オフリミット~猛犬に立ち向かう


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

皆さん、ご機嫌いかがですか? 萩原雪歩と申します。
 今回は、わたしが苦手を克服するまでのいきさつについてお話しします。

 このたび、わたしは録音のため、レコード会社のスタジオへ通い始めました。
 しかし、765タレント寮からそこへ向かうためには、ある家の前を抜けなくてはなりません。
 その家には、立派な二頭のコリーがいるのですが、わたしを見るたびに吠え立てるので、
 こちらはただただ逃げ出すばかり。
 おかげで、録音の前に余計な体力を使い、だいじな仕事に気合が入らないのです。

 そんなわたしに、最初に入れ知恵してくれたのは、同僚の秋月律子さんでした。
「雪歩さん、いいまじないがありますよ」
「律子さん、どうするのですか?」
「手のひらに『犬』という字を書いておき、それを彼らに見せ付けるのです」
「すると、いったい?」
「犬のほうでは、あなたを仲間と認識し、たちまちおとなしくするでしょう」
「なるほど……犬の字は、指で書いたらいいのですね」
「いいえ。このペンで、はっきり書いておいて下さい」
「消し忘れたらどうしましょう?」
「大丈夫! これは水性ペンですから、普通に洗えば落ちますよ」
「ああ、そうですか……」
 というわけで、わたしは彼女の言葉どおり、左手に「犬」という字を書いたのです。

 やがて、わたしは例の家に差し掛かりました。美しい芝生の上に、二頭のコリーがたたずんでいます。
 しかし、彼らはいつものように吠え立てました。最早、逃げてはいられません。
(わたしは、あなたの友達ですよ!)
 そう言い聞かせ、左手をぱっと開きます。
(ほーら、あなたの友達ですよ!)
 左手に書いた「犬」の字を、右手で彼らに示します。
 しかし、効果はありません。塀から顔を出してきて、たちまちがぶりと噛み付きました。
 幸いこちらは右利きですが、それでも負傷は負傷です。
 レコーディングが済んでから、わたしはこれを律子さんに伝えました。すると彼女、からりと笑ってこう一言。
「運が悪かったようですね」「と申しますと?」
「その犬は、字を読めなかったのです」
 わたしの怪我を笑い事で済ますとは……律子さん、やはりクールな方ですね。

 二度とは怪我をしたくない、しかし、遠回りするわけにもいかず……。
 そんなわたしにいい情報を伝えたのは、水瀬伊織さんでした。この方もまた同僚です。
「こっそり教えるわ。実はあの犬は夫婦で、牡をオフ、牝をリミット」
「オフくんとリミットちゃん……でしょうか?」
「そのとおり! だから、あの家に近づいたら『オフリミット』と唱えなさい」
「すると、いったい?」
「何日も唱え続ければ、おとなしくしてくれるわよ」
「なるほど……吠え立てられても耐えるのですね」
「そのとおり! 騒がないことが一番よ」
 伊織さん、尻を叩いてくれました。頑張れ自分、負けるな自分!

 いよいよ、例の家の前です。
 オフくんとリミットちゃんは、相も変わらず、わたしを敵視しています。
 しかし、ワンワン吠えられても、最早逃げてはいられません。
(オフリミット、オフリミット……)
 二頭の名前をつぶやくと、体力を使わないように、ゆっくり彼らの視界から消えていきます。
 帰り道でも、同様に「オフリミット」と唱えます。
 二日、三日と時が過ぎ、やがて収録最終日。
 今日も、わたしは例の家に差し掛かりました。相手が静かにしているうちに、先手を打って――
(オフリミット、オフリミット……)二頭の名前をつぶやきます。
 彼らは、全く吠えません。わたしを見ても、キュウーンとのどを優しく鳴らすだけで、芝生にちんまり座っています。
(伊織さん、あなたの言ったとおりですね……それでは、帰りにまた会いましょう)
 こうして、わたしは難所を越え、無事に収録現場へと着くことができたのでした。