秋月政談


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「真美離してよ!兄ちゃんは亜美と遊ぶんだから!」
「亜美こそ離せー!真美、ずっと前から約束してたんだからぁ!」
「だーっ、お前ら二人ともとりあえず離せ、何より仕事にならんだろーが」
「お疲れさ……なに?一体」
 いつもにぎやか765プロ。本日の午後は、双子のけたたましい声から幕開きとあいなった。
 打ち合わせを終えて帰社した律子が見たものは、なにやら必死の形相でプロデューサーを
取り合う亜美と真美の姿である。
「あ、律ちゃん」
「ああ律子、ちょっと手伝ってくれないか、こいつら強情でな」
「律ちゃん助けてよ、真美が兄ちゃんをラチカンキンしようとしてるんだ」
「あ!亜美こそ兄ちゃんのことリャクシュユーカイしてるじゃんか」
「はいはいあんたたち、テレビで聞いた言葉を気軽に使わないの!」
 まずは二人をたしなめる。意味もわからず派手な言葉を使うのは子供の得意技であるが、
芸能人には舌禍というものがある。
「そういう悪い言葉、嫌いな人も多いんだからね。『いやな事言う双海亜美なんか嫌いだ』
とか言われたら困るでしょ?」
 亜美真美の倫理担当は油断がならない。そうしておいて彼女はプロデューサーに向き直り、
事情を訊ねた。
「なにやらかしたんですか、今度は」
「そんなに色々やってるワケじゃないだろー?」
「先月の私の収録、スタジオの部屋番号間違えてメモってたの誰でしたっけ?」
「……面目ない」
 彼は亜美と真美だけでなく、律子のプロデュースも担当している。忙しいのは理解している
ものの、これまでも彼のケアレスミスには苦労させられたことがある。致命的なものもないし
まあ笑える範囲であるが、もうちょっとしっかりしてくれたらと時々思うのだ。
「さ、話を聞きましょうか」
「あのね、亜美がね」
「真美が、真美が最初にね」
「あんたらは黙る!話を聞く順番は私が決めます」
「だってえ」
「心配しないでよ、どっちにも偏らないようにするから。十中八九プロデューサーが悪い
んでしょ?」
「おっおい律子?」
「抗弁はあとでどうぞ。プロデューサー、まず何が起きたのか教えてくださいよ」
 事と次第はこんな風。まず真美がプロデューサーと『一日デート』の約束をしたところ
から始まる。
「亜美も真美もここのところすごく頑張ってたろう?二人で交替とはいえ、アイドルランクも
上がってくると大して体を休めることはできない。半月前の新曲録り、真美の番だったんだが
ディレクターのせいで押しに押したじゃないか」
 新曲のPV撮影の話だ。律子も付き添っていたので知っている。真美も加えて合意の上での
事ではあるが、いくつかのシーンで納得が行かず、クランクアップがだいぶ遅くなってしまった。
あやうく児童福祉法違反である。
「私が亜美だけ先に帰して、戻ってきてもまだ撮影してましたもんね」
「全部終わって真美を送るとき、がんばったからご褒美ってことで約束したんだ。次にオフと
休日が重なる日、つまり明後日の日曜に二人で遊ぼうって。もちろん亜美にもちゃんと説明
して、わかってもらってた」
「本当なの?亜美」
「うん。それはホント。だけど」
「ストップ。いまプロデューサーが説明してくれます。ですよね?」
「亜美とは、先週のテストの話だ。二人とも仕事漬けで大変だってのはわかってるが、学業を
おろそかにはできない」
「義務教育じゃないですか、当然ですよ」
「水曜なんだが、二人でこっそり俺に相談に来てな。亜美が社会でひどい点取っちまって、
再テストになったんだと」
「テストはママに見せなきゃなんないし、かたいっぽだけじゃ変でしょ。だから真美が兄ちゃんに
相談して、亜美が再テストでちゃんとした点数とってから、二人でママに見せようって思ったんだよ」
 真美の補足を聞きながら、仏頂面の亜美を見つめる。
「なっさけないわね亜美、ちゃんと勉強してたの?」
「うぅ~」
「亜美は亜美で頑張ってたさ、な。で、再テストはしっかりやらなきゃってことで、本テストの
真美の点数以上取れたら――」
「二人っきりで遊ぼうな、って?」
 質問というより確認のため、プロデューサーの話を引き継いで聞いた。プロデューサーは
それが失敗だったんだという風にうなだれる。
「テストは今日だって聞いてたから、採点は週明けだと思ってたんだよ。そしたら再テストの
全員、目の前で採点して答案を返してもらったそうで」
「……まあ、再試験なら人数も少ないでしょうしね。じゃあ亜美、いい点取れたんだ?」
「うん、100点満点だよ!」
「おー、やったじゃない」
「で、その結果スケジュールがダブルブッキングに」
 委細承知。悪気がないのはわかるが、プロデューサーはもう少し慎重に行動すべきだった
のだ。亜美と真美のモチベーション維持には有効な手段であったろうが、余計な問題まで
背負い込んだ彼に思わず渋い声が出る。
「プロデューサーぁ……」
「そんな顔するなよ、俺だって色々説得したぞ。亜美の約束のほうが後だから次回にしようと
したんだが」
「次に兄ちゃんがまる一日遊べるの、来月の終わりじゃんか!亜美待ってらんないよ」
「でも亜美、あんたの場合赤点とったのがまず発端でしょ」
「だって、約束は約束だもん。真美だって『いいよ、亜美ファイト!』って言ってたもん」
「だけど真美の約束延ばして亜美とデートなんてダメーっ!」
「だから両側から手を引っ張るな!伸びたらどうする」
「シャラーップ!」
「ひ」
「うっ」
「うわ」
 さっきの状況に戻ってしまった。仕方なく声を荒らげて、こちらに注意を向ける。
「あんたたち、確かに約束はあるんでしょうけど『自分が、自分が』ってばっかり言ってたら
なんにもならないでしょ?二人ともプロデューサーのこと、大事なんじゃないの?」
「大事だよ、チョー大事!兄ちゃんには亜美のミセイジュクなツボミを一番に味わってもらう
んだもん!」
「真美だって!真美も兄ちゃんにヒミツのハナゾノをジューリンしてもらうんだー!」
「どこから聞いてきたのよそんな言葉ーっ!」
 出所不明なデンジャラスワードをまたも発見してしまった。どうやら意味は理解していない
ようだが、外部の者の前などでは絶対言わないようにしておかなければなるまい。
 律子は頭を切り替えて、亜美に顔を向けた。服にはかまわず事務室のフロアに膝をつき、
相手と目線を合わせる。
「亜美、ちょっと聞かせて」
「な、なに?」
「亜美の大事な兄ちゃんは、約束を破る人かな?遊ぶ約束を後回しにしたら、そのまま
ほったらかしにしちゃうかな?」
「ううん、そんなことないと思う」
「じゃあ、亜美がワガママ言って兄ちゃんと真美の両方を困らせるのって、亜美の大事な
兄ちゃんは嬉しいかな?」
「う……だ、だって」
「どう?」
「……嬉しくは……ない、よね、きっと」
 不安げな顔で答えるのに笑顔でうなずき、続いて隣の同じ顔を捉えた。
「真美」
「……はい」
「真美の大事な兄ちゃんは、真美が聞き分けなくして兄ちゃんの仕事の邪魔したら、『真美
よくやった』って思うかな?」
「……怒る、と思う。ううん、ひょっとしたら怒らないかもだけど、でも、今こうやってお仕事
できないでいると、兄ちゃんはザンギョー増えるんだよね」
「増えるわね、きっと」
「兄ちゃん、ますます疲れちゃうよね」
「そうね、疲れて疲れて、倒れちゃうかも」
「それはダメだよ!」
話の行きつく先に思い当たり、真美の顔色が変わる。 
「亜美は?」
「亜美だって、ヤだ!」
「そうだよね。大事だ、大切だっていうことは、相手に無理させないってことでしょ。お互いに
欲しい欲しいって取り合うんじゃなく、真ん中に挟まれたプロデューサーを思いやってあげられ
ないのなら、実は大事になんか思ってなかったんだってことになるのよ」
「……」
「じゃあ亜美、真美、改めて聞くけど、あんたたちはどうしたらいいんだろう?」
 亜美も真美も、同時に黙り込む。考え込んでいるというより二人は、すでに出ている結論を
先延ばしにしているだけなのだ。下を向き、唇を噛み、ふと顔を上げて双子の片割れを横目で
見やる。目が合って慌てて視線をそらし、またうつむく。
「……わかった。あさってのデート、亜美にゆずる!」
 しばらくして、真美がこう言った。同じように口を開きかけていた亜美はぎょっとしたように真美を
見つめる。
「え、だ、ダメだよ!だって真美が先に約束したんでしょ?亜美があとから割り込んだんだから、
あさっては真美が行きなよ!」
「いいんだよ、亜美。亜美がテストすっごい頑張ったの、真美知ってるもん。満点とるなんて
すごいじゃん。今日それゲットしたんだから、すぐご褒美もらっていいって思うよ。真美はもっと
前から待ち慣れてるから、待つのが少しくらい延びたって一緒だよ」
「なに言ってるのさ、真美ずっと楽しみにしてたじゃんか。兄ちゃんだってもともと先の話って
思ってたんだから、亜美が待つよ!」
「いいってば、亜美が行きなよ」
「何回も言わせないでよ、真美が行きなってば」
「どうしてわかんないのさこの石頭!」
「なんだとこのわからずやー!」
「こらこら待ちなさーい!」
 途中までは黙って聞いていたが、たまらず律子は二人を引き離した。互いに身を引き合って
綺麗に終わるかと思えばこれだ。
「あんたたちってのはどうしてこう極端から極端に走るのよ!さっきまで自分が先だって言ってた
と思えば、今度は相手が先じゃなきゃダメだ?他にもいろいろやり方あるでしょうに」
「だってー」
 見事なユニゾンでの抗議に、律子は怒っているのがばかばかしくなった。要するにこの子らは、
ひとつの心を二人で分けて生まれてきたのだ。一人がAと考えたら、もう一人も同じにしか考え
られないのだ。二人が一緒でなければ駄目なのだ。
 されば、である。
「……わかった。プロデューサー、ちょっとスケジュール見せてください」
「え?ん、ああ」
 年も初めだというのにすでにくたくたの手帳を借り、この数日のスケジュールを確認する。
現在彼が担当しているのは亜美真美と律子だけで、今の話の間に彼女にはひとつのアイデアが
浮かんでいた。
「んー、今日は真美の当番でこれから番組収録、明日の土曜は亜美はレッスンスタジオで
振り付け、プロデューサーは私のドラマ撮影の立ち合いと、次回の脚本の件で私と打ち合わせ、
日曜が完全オフ、と。変更はなかったわね、よし」
「律子?」
 手帳を閉じ、プロデューサーも含めた三人におごそかに告げる。
「真美、あんたは日曜日、プロデューサーとデートしてきなさい。ただし、門限17時まで!」
「えっ?」
「それから亜美。トレーナーに連絡して明日のレッスンを17時からに変更してもらっておくから、
それまでプロデューサーとのフリータイム。朝から好きなトコ連れ回しちゃいなさい」
「ええっ?兄ちゃんは律ちゃんのお仕事あるんでしょ?」
「いま撮ってるシーンは私の出番がほとんどないから、プロデューサーなんかいなくたってどうにか
なるわよ。で、プロデューサー。私の打ち合わせは真美を帰した後、日曜の17時からお願いします」
「は?いや、俺は構わんが……お前が割を食っていいのか?」
「そうだよ、律ちゃんのお休みが減っちゃうじゃんか」
「大丈夫なの。いいから落ち付きなさい」
 一喝して三人を見回し、あらためて深呼吸する。
「あんたたちが楽しく仕事できないってのは、私にとっても楽しくないのよ。亜美も真美も同じように
プロデューサーと遊びたいんでしょ?なら、できる限り遊べばいいのよ。仕事もあるから好き勝手
っていう訳にはいかないけど、お互い譲らないって言うんなら、真美」
 真美を指差し、続ける。
「もともとあんたがデートできるはずだった日曜日は、半日私が貰います。亜美も同じく、来月まで
待つはずだったデートをすぐ楽しんでちょうだい。そのかわり、あんたも半日だけね」
 人差し指を亜美に向けた後、手を返して自分の鼻先に振る。
「そして私は、オフの日曜日を半日仕事に振り替える、と。それぞれ半日ずつ損することになるけど
私は明日の撮影後に時間の余裕ができるし、亜美と真美は来月のオフをプロデューサーと好きに
過ごせばいいわ、ただし、仲良くね」
「うぁ。そっか、そうだね」
「えー、なんか律ちゃんすごいー」
「ふふん、これぞ三方半日損、ってわけ。さあ、わかったらあんたたちは出かける準備!これから
番組でしょ」
 律子がぱんぱんと手をたたくと、二人は顔を見合わせて大きくうなずき合った。
「うん、わかった!兄ちゃん、真美たち荷物取ってくるね!」
「待って、亜美も行くよ!それから兄ちゃん、さっきごめんね?明日とあさって、亜美と真美とデート
よろしくねーっ」
 転がるように駆け出して、二つの影はあっという間に事務所のドアを通り抜けていった。
「……ふう、大岡裁きかよ」
 事務室に二人きりとなって、プロデューサーはようやく息をつく。
「それも母子裁定と三方一両損の二本立てとは。律子すまないな、俺の口から『俺を思いやれ』とは
言えないし、実際のところ助かった」
「ふふ、プロデューサーは私と真美の相手でオフが潰れるんですよ。話に出てこないだけで一番
損するのはプロデューサーなんですから、謝ることないです」
「お前たちのためなら俺のプライベートなんざどうでもいいさ。みんなが楽しく仕事して、俺は
お前たちが輝くのを見守れる」
「キザ」
「まあな」
 軽く笑い、プロデューサーは席を立った。貸した手帳を律子から受け取り、あたりの書類を一掴み
カバンに放り込む。
「さて、では俺も行ってくる。今日はほんとにありがとう。今度埋め合わせさせてくれ」
「その言葉、待ってました」
 突如、律子の笑顔が変化した。事務机に投げ出していたバッグから自分の手帳を取り出す。
「実は、行きたいところリストアップしてあったんです。ビーフシチューの老舗『銀の櫓』、カキと
シーフードガンボが最高だって言う『ブルーオイスター』、佛跳牆の名店『明福飯店』、タンシチューで
有名な『SOUPSTOCK-EMPORIUM』、それから……」
「うわわっ?待て待て待て」
 立て板に水で出てくる高級レストラン。芸能界にいれば自然と詳しくなるそれらの店名は、いずれも
冬場には嬉しいスープとシチューの穴場揃いである。ただしもちろん、お値段もハイグレードな。
「お前には感謝してるよ、しかしそんなトコ行ったら俺の財布が大変なことに」
「大丈夫ですよ、一気にハシゴとまでは言いませんから心配は無用です。とりあえず明日と明後日、
夜はプロデューサーの体が空いてますから、これで二軒行けますよね」
 確かに、亜美のレッスンはトレーナーが行なう。土曜日の夕方、プロデューサーは亜美と別れた後は
事務所に戻り、仕事帰りの律子と鉢合わせとなることだろう。日曜は言うに及ばずである。
「ああもう、仕方ねえか。しかしおかしいな、三方一両損ときたらサゲは確か『多かぁ(大岡)食わねえ、
たった一膳(越前)』、と控え目な話で決まっていると思ったが」
 プロデューサーが負け惜しみをつぶやく。律子はふふんと笑った。
「甘いですね、プロデューサー。小学生とはいえ乙女心をもてあそんだ罪は重いのですよ」
 まったく、この人は乙女を……都合三人もやきもきさせたのを解っているのだろうか。
「なんてこった、お奉行様にはかなわないな。して俺の罰はいかに」
 この気安さを見るに、解っていないのだろう。
 ならば遠慮は要らぬとばかり、秋月リッチャンノカミ答えて曰く。
「もちろん獄門もの。ですから、シチュー引き廻しってわけですよ」




これにて一件落着。