!」
「どうしたの?」
「こ、腰が…痛い…昨日、激しく使い過ぎたかな…?」

「ふふふ…。かかったわね!秋月涼!」
「ええっ?ゆ、夢子ちゃん?」
「これで、涼はオーディションでいつもの実力を発揮できない。今度の今度こそ、私が勝つ番よ!」
「夢子ちゃん、それ、絶対に今の思いつきで言ってるでしょ!?」
「う、うるさいわね!私はあんたに勝てば、なんでもいいの!」
「そ、そんな~」
「一度くらいあんたに勝たないと、私のプライドが許さないの!それに、素直にもなれないじゃない!」

「そう…。わかったよ。僕もベストの状態じゃないけど、受けて立つ。」

すくっ

「ば、バカー!!パンツくらい履きなさいよ!!」
「ぎゃおおおおおおん!?」


/Fin.