無題13


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―――そうね、あれは私が小学校に入ってすぐだったかしら
夜中に目が覚めて、全然眠れなくなった時があったの
なんで目が覚めたか?そんな事まで覚えてる訳無いじゃない、10年近く前の話よ?

それはともかく、全然眠くならなかったから眠るのはあきらめて布団を出たの
まあ、ちょっとした探検気分ね、今思えば何かが変わる訳でも無いけど
あの時の私には夜中の家はお化け屋敷みたいに思ってた……と思うわ。
……想像したら震えて来た?あなた、お化けが苦手って言っても限度があるでしょう?

落ち着いた?
それじゃあ、続きだけど……まあ、そんな訳で夜中の家を探検してたんだけど
誰もいない家がだんだん怖くなってきたの、ママもパパも別の部屋で寝てたから
何笑ってるのよ……ママをママと呼んだら悪い?
確かに意外って言われるけど、あなたに笑われるのは気に入らないわね
いつまで笑ってるのよ!これ以上話の腰を折ると帰るわよ?

……うん、わかればよろしい。
それで、怖くなってきた私は近くのテレビをつけたの、
今から思えばホラー映画とかをやってたらどうするんだって思うけど
その時の自分はとにかく自分以外の声が聞きたかったのよね。
……その通り、その時に見た番組が「オールド・ホイッスル」よ

正直な話、見た瞬間の印象はあんまり良くなかったわ
その時のゲストが何故だか好きになれない人だったの。
歌番組とかにも良く出てくる新進気鋭のシンガーだったはずだけど、
妙に甘ったるくて媚びた歌い方が気に入らなかった記憶があるわ。
……そのゲストの名前?とっくに忘れちゃったわ
あの頃は一山いくらで「新進気鋭のシンガー」が出ては消えてたから
歌の印象だけだと手がかりが無いのと一緒だし、もう思い出す事は無いでしょうね

それで、丁度トークが終わって歌に入るところだったから
チャンネルを変えようとしたの、媚びたような歌は聴きたくなかったしね
でも、リモコンを探してる間に歌が始まって、その瞬間私の手は止まったの。
なんていうか、凄かったわ。他の記憶はおぼろげでもこれだけははっきり覚えてる
歌番組で歌っていたのと同じ曲、歌番組で見るのと同じ衣装、歌番組で見るのと同じダンス……
なのに全然違う歌だったの、甘ったるさも媚も感じない、すごく透明できれいな歌声だった。
ダンスも、表情も、歌う事が楽しいって事を全身で伝えてて、衣装まで輝いて見えた
その時までは嫌いなくらいだったのに、曲が終わった時にはすっかり虜になっていたわ
まあ、当然の疑問だけど黙って続きを聞いてなさい、そうしたら分かるわ。

番組が終わった後はすぐに眠くなってきてベッドに戻ったけど、
次の日になってもその時の感動はちゃんと覚えてたわ。
それでいつも見てた歌番組にその人が出るって聞いたから楽しみにして見たけど
彼女はいつもどおりの甘ったるい媚びた声で、私の嫌いな歌のままだったわ。
あの時の歌は夢じゃないかとも思ったけど、夢では無いのは分かってたから色々考えて、
その時に彼女の隣にいたお兄さんと、その時言っていた事を思い出したの。
「いつもの彼女の歌とは少々趣が違いますが、これこそが彼女本来の姿だと僕は考えています」ってね。
多分、彼女はわざと甘ったるいキャラ付けをしていたのね、自分の意思か事務所の意思かは知らないけど。
でも、武田さんはその彼女の本当の歌唱力に気づいてて、
キャラ付けでそれが潰されるのを勿体無く感じて本当の彼女の歌を知らしめる手助けをしたって事だと思うわ。
まあ、その時の私がそこまで考えてた訳じゃないけど、あのステージはあのお兄さんの手腕って事は分かったわ。
その時点で、私の中で彼女よりもお兄さんの印象の方が強くなっちゃったからあのステージ以外の彼女の印象が薄くなっちゃったのよね
これがさっきの疑問の答え、分かった?

彼女が輝いたのはあのお兄さんの力、そう結論が出てから
それを確かめるためにもう一回あの番組を見ようと思って頑張って起きてたけど結局は無理だったわ、
番組自体今よりも遅い時間で日付が変わってからだったし、私も9時くらいには寝てたからね
それで、三週間位した後にママに事情を話したら番組を録画してくれてやっと見れるようになったの、
オールド・ホイッスルと武田蒼一の名前を知ったのもその時よ。
その時のゲストは大物の男性歌手で、彼女の時みたいなすごい印象の違いは無かったけど
普通の歌番組に出てる時よりもとても楽しそうで、やっぱり輝いて見えたわ。
そうやって毎週いつもよりもステージで輝いているゲストの人を見てて思ったの。
武田さんは魔法使いみたいにみんなを輝かせてくれる、だったら私が魔法をかけられたらどれだけ輝けるのかなって。

それ以来、オールド・ホイッスルを見る度に自分が魔法にかけられる様を考えてたわ。
武田さんが魔法を使ったら私がいきなりドレスを着てすごい歌を歌う、そんな下らない妄想だったけどね。
……初恋?言われてみたらそうかもね、でもその初恋はすぐに終わったわよ、妻子持ちだって事がわかったから
え、知らなかったの?武田さんは奥さんに娘さんが二人いて、愛妻家でも有名なのよ?

と、ともかく、しばらくはそうやって妄想してるだけだったけど、何度も番組を見てる内に分かってきたの
番組の中で彼らが輝いてるのは元々それだけの実力を持っているからで、それだけの実力を持った人した武田さんは呼ばないって
それで、そのことに気付いた私はどうしたと思う?
……正解、私がこうしてる時点で答えは一つしか無いけどね。
だったら番組に出てる人みたいに実力をつければ私も出られる!そう思ってすぐに歌の練習を始めたわ、
元々歌ったり踊ったりは好きだったし、練習しても怒られない場所は知ってたしね。
我ながら無茶な話だと思うわ、小学生がちょっと練習したくらいで武田さんの目に止まる訳が無いのに
でも、二年位経ってその事に気付いた時にはもう練習する事が当然になってたし、
学年でも一番歌が上手いって評判だったからこのまま続ければいけるかもって思える位には実力がついていたわ
そのまま練習を続けて、高校に入ったのをきっかけにアイドルデビューをして今に至るってわけね。

この事を人に話したのは初めてね、お姉さまは由来についてまでは聞かなかったし。
まあ、これが私の夢の原点、オールドホイッスルに出たい理由よ。
下らない妄想に聞こえるかもしれないけど、今でも私は思ってるわ
武田さんに魔法をかけてもらったら、私の歌はどれだけ輝けるんだろうって
……あなた、よく真顔でそういう事を言えるわね、こっちまで恥ずかしくなるじゃない。

これで私の話は終わりだけど……何か言いたそうね?
えっ?あなたオールド・ホイッスルに出てた彼女に心当たりがあるの?
そうね、言われてみたらそんな名前だったような……ううん、その人で間違い無いわ!
でも、なんであなたが彼女を知ってたの?

……オールド・ホイッスルに出た程の人が名前すら引っかからないなんておかしいと思ってたけど
彼女、ミュージカルの世界に移ってたのね、それであなたは彼女の歌を聴いてどう思った?
そう、透明できれいな歌声だったのね……良かった、挫折でもしたのかと心配してたけど、彼女もちゃんと輝いているんだ。

そうだ!あなた、座長なんだし関係者チケットくらい用意出来るわよね、良かったら今度話をさせてくれないかしら?
今まで名前も忘れてたけど、彼女も間違いなく私の夢の原点だから……

さて、色々話したけど今度はあなたの番よ、秋月涼。
あなたの夢の原点、全部話してもらうわ。
私にここまでをさせてつまらない理由だったら許さないわよ?