武田の歌姫調査


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「もし幸っせー近くにあーてもー♪」

技術の進歩はめざましい。画面の向こうと繋がっているかのようなこの音質。

酷いな。
技量もだが、まるで歌詞を無視した明るい歌い方。
なぜこの曲をこの子に歌わせているのだろう。
まぁ、大体察しは付くのだが。確かに面白い趣向ではある。
「蒼い鳥」……いや、如月千早を知らぬ者は今や殆どいない。
いよいよ、僕の城に招待しなくてはならない頃合だろうな。
いきなり会う前に人柄も確認しておきたいのだが、
彼女はあまり他人を近付けないらしく、欲しい情報が出てこない。
何か方法はないものか。
例えば彼女が気を許していて、彼女の情報を教えてくれそうな存在。
と、そんなに都合良くはいかな……

「千早さん。私の歌、どうでしたか?」
「ええ、とても可愛…コホン、素敵だったと思うわ、高槻さん」
……都合良くいくかも知れないな。

「プロデューサー、見ててくれましたか?」
「ああ。やよい、今日は良かったぞ」
「うっうー、ハイターッチ!いぇい!」
「俺はこれから次の打ち合わせだ、先に帰ってるか?」
「うーん、ウチに電話してから決めます」
「そうか」
「メール入れておきますね」


「"お母さんがウチに帰ってるそうです。私は建物の中にいておきます"……送信」
どこで時間を潰そうかな?適当にぶらついてみよう。
「うー、えっと」
やっぱりテレビ局の中って複雑……。道、間違るところだった。
「おや!?おやおや!?」
「はわっ」
「高槻やよいちゃんじゃないですか。おっはようございます」
最近よく見る芸人のEさんだっ!
「お、おはようございまーす!」
「おっと出ました!ガルウィング!撮った?ねぇ撮った?」
がる……?カメラさん苦笑いしてる。
「ところで今暇かな?」
「えっと、今は人を待ってるんです」
「あっらー、今からお仕事?」
「そういう訳でもないんですけど」
「じゃ、ちょっといいかな?」
「うーん……」
「時間はかからないから。ね?」
これってチャンスなのかも?けど……ううう、困りました。

「おや?君は……」
「へっ?私、ですか?」
「あっ、武田蒼一!?」
「仕事中?」
「いえ、何でしょう?」
「なーに、梅こぶ茶のストックがなくなってね。」
「お茶……ですか?なら私、いい所知ってるかも!」
「ほう……?君たち、彼女をお借りしても良いかな?」
「は、はい」
あっ、あっと言う間に行っちゃった。
「あの、私……」
「とりあえず、その辺に座ろうか」

「聞いたことのない店名だ」
「"あなば"らしいです。同じ事務所の子がお茶が趣味で」
「その子の名前は?」
「萩原雪歩さんです」
……ハズレ、か。
「あっ、そうだ。私、765プロの高槻やよいですっ!」
「知っているよ」
「えっ、ホントですか?ありがとうございます!」
「………」
「………武田、さん?」
「ん?」
「失礼かもですけど、どういうお仕事を?さっきの人たち、驚いてましたけど」
テレビに顔を出し始めたのは最近だし、知らなくとも無理はない、か。

「僕は音楽プロデューサーだ。色々な音楽活動に携わっている」
「よくわからないけど、何だか凄そうですー!」
「よくわからないのに凄いのかい?」
「うちのプロデューサーも凄い人なんですけど、大物って呼ばれたりは……」
「君の事務所で凄いと言えば、まず如月くんじゃないのかい?」
「千早さんですか?」
「あの年齢であの実力、まさに歌姫だ」
「そうですね、いつも歌とか音楽のこと考えてるみたいです」
やはりそうか。
「一人でいる事が多い?」
「前はそんな感じでしたけど…最近は明るくなりました」
「というと?」
「歌ってる時も難しそうな顔が、楽しそうになったって言うか」
「ふむ。確かに近頃彼女の歌は変わった」
「理由は分かりませんけど……私、ホッとしました」
「?」
「もしかしたら歌うの楽しくないのかな、って思ってたから」
「……なるほど」
「やっぱり歌はみんな一緒に楽しまなきゃ損ですよねっ」
「!……そうだね、僕も同意見かな」
「えへへ」
「質問ばかりですまなかったね。これを。僕のメールアドレスだ」
「えっ?」
「君に少し興味が湧いた。今日のお礼もしたいしね」
「あ、でも、プロデューサーに聞いてみなくっちゃ……」
「返事を期待しているよ。じゃあ僕はこれで」
「あ、はい。さよーなら!」
「最後に聞きたい。君は如月くんをどう思う?」
「私は……」
高槻やよい、か……意外な掘り出し物かも知れないな。



「そうですか。高槻さんが、そんな事を……」
「周囲に愛されているようだね」
「……からかってます?」
「そう見抜いてもらえたのは久しぶりだ」
「もう……」
「で、この話、受けてくれるのかい?」
「こんなに光栄なお話、蹴れるはずかありません」
「では……」
「オールド・ホイッスルへの出演依頼、お受けいたします」