ミル姉さんのアイマス紹介


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はぁいこんばんは。気だるい夜いかがお過ごし? ミル姉さんよ。

あのね、この間新宿歩いてたら昔の仲間……ウシ美っていうんだけど、その子とばったり会ったの。
こんなトコでなにしてるのって聞いたら、ご主人様とはぐれちゃってモウどうしていいかわかんないって言うじゃない。
当然、一緒に探してあげたわ。すぐにご主人様も見つかってアタシもホッと一安心。
それでウシ美がね、ありがとうって何度も言うから、こう言ってやったの。


同じ桶の草を反芻した仲だもの、当然じゃないって。


それで、ウシ美のご主人様。我那覇響ちゃん。今、アイドルをしてるんですって。
小柄だけど、とっても元気そうな娘だったワ。思わずギュウって抱きしめたくなっちゃった。

ただね、ひとつ気になったのが、響ちゃんと一緒にいた高槻やよいちゃんっていう子、この子もちっちゃくて可愛いかったんだけど、アタシの方を見て、
「うし……うしを使う」
って呟いてたの。何の事だったのかしら。誰かワカル?


それで、今日紹介するのは映画じゃなくてゲームなんだけどコレ。アイドルマスター。
プレイヤーがプロデューサーになって、女の子達をトップアイドルに育てていくの。
担当したアイドルと二人だけの思い出とか、ファンが増えた喜びを分かち合うって、とっても素敵だと思わない?

特に、お別れコンサートなんて武道館で公演やった時を思い出し……今のは忘れて。ミル姉からのお願い。

アタシはプロデュースしないのかって? やりたいのはヤマヤマなんだけど、アタシがやっちゃうとテレ朝の人に怒られちゃうの。ゴメンナサイ。


それじゃ、今日は短いけどこの辺で。え? 物足りない? 昨日もやったから勘弁してちょうだい。それじゃ。