ある歌手とアイドル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その日、私はある小さなイベントに出演していた。
私のステージは、客の反応も上々で、私はとても気分よく舞台を下りた。
スタッフとお疲れの挨拶も心地いい、そんな中、場内のアナウンスがその上機嫌を一気にぶち壊したのだった。

『続いて、みんなお待ちかねの彼女の登場だ! 音無小鳥! 曲は「イマジネーション・ディスティニー」!』

ああ、駆け出しのアイドルか。
同じレコード会社だから、彼女の名前は知ってる。曲も聞いたことある。
確かに可愛いかもしれない。でも、歌も曲も絶対私の方が上だ。
なのに、このイベントでは、まだデビューしたばかりの彼女が私よりも後の登場。つまり私より上の扱いをされてる。
結局、可愛ければ人気が出て、その人気で全てが決まるってことでしょ?
つまんない。
そんなことで私の歌が売れないなんて。

「あ、次は小鳥ちゃんじゃないか!急がないと見逃しちゃう。」
私のスタッフまでも、彼女が見たくて浮き足立ってる。
「なに?私の歌よりもあんな童顔のチャラチャラしたのがいいわけ?」
「君は歌を聴かせるんだけど、彼女はステージを魅せるんだよ。いい機会だ。君も見よう!」
「あ、ちょ、ちょっと!」
私は手を引かれて、無理矢理ステージの見える位置まで引っ張っていかれた。

「よかった間に合った。ちょうど始まるところだ。」
引いていた手を離される。こちらを見もしない。
私の不機嫌は極まった。
なによ、こんな可愛いだけのアイドルのステージなんか。
あんな派手派手な服なんか着ちゃって。


曲が流れる
と、軽やかなステップとターン
え?

続いて笑顔で振り返って大きなアクション
決めのポーズ

「な。いいだろ?」
「え、ええ。まあまあじゃない?」
本当は思わず見とれていた。

ボーカルが入る
しかしダンスの動きは衰えない
ボーカルとダンスが、乱れることなく混然一体となって迫ってくる
そのリズムに乗って、客席のボルテージは上がり続ける


私は恥ずかしくなった。
目から鱗が落ちるって、こういうことを言うんだなあ。
ステージングがどうの、って、スタッフからいろいろ言われてたけど、「私は歌で勝負」って全然気にしてなかったし。
確かに、アイドルとシンガーソングライターってまるで別の物かもしれないけど、このステージは素敵だと思う。
CDで歌を聞いただけじゃあ、わからないものってあるんだ。

「どうかね?彼女のステージは?」
「あ、社長!いやあ、いいですねえ。彼女、売れますよ。」
「そうかね?ありがとう!」
「社長・・・?」
私は声の主の方を見た。
逆光で真っ黒くしか見えなかった。
「こちらは小鳥ちゃんの事務所の社長で、高木さんだよ。」
「あ、どうも!はじめまして!」
「やあ。君のステージ、見せてもらったよ。素晴らしい歌だった。」
「ありがとうございます。でも音無さんのステージもステキでした。」
「そうか。いやあ、君のような実力のある人間に言われると、とてもありがたいよ。」
「とんでもないです!私こそ、アイドルなんてって思ってましたから、今日のステージを見せていただいて、自分が恥ずかしくなっちゃったくらいですよ。」
「うむ。確かに、今は、アイドルという言葉は軽く思われる傾向がある。しかし、歌とダンスとでステージを見せる、という方向は、アイドルというジャンルが一番積極的なのだよ。
アイドルという存在は、夢を見せるものだ。だから、アイドルも、アイドルの歌もステージも、人々の夢と一緒に、どんどん進化していかないといけないのだと、私はそう思うのだよ。」
ああ。こういう人が育てたアイドルが、彼女なんだな。すごく納得。

「ところで、一つ頼みがあるのだが・・・」
「はい。なんでしょう?」
「君の歌を見込んで、のことなんだが、どうか、うちのアイドルやアイドル候補生の女の子たちに、歌の指導をしてはもらえないだろうか?もちろん、君の仕事の邪魔にならない程度で構わない。」
私は嬉しかった。歌が認められたのもあるけど、さっきの音無さんに会える、しかも指導できる。私はたいして売れてるわけでもないシンガーソングライターだから、時間なんていくらでもある。
「もちろんです!音無さん、うらやましいくらいのいい声ですし、まだまだ伸びますよ。間違いなく!」
「そうか!歌田君、ぜひ彼女たちをよろしく頼むよ!」


カラン

話が途切れた時、グラスの氷が音を立てた。

「そんなことがあったんですか・・・」
「もう10年以上も前のことです。そのまま、私は自分で歌うよりも、アイドルのみなさんの指導や審査の道に進んだんです。これも高木社長のおかげ、とも言えますね。」
「いや、いい話を聞かせてもらいました。今夜のここはおごらせて下さい。」
「それはありがとうございます。でも、次のオーディションの審査では、手加減しませんよ?」
「もちろんですよ。歌田さんがそんな人だったら、こうして一緒に酒を飲みたいなんて思いません。」
「ふふっ・・・さすが、高木社長の見込んだ人ですね。」

俺は、照れ隠しにグラスに残っていた酒を一気にあおった。

「ところで・・・さっきの話の中で、音無さんの名前が出て来てたんですけど・・・」
「はい。」
「その後、音無さんはどうなっちゃったのか、事情をご存知ですか?」
「ああ、ご存知ないのですか・・・。確かに、あまりいい話ではないですからね。でも今日はおごっていただくお礼にお話ししましょう。」
「お願いします。」

「先ほど話したイベントのすぐ後でした。音無さんの担当プロデューサーの横領が発覚したんです。765プロダクションの外部から雇われた方だったんですけどね。」
「え・・・?」
そんな話、初耳だ。

「当時はあまりニュースにもならない小さな話でしたから、ご存じないのも無理はないですね。
ただ、そのせいで765プロダクションは傾いてしまい、事務所も小さくして汚い雑居ビルの3階に引っ越すことになって、音無さんのアイドル活動もそのまま休止になってしまったんです。」
「そんな・・・」
「でも、音無さんはそこからが違いました。もう後輩の女の子たちにこんな思いをさせるのはごめんだから、って言って、社長に進言したんですよ。これからはプロデューサーも自分たちで育てましょう、と・・・。
それ以来ですね。765プロダクションがプロデューサーの募集を始めたのは。」
「じゃあ、俺が今プロデューサーをやっているのも・・・音無さんのおかげってわけですね・・・」
「でも、あなたのご活躍で、765プロダクションもすっかり活気づいてますから、恩は充分に返したとも言えるんじゃないですか?」
「まだまだです。本当のトップアイドルを育て上げるまでは。」
「それは頼もしいですね。私も、あなたの育てたトップアイドルを審査するのを、楽しみにしていますよ。」
「ありがとうございます。あ、もう一杯飲みましょう。すみませーん、お代わりくださーい。」
「私もいただいていいですか?」
「もちろんですよ。じゃあ、あらためて乾杯しましょう。」

「では、あなたの育てる未来のトップアイドルに」
「乾杯!」

グラスがチンと鳴った。