18歳のプレゼント


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

9月15日(土) 昼
「「「ハッピバースデートゥーユーー!!!」」」
876プロの主なメンバーが集い催されたパーティ。
事務所内・関係者のみで行われているため、
参加人数はそれほど多くはないが賑やかな宴となりそうだった。
「さあ、涼さんっ!!ふーーっと、やっちゃってください!!」
ケーキに立てられた18本のロウソクをパーティの主賓である秋月涼は一息で吹き消し、
宴は始まりを告げた。

おめでとうのラッシュが終わり、めいめいの歓談へと移ってきた頃、
愛と絵理の二人がプレゼントを渡しにやってきた。
皆が直接渡すと大変だろうからと基本的にプレゼントは別室に固めて置いてあるが、
この二人だけは特別というのが社長の采配であった。
「涼さん、プレゼント、どうぞ?」
「はいっ、涼さんっ!プレゼントですっ!」
二人からプレゼントボックスを受け取り、大事そうに抱える涼。
「ありがとう、愛ちゃん、絵理ちゃん。ここで開けちゃってもいいかな。」
「開けると、袋が邪魔になるし、中、教えてあげる?わたしのは、
前に涼さんが欲しいけど絶版になってるって言ってたの?」
「わざわざ探してくれたんだ……」
「あたしのは、涼さんのステージ衣装にも合いそうなアクセサリーです!」
「二人ともありがとう、ずっと、大切にするね!」
二人のプレゼントに感謝の言葉を返す涼。
一度ボックスに視線を落とすとえへへ、と照れくさそうに笑った。
「喜んで貰えてあたしも嬉しいです!……そういえば、
最初は涼さんと夢子さんのお二人がお気に入りって言ってた、
ちょっと大きい人形にしようかなと思ってたんでけど、
ママが『大きい物より、小物の方が良いと思うわよ』って。
そういえば、夢子さん来てないですね。」
何気ない会話の中で、この場に居る筈だった人物が一人居ない事に愛が気付いた。
「うん、用事が入っちゃったみたいで。」
「涼さん……いいの?」
涼の答えに、絵理が心配そうに声をかける。
既に二人の間柄は周囲が認めるものになっていた。
「そうですよ、折角のお誕生日なのに」
「うん、仕事の事だから。それに、後で会う約束してるから。」
大丈夫、と事も無げに答えた涼の背後に急に気配が現れた。
「あーら、面白そうな事聞いちゃった♪」
「えっ、ま、舞さむがっ?!」
気配の主は涼の首に腕を回しヘッドロック状態に移行、
えいえいと涼を小突きながら心底楽しそうに話し始める。
「夜の密会とは隅に置けないわねー、涼ちゃんもついに
オオカミさんになっちゃうのかしら?」
「ママー!こっちが恥ずかしくなるからやめてよー!」
「記念日的に考えると……十分ありえる?」
「いやいや、無いから、そんな予定じゃ無いかりゃっ?!」
愛と対照的にニヤニヤした顔を見せる絵理に慌てて反論する涼だったが、
「……等と供述しており」
更に別方向、脇腹の辺りを急に現れたサイネリアに突っつかれて悲鳴を上げる。
「全く、何いい子ちゃんぶってんですか、ほれ、
ロン毛がなにかいいたそうにこちらを見てマス」
「涼……貴男に行っておく事があるわ」
「尾崎さん……何でしょうか。」
更に現れた尾崎が神妙な顔をしている為、
体勢に問題がありながらもしっかりと向き合う涼。だが、
「避妊はシッカリしなさい!」
「貴方がしっかりしてくださいよ!」
相手の口から出てきたのはまるで駄目な発言だった。頭を抱えたくなる。
「尾崎さん、サイネリア……酔ってる?」
「こっちはセンパイのアルバム初週一位記念も兼ねてますカラ!」
「うぅ、お祝いしてくれるのは嬉しいけど……結局わたしが
二人の面倒見ないといけない……」
その後の事を考えて絵理も頭を抱えだした。
まあこちらは876では見慣れた光景ではあるのだが。
「あーっ!ママもどれだけ飲んでるの!?」
「あ・た・し・は、これくらい平気よー♪」
そう言いながら涼を離し、手に持った一升瓶を呷る。
……どこまでも規格外、世間よ、これが伝説だ。
そんな何とも言い難い感想を抱きつつ、立ち上がり視線を回してゆく。
喧噪から少し離れた所に社長とまなみが、
愛や絵理達を挟んだ向かい側にはマネージャーや、
自分たちに憧れてこの世界へと飛び込んできた後輩たちが居る。
――この876プロという風景を、
――この幸せな時間を、
――この別れ難い人々を、
かけがえの無い思い出として心に焼き付けてゆく。
一度、大きく深呼吸をする。覚悟は出来ている。後は歩を進めるだけ。
その最初の一歩を、秋月涼は事も無げに踏み出した。

「皆さん、宴もたけなわといったところですが」
壇上、と言うわけでは無いが事務所内を一望出来る場所に立ち、注目を集める。
「僕から一つ、ご報告があります。」
この言葉に事情を知っている尾崎やマネージャーがざわめく。
社長も反応していたが、溜息をついただけでその場を動かず、
それにマネージャーも倣う。唯一尾崎だけは何かを言いかけていたが
舞によって止められており、他の皆は、涼が何を喋るのか期待の目で見つめている。
――夢を語る君の言葉は銃弾となる。
――聞いた者の心に届き、力を与える、そんな銃弾だ。
ある楽曲を提供してくれた時に武田さんが言った事を思い出す。
ならば今から紡ぐ言葉は、
この宴を撃ち砕き、
彼女たちの期待を撃ち抜き、
混乱と困惑を生み出す
そんな銃弾になるのだろう。
「僕は、秋月涼は、」
ごくりと喉が鳴る。
大丈夫、あの時万の視線を前にやった事を、この事務所でもう一度やるだけだ。
最後の逡巡を終え、周りの視線を受け止めて涼はその銃弾を放った。
「876プロを去ることになりました。」



8月中旬(金)
876プロ社長室にて――
『貴方本気……なのよね、そういう子だもの。
あの件以来、貴方はどんなに無茶に思える事も成し遂げて来たわ。
私が何を言ったって聞きやしない……』
『本当に、済みません。』
『謝る時の表情も随分変わったわね。
三年前、ぴーぴー泣いてたあの子と同じだとはとても……思えないわよ?』
『あまりしみじみと思い出されるのも恥ずかしいですけれど……
でも、あれから全てが始まって今の僕がここに在るんです。
社長には感謝しています、本当に、言葉だけでは言い表せない位。』
降参ねと、石川社長は心の中で両手を挙げる。
どれ程成長して強くなっても、芯の部分は同じ、
普段愛や絵理が当時のことを話題に出すだけでもっと慌てた反応を見せている。
そういう部分も持ち合わせているのが秋月涼だ。
それがここまで動じないというのは、
今この場にそれだけの覚悟を決めて来たという事だろう。
『わかりました。……元々我が876プロは自主性を重んじる気風を持っているわ。
それは昔も今も一緒。そして、進退に関してもそれは同じ……良いでしょう。
秋月涼、貴方と876プロとの契約は現在交わしている来期分で打切りとします。』
凛とした声が社長室に響き、涼は深々と頭を下げる。
『ありがとうございます。……お世話に、なりました』
『馬鹿ね。まだ気が早いわよ。』
書類等は週明けまでに用意するから今日の所はここまでと涼を退室させ、
社長は椅子にもたれかかる。
『礼を言うのはこっちの方よ、涼。
この業界に生きていて貴方に出会えた事、本当に感謝しているわ。愛や絵理にもね』
しばし目を閉じ、これまでの事を思い起こす。
実は目尻を拭うと身を起こし、さしあたっての難題について思案を巡らせる
『愛や絵理にどう説明した物かしらね……』



9月15日(土) 夜
九月の夕闇も深くなり、街灯に照らされたベンチに腰掛ける夢子の元に
涼が駆けつけたのは当初の約束から15分程過ぎた頃、
30分遅れと言っていた割には上出来だろうに、余程急いで来たのか息を切らせている。
「ごめん、お待たせ、予定よりちょっと、時間、かかっちゃって」
「連絡くれてたし、別にいいわよ。それよりまず息整えなさい、ほら」
肩で息をしながら話す涼を制し、深い呼吸をする。スー、ハー。
それに促され涼も呼吸を深くする。

 スゥゥ……ハァァ
 スー、ハー
 スゥゥ……ハァァ
 スー、ハー
 スゥゥ、ハァァ
 スーー、ハーー
 スゥー、ハァー
 スーー、ハーー

どちらからともなく呼吸を合わせる。
ただ息をするだけの合奏が、夜の色を濃くしてゆく公園に響き、
一緒に息を合わせている夢子の心にあたたかな気持ちが湧き上がってくる。

 スー、ハー
 スゥ、ハー

同じように息を吸って、吐いて、たったそれだけの事がこんなにも――。
動揺から呼吸に乱れが生じ始め、それがあからさまになる直前の
危ういタイミングで漸く涼が呼吸を整え終えた。
「はーー。改めて、お待たせ夢子ちゃん」
「さっきも言ったけど、連絡貰ってたしそんなに待ってないから別にいいわよ。」
若干素っ気なく答える夢子。視線を逸らしている姿は
"気にしてないようには見えない"といった風だが、その内心は
(助かった……もうちょっと続いてたら絶対変になってたわ)
というものだったが、幸いボロが出るより先に落ち着きを取り戻し
自然に話を繋げることができた。
「こっちこそゴメンね、パーティ出られなくて。」
「武田さんからの依頼だし。うん。仕方ないよ、それに。
丁度夢子ちゃんだけに話があったから、丁度良かったよ」
そして涼がここで立ってるのも、と促し
二人は普段通るトレーニングコースを歩いて進む事となった。

「そうだこれプレゼント」
「わ、ありがとう夢子ちゃん!」
「中身は開けてのお楽しみよ」
「何だろう?わぁ、これ前に」
「欲しがってたでしょ?喜んでくれて嬉しいわ」
「うん。ひょっとしてこれ手作り?」
「そうよ、お菓子以外だって頑張れば作れるんだから」
「うわぁ……ありがとう!大事に使うね!」

会話を弾ませながら、勝手知ったるトレーニングコースを進んでゆく。
普段走り込みで折り返す地点を素通りし、
階段を登り終える頃に話題が仕事の事へ移った。
「武田さんの話って何だったの?」
「オールドホイッスルへの出演を果たした今、これから目指す物は何かって。
曲作りの為には必要な事なんですって、
これって武田さんが私に曲を作ってくださるって事かしら!」
少し前のめりに、近づいて興奮気味に話す夢子に涼は
顔だけ少し距離をおいて考えを述べる。
「武田さん、曲作りはインスピレーションだって言ってたから
すぐに作ってくれる訳じゃないと思うけど、前向きに考えてくれてるんじゃないかな」
そう思う?と言いながら更に身を乗り出すかのように、
涼の瞳を覗くようにして近づく夢子に対し、一歩距離を置こうとした涼の肩に
手が置かれ――いや、涼の肩は夢子の手に掴まれる。
「夢――」
「もう一つあったわ。涼と私の、私たちのユニットをどうするのか。」
「――っ!」
涼の表情が固まった。肩を掴む手を外そうとしていた動きが止まり、
石化の呪いでも受けたかのように硬直する。
両の瞳だけが、揺らぎながら夢子の視線を受けている。
この機を逃がすかとばかりに夢子は畳み掛ける。
ここ数週間、はぐらかされ続けていた、二人にとって大事な話を。
「もうすぐ一年になる、私たちのユニット。
涼はどうしたいの?続けたいの?それとも解散したいの?」
夢子の瞳が涼の瞳を射貫く。あえてこの質問をしたのだろう武田に対し
やられた、との思いを抱きつつ、観念して答えを発する。
それを聞いた夢子は目を見開き、そして悲しそうに表情を変えた。
「何それ……?涼の考えてる事が、分からないわよ……」



8月下旬(水)
小さな事務所の会議室にて――
『最近、涼が何考えてるかわかんなくって。』
夢子ともう一人だけが会議室の中に居て、向かい合って座っている。
『ユニットももうすぐ活動期間の終わりが来るし次どうするのか、
って話しようとしてもはぐらかされるばっかりで……。
別にそのまま解散したいってのでも構わないんですよ、
愛や絵理とユニット組みたいねって話もしてるし。
今更言い出しにくいって事もないでしょうに、ホントどうしたいのかしら……。』
『君たちの担当は律子なんだし、彼女に聞いてみた方がいいんじゃないか?』
夢子が話している相手は、秋月律子が立ち上げた“秋月企画”の社長であり
彼女のパートナーでもある人物で、一時期夢子のプロデュースも
受け持っていた事がある。まだ若い風貌もあり、彼のプロデュースから離れた後
夢子は私的な場所では「お兄さん」と呼び慕っていた。
『涼が変な態度とってて、プロデューサーが噛んでない
って考える程お気楽じゃ無いし、そういうもんだって分かってます。』
『それだったら、僕も一緒だと思うんだけど。』
『お兄さんなら、まだ話聞いて貰えるじゃないですか。』
『おいおい、社長を捕まえておいて愚痴を聞かせるのが目的だったのか?』
彼としては軽く言ったつもりだったが、続けていいのか
夢子は少し考えてしまったようだ。冗談さと言って続きを促す。
『私より信頼してるんですよね、きっと。そりゃ私よりずっと
長いつき合いなんだからってのは判るんですけど、でも……悔しいですよ。
今は私と付き合ってるのに。』
肩を落として寂しそうに話す彼女に、
若干もどかしさを覚えながらも軽く指摘を飛ばす。
『まあ、涼くんにもそれなりの考えがあるのさ。
桜井も、それを信じてみたらいいんじゃないかな。』
その言葉に夢子は涼を信頼し切れなくなっている事に気付かされる。
少なくとも涼は、この件以外ではずっと誠実なままだというのに。
また同時に、その"考え"を社長が知っていて話さないようにしているのだ
とも夢子には思えた。ならおそらく、話す機会はまだある筈だ。
『そうする事にします。やっぱり、話して良かったです。』
そういった夢子の顔は、先程までより随分明るいものになっていた



9月15日(土) 夜
力の抜けた夢子の手から肩を解放し、一歩後ろに下がる涼。
一瞬身を震わせた夢子に逃げないから、と手を握り伝える。
そしてもう少し先へと促し、止めていた歩を進める。
先には街を望める高台があり、そこに彼らは
ちょっとしたデートの際よく訪れていたものだった。
――そしてそこは、大抵の場合その日の、終着点でもある場所だった。
「最近は、あまり来てなかったね」
すっかり夜になり、街の夜景を見下ろすこの場所へ来ても夢子の表情は悲しげなままで
「ええ、そうね」
答える声はまだ上の空といった感じで、涼の隣で力ない視線を街へ落としている。
涼が繋いだ手を離せば、その場に崩れ落ちそうに思える程の彼女だったが、
やにわに視線を上に上げると涼に向き合った。
繋いだままの手から、先程まで失われていた熱が伝わる。
「ちゃんと、話してくれるんでしょうね、今ここで。
さっきの言葉の意味、どうして876プロを辞める事になったのか、
あんたが何を考えているのか。」
交叉する視線のやりとり、頷いて握った手を一度離し、涼は空を仰ぐ。
ややあって視線を戻し、真剣な眼差しで話し始める。
「まず、“涼しい夢”は61週を以て活動を終了。
これは姉…プロデューサーと話し合ってもう決まってる話なんだ。」
「随分、一方的じゃない。私に確認すら取ってないわよね。」
夢子の抗議を受けるも、それには答えずに続ける。
「……プロデュース計画上の事もあるから、この予定は変わらない。
次に876プロを辞める理由だけど、これは次の計画が大きく関係してるんだ。」
そう言うと再び街の方へ向き、空を見上げる。
「夢子ちゃんも一度は聞いてた筈なんだけど、律子姉ちゃんがアイドルを引退して
プロデューサーになった時に、もう一つ迷っていた道があるんだ。
アイドルを辞めずに、海外へ打って出る。結局選ばなかった道だけど、いずれ
プロデューサーとしてそこへ行ってみたい。それが姉ちゃんの夢。」
「涼しい夢のプロデュースが始まった頃に、一度話して貰ったわね。
日高舞を越えられたらこのユニットで海外へ行くわよって。」
もう一年前にもなろうかという頃、社長と律子P、涼とで食事に行った時の事を
夢子は思い出す。どちらかというとこの後の惚気話の印象が非常に強く、
この話の方はあまりはっきりとは記憶していなかったが、
日高舞の事については普段からユニットの目標にしていたので覚えていた。
「うん。でも結局、舞さんを越える事は叶わなかった。
だから、涼しい夢はこのまま解散になる。そして姉ちゃんの次のプロデュースは」
夢子が首を向け、涼の視線の先を見る。
「まさか。」
言葉の続きを察しながらもそう言わずには居られなかった。
今の話に上った出来事だけ組み合わせて考えれば、そうなる筈がないのだ。
しかし、視線を戻し見た涼の眼はまっすぐに、強固な意志を灯している。
「海外へ、打って出る。765プロの子会社的な秋月企画じゃなく、
新プロダクションの社長兼プロデューサーとして。そして……」
涼が夢子に向き直る。再び交叉した視線が、
咄嗟に逃げ出したい衝動にかられた夢子を射貫き、縫い止める。
「僕は876プロからそこへ移籍する。そして姉ちゃんの夢を叶えたい。」
秋月涼の宣言。つまりこれは止めようのないことで、
涼がここから居なくなるという未来を夢子は突きつけられたという事になる。
「……どうしてよ。」
それでも、抗う。もう昔のように、突きつけられた事実に悲嘆し、
誰かに助けて貰うまで鬱ぎ込んだ私じゃない。今ここで、全てを、ぶつけてやる。
止められないなら、ひっくり返してしまえばいい!
「納得行かないわよ!日高舞に勝ったらって言ってて、勝てないまま
ユニットを解散して、それで何であんた一人を伴って行くってなるのよ!
私が足手まといだったとでもいうつもり!?」
「オールドホイッスルにまで出た夢子ちゃんが足手まといなんてあるわけ無い!
そういう事じゃなくて、今この時期がチャンスなんだ。
僕達が向かう先で、ある大物が引退することになって、
そこの市場が戦国時代みたいな状態になるって予想されているんだ。」
「こっちで言えば、日高舞がまた引退したら次の暗黒…IUは
誰が取るか分からないっていうみたいな状態ね。
……でも、そこに行って一から始めて、やっていけるっていうの?」
「実は既にネットをうまく使ってある程度のファンを確保してるそうなんだ。
だから一からじゃなくって、それで姉ちゃんはやっていけるって。」
「くっ……さっきから姉ちゃん姉ちゃんって、あんたはそれでいいの?
一歩間違えれば、あの女の夢と一緒にあんたも潰れるかもしれないのよ?」
「姉ちゃんはこうも言ってた、『あんたが成長を止めない限りは』って。
僕はその信頼に応えたい。それに色々あったけれど、始まりの時も、
オールドホイッスルでの発表の時も、僕を助けてくれたんだ。
今僕がこうしてアイドルをやって、だれかの夢へのひと押しを続けていられるのも、
姉ちゃんのおかげだから。借りた恩は返さなくちゃいけない、今がその機会なんだ!」
「じゃあ、じゃあっ!」
3戦3敗、涼は止まらない。夢子も止まらない。
まだもう一つ残っている、自らも身を切るような諸刃の剣が。夢子はそれを握りしめ
「どうして私には何の相談も無かったの!」
振りかぶり
「私の事はどうだっていいって言うの!」
血を流しながら打ち下ろした。
「涼は私を、どう思っているの!?」
振るわれた剣を受けた涼が表情を変える。だがそれは
夢子が予想していたような表情とは違った。夢子の言葉に怯んだ表情ではなく、
夢を語る表情とも、
先を見据える表情とも違う、
夢子が見た事のない表情。
それは過去、男性への転向を諫めに来た律子と石川社長にしか見せたことのない、
決意と題された表情だった。
「さっき夢子ちゃんは、僕の考えが分からないって言っていたけれど、
僕も夢子ちゃんの考えが分からなくなった時期があるんだ」
一見関係のない話、だが初めて見る涼の表情に射竦められた夢子は
黙って話を聞いていた。聞くしかなかった。
「武田さんから貰った、オールドホイッスルへの僕との出演オファーを君が断った時、
それがどうしてか僕には解らなかった。一緒に夢を叶えてあげられると信じてたから。
もしかして、僕と一緒っていうのが気に入らなかったのかって、落ち込んだりもした。
考えても、悩んでも分からなくって、義従兄さんにも相談したりして。
正直、涼しい夢をやってる間も、付き合いだしてからも、ずっと引っかかっていて。
結局自分の間違いに気付いたのは、6月にオールドホイッスルの話を聞いた時だった。
君は、引き上げようとする僕の手を取らずに自分で上っていく事を選んだんだって。
そうして、僕を追いかけてくれて、隣に居てくれてるんだって、
その時漸く分かったんだ。」
「その少し後に、姉ちゃんから今度の話を出された時に僕がお願いしたんだ。
夢子ちゃんには教えないでって。この話をしたら、きっとユニットとして
一緒に行ってくれる、だけどもう君は僕と一緒にいないでもやっていける、
それを知っていたから、あえて僕だけの話として進めたんだ。」
「理由に、なってないわよ……」
夢子は涼がつい最近までそんな悩みを抱いていたなど、当然知る由もなかった。
そしてそれを打ち明けてくれなかった事に、酷く落胆していた。
私は結局、信頼されていなかったという事?諸刃の剣が、自らに突き立っていた。
それでも絞り出すように反論する。彼女にも意地があった。
どんなになろうと、全てをぶつけ、全てを吐き出させる。
そこまでやらなければきっと後悔する。
「私に一言も言わない理由にはならないわよ!」
一息に呼気と共に吐き出す。どうであろうとも、その理由を言わせなくてはならない。
怒りや寂しさをない交ぜにした感情を乗せて、渾身の一撃とする。
それを受けた涼は、理由を、言葉にした。
「君に、来て欲しくなかったんだ。」
夢子の思考が止まる。額を銃弾に打ち抜かれた上に、
身動きを取れなくされたかのようだった。
「どう……して……」
真っ黒になった思考で理解が追いつかず、反射的に口から零れ出た言葉に涼が答える。
「僕が……」
決意の表情に、少しだけいつもの気弱そうな表情を覗かせて、涼は、
今日一番の勇気を振り絞って、本当に言いたいただ一言の為に言葉を綴る。
「僕が!君を連れて行きたいからっ!」
「アイドルユニットとしてじゃなく」
「アイドル仲間としてでもなく」
「ただ僕が、僕の為に」
「君と一緒に行きたいんだ!」
「だから、今日になったから言います!」

「桜井夢子さん。僕と、秋月涼と一緒になって――僕に君を下さいっ!」

一気に捲し立てられた夢子の思考は、今度は真っ白に染まっていた。
涼が何を言ってるのか、理解も咀嚼もできず、マイナスのどん底に沈みかけた感情を
制御できる理性は最早残っておらず、哀しさを主成分にした涙が流れ落ちる。
その涙を、こちらも余裕のない涼は推し測る事が出来ず、
ただ夢子が口を開くのを待っている。
――しばしの沈黙
漸く、涼が何を言っていたのか理解が追いついてきた夢子は
次々と湧き上がる様々な感情を整理する必要にかられ、即座にそれを放棄した。
もう、こんなバカな事に真面目につきあっていられなかった。

パアァァァン!

改心の一撃。芸能人にとってタブーである顔への一撃を躊躇なく入れる。
後ろに転びそうになった涼の襟を掴み、引き寄せる。
「何それ!そんなこと言いたい為にこんな事して、
私だけじゃなくてこれ絶対律子さんやお兄さんにも心配とかかけてるわよ!
結局あんたの我が儘で皆振り回してるんじゃない!
何が『来て欲しくない、連れて行きたい、君を下さい』よ!
それがあんたの中でのイケメン?自分の言葉に酔ってるだけじゃない!
あんたみたいな残念イケメンに誰がついていくもんですか!」
先程の涼など及びもしない勢いで、襟を掴んで前後に揺らしながら捲し立てる。
「あんたなんかに、あんたなんかに私はあげない!」
揺れ動かしていた手を止める。ブンブン振られていた涼が顔を向けるのを待つ
「あんたは私に、一生貰われてなさい!!」
涼の顔が夢子に向き、目と目が合う瞬間、夢子の唇が涼の唇に重ねられる。
湧き上がる怒りを放出し終えた夢子の瞼から、漸く嬉しさの涙が溢れてきた。