ファイナル・ステージ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 その日春香は、いつもより早く目が覚めた。恐らく緊張からだろう。無理もない、今日は
彼女にとって、今までの総決算となるべき大事な日なのだ。ずっとずっと追いかけてきた
自分の夢が、今日、ようやく一大イベントとして実を結ぼうとしている。
 春香は、ベッドの上で起きあがったまま、ぼんやりと今までのことを考えた。アイドルとして
デビューしたあの日が、もう遠い遠い昔のことのように思えた。それから、今日これから
大勢の人の前でなすべきこと、終わった後のこと、そして明日からのことを考えた。
 昼過ぎになると、プロデューサーが彼女を車で迎えに来た。本当は、春香も自宅から
両親たちと一緒にタクシーで向かい、プロデューサーと現場で合流するという予定のはずだった。
「いくら私の家が遠いからって、わざわざ迎えに来るだなんて…」春香は笑った。
 確かにこんなのは破格の始まり方だ。だが、プロデューサーは、どうしても春香を
連れて行っておきたい場所があると言う。
 予定外のできごとでびっくり顔の春香の両親に、くれぐれもよろしくお願いしますと
頭を下げられ、プロデューサーは恐縮してしまった。
「それはこちらのセリフです。オレ…いや、ぼくの方こそ、ずっと彼女に助けられて
きたんですから」プロデューサーはそう言って、両親以上に深々と頭を下げた。
 車に乗った春香は、緊張が続いていたのか、言葉少なだった。プロデューサーも、無理に
話をしようとせず、ただ黙って運転していた。やがて車は都心に入り、野外音楽堂のある
大きな公園のそばで停まった。
「春香、おぼえてるか、ここ」
「はい、もちろんですよ」
 そこは、二人が新米プロデューサーと新米アイドルとして出会った最初の場所だ。
この場所で二人が会ったから、今があると言ってもいい。プロデューサーは春香に、
「ちょっと歌ってみないか」と言った。春香はにっこり笑って、あのときと同じように、
発声練習をした。力強く、澄んだ声がホールに反射し、空気の中へ融けていった。
プロデューサーは一人、拍手をした。
「春香はあのころから比べると、ずいぶん変わったなあ」
「そ、そうですか?私、今でもあのときのままだと思ってるんですけど…」
「いや、こんなに成長したんだ、変わったよ」プロデューサーは、春香の肩に手を載せた。
「…いい意味、ですよね?」
「もちろんだ。ドジでおっちょこちょいはそのままだけどな」
「ひ、ひどいです…」
「ははは」
「えへへ」

 二人はたがいに笑い合った。思い返せば、楽しいことだけでは決してなかった。悲しい時期も
あった。さみしい時も、つらいこともあった。だが、春香はそれに耐え、がんばった。春香は、
プロデューサーの顔を見て言った。
「私、絶対忘れません、今日のこと。ずっとずっと、いくつになっても忘れません。
この風景も、この空気も、この気持ちも」
「そうだな。おれも忘れないよ」
 二人はまた車に乗り、目的地へ向かった。すでに陽は傾き始め、薄いオレンジ色に染まった
大きな建物が次第に近づいてくると、車の中からずっとそれを見上げていた春香の呼吸が、
だんだん荒くなってきた。
「春香、緊張してるのか?」駐車場に停めた車の中でプロデューサーが話しかけた。
「そ、そりゃしてますよ。自分がこんなところに立てる日が来るだなんて…でも、本当は、
ずっと今日を待っていたのかもしれません。ひょっとしたら、子供のころから…生まれた
ときから…。私の…私たちの、最後の…そして、始まりの日…」
 春香は決意を秘めた目で、プロデューサーを見据えた。
「よし、いつものおまじないをしてやろう」
「は、はい」
 プロデューサーは、春香の頭に手をのせて、自分の方へ引き寄せた。春香は彼の胸に顔を
押しつけた格好のまま、黙っている。二人の鼓動はまるで同期しているかのようだ。
「落ち着いたか?」
「す、すみません、全然落ち着きません!」春香は真っ赤になってプロデューサーから離れた。
「まあ、少し緊張してるくらいでいいのかもな」プロデューサーは笑った。
「あの、緊張してるのって、私だけですか?」
 プロデューサーは、わざと青ざめたような顔をした。
「実を言うと、オレもめちゃめちゃ緊張してる」
「なあんだ」春香は自分の口に手を当てて、くすくす笑った。どうやら、彼女の緊張も少しは
ほぐれたらしい。
「よし、じゃあ行こうか。みんなが待ってる」
「はい!」
 大事な一日はこうして幕を開け、そして大喝采のうちに閉じた。

 それぞれの役目を終えた二人は、大勢いた客がみんな帰ってしまった後も、どこへも行かず、
冷たい月の光を浴びながら、人目を避けるようにして建物の裏手で話をしていた。
「それにしても、本当に大丈夫なのか?このまま仕事を続けても」彼はいままでもさんざん
訊いてきた質問をくりかえした。
「はい、今日のことで多少はハンデがついちゃうかもですけど、やっぱり歌をやめたくありません」
「それにしても、少しぐらいは休みを入れた方がよかったんじゃないのか?」
「…やっぱり、そう思います?」
「まあ、普通はそうするだろう、ってだけで、おれは春香の意志を尊重するよ」
「はい、なるべくならブランクを作りたくないんです。休むのは、きっとこれだっ、っていう
機会が絶対あるはずですし、その時にまとめて休んじゃいましょう!」
「そうか。じゃあ、その時を楽しみに、またがんばろうか!」プロデューサーは、手に持っていた
赤い小さな手帳を二、三度振ると、ポケットにしまい込んだ。
「はい、楽しみはとっとくもんですよ!」
「よし、じゃあ帰るぞ」
「は、はいっ!」
「大丈夫か?なんだか昼間より緊張してるみたいだぞ」
「え、そ、そうですか?」
「改めてこれからもよろしくな、春香」プロデューサーは右手を差し出した。
「はい、私たちには新しい明日が待ってるんですよね!」春香は彼の手を両手で握り、いつか
どこかで聞いたような言葉を返した。
 その日の夜、春香は一度目を覚ました。灯りをつけずに起き上がり、暗い部屋の中で静かに
深呼吸をしてから、自分の幸せを改めてかみしめた。本当に、なんて素敵な一日だったのだろう。
カーテンの隙間から月がぼんやりと見え、春香はしばらくそれをじっとながめていた。
 彼女は、これからも歌を歌い続けるという道を選んだ。だから、明日からも、彼女の仕事は続く。
プロデューサーと、それこそ今まで以上に二人三脚で。
 翌日、プロデューサーは春香を765プロの駐車場まで送り届け、自分は別の仕事先へそのまま
直行した。春香が事務所のドアを開けると、早出をしていた社長がびっくりしたように声をかけた。
「もう今日から仕事なのかね、天海くん…おっと、まだ慣れてなくてね。いやあ、それにしても、
きのうの結婚式は見事だったね」



end.