天海の岩戸


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「もー、プロデューサーさんのバカバカバカーっ」
「だーからなに怒ってんのかわかんないけどゴメンって。機嫌直して収録行こうぜ、春香ぁ」
「嫌です!もう私ここに閉じこもって一生外に出ないんですから!」
 765プロダクションの小会議室のドアを挟み、大きな声で会話しているのはアイドル・
天海春香とそのプロデューサーである。
 音無小鳥の耳には先ほどから言い争いが聞こえていたが、ちょうど資料室へ行く用事が
できたところで枝道の廊下を覗いてみると、この状況が見て取れた。
 廊下側から声をかけるのがプロデューサー。いつものごとく今ひとつしゃんとしない服装
で、それでも表情は真剣だ。
「そんな子供みたいなこと言ってないで現実を見ろ。お前はタレントで、今から久しぶりに
全国ネットの歌番組の収録だ。お前のギャラと765プロの業務収益のために、お前は仕事に
行かねばならんのだ」
「そんなにお金が好きなら、プロデューサーさんなんかカネゴンになっちゃえばいいんだー」
 それに部屋の内側から応じているのが春香。プロデューサーがノブをガチャガチャやって
いる風景と先ほどからの会話を鑑みるに、なにか行き違いがあって鍵をかけて閉じこもった
と言うところであろう。
「なぜカネゴンを知ってる、ってか無茶言うな。765プロは薄給なんだ、カネゴンを養う
余裕なんかないぞ」
「説得の方向性が間違ってますよ、プロデューサーさん」
 肩越しに声をかけると、プロデューサーは振り向いた。
「あ、小鳥さん」
「どうしたんですか、そんな大きな声出して。事務室まで聞こえましたよ」
「ああ、ご心配かけてすいません。実は春香がですね――」
「悪いのはプロデューサーさんですーっ!」
 話し始めた彼を遮るように、可愛らしい声の妨害が入る。二人は顔を見合わせ、次いで
閉ざされたドアを同時に見つめた。
「……プロデューサーさん、今度はなにやらかしたんですか?」
「俺ってそんなにいろいろやらかしてますか」
「おとといレッスン室のダブルブッキングで真ちゃんのプロデューサーさんと腕立て伏せ
対決やったの、誰でしたっけ」
「……面目ない」
 小鳥は小さく溜息をつき、会議室のドアに向かった。
「春香ちゃん、私です。このドア、開けてくれないかしら」
「ごめんなさい小鳥さん、でも今日と言う今日は私、本っ気で怒ってるんです。だから
ここを開けるわけには行かないんです」
「そんなに思いつめて?春香ちゃん、いったいなにがあったの?」
 まだまだランクは低いとは言え春香は765プロダクションの大事なタレントだ。その
タレントと二人三脚で芸能活動をこなすのがプロデューサーであり、確かに衝突のひとつも
ないとは言えぬもののその二人がこのようないさかいを起こすと言うのはよくよくのことだ。
プロデューサーとタレントが相身互いを信頼してこそのアイドルユニットである。小鳥の
脳裏に不穏な想像が湧き起こる。
「春香ちゃん……まさかプロデューサーさんに力づくで思うがままにっ!?」
「は?」
「えっ?」
「まさかまさか、でもプロデューサーさんとは言え一人の男すなわち一匹のオス、ああっ
いつの日かこんなことが起きるんじゃないかと心配していたの!」
「こ、小鳥さん?」
「そうなのね!そうよ今日の午後は春香ちゃんとプロデューサーさんが打ち合わせと称して
二人っきりで密室にいたんだわ。きっとそこでプロデューサーさんは
『なあ、春香?』
『なんですか?プロデューサーさん』
『春香の髪って……いい匂いがするな』
『ええっ?ぷ、プロデューサーさんったら、いきなりなにを言いだすんですかあ』
『本当のことさ。ほら、こうして手に取るだけで』
『やっ?な、なにを』
『それだけで乙女の芳醇な香りが漂うんだ。艶やかな流れに指をくぐらせれば』
『あんっ?い、いきなり触らないで……くださいっ』
『まるで光をたたえた川に身を踊らせるようだ。その岸辺には美しい野原が広がり』
『ふぁ!耳……は、だめ……っ』
『起伏の全てを、その手ざわりの全てを感じたくなる』
『は……そんな、ふう……にっ、撫で……撫でないで……ぇ』
『春香……こっちを向くんだ』
『ふうぅ……プロデューサーさん……私……わたしっ』
『春香っ!』
ガバぁっ!
っていうふうに!」
「目を覚ませーっ!」
「はひゃあっ!?」
 プロデューサーが小鳥の耳を掴み、耳元で大声を出した。
「『っていうふうに!』じゃないですよ、人が困ってるのに!」
「はっ、私としたことが、つい不安が頭をもたげて」
「いま頭をもたげていたのは確実に不安とは別のなにかですがね。こっちは春香がすねて
困ってるんです、助力する気がないんなら事務室で仕事しててくださいよ!」
「ああ、ごめんなさいプロデューサーさん、今度はうまくやりますから。ねえ春香ちゃん」
「はっ、はいっ」
「なんだ、春香いたのか、すまんな余計な騒ぎを」
「い、いえっ。でも小鳥さんの妄想って聞いてるとすごいドキドキするから。あー、
なんか顔あっつい」
「大丈夫か?冷たいものでも?」
「あ、平気です。じゃ、私戻りますね」
「ああ、頑張れよ」
 春香は身を翻し、再び会議室に閉じこもる。
 バタン、ガチャッ。施錠の音が響き、そこでようやくプロデューサーが我に返った。
「――って春香!?いま、いま外にっ」
「あー、失敗しましたねプロデューサーさん」
「小鳥さんーっ!」
「ふう、せっかく私がアメノウズメ役でひと踊りしてさし上げたのに、タヂカラオの
プロデューサーさんが不甲斐ないんじゃどうしようもないですよ」
「え、今のって俺の落ち度なんですか」
「だってそうでしょう、事情はよく知りませんが、春香ちゃんはプロデューサーさんに怒って
社内に天の岩戸をこしらえたんでしょう?春香ちゃんだけに天海の岩戸ね、ぷっくくく」
「笑いごとじゃないっつうのに」
「プロデューサーさん、聞かせてください。春香ちゃんがこんなに怒ってる理由、心当たり
ありませんか?」
「んー、いや、それがさっぱり」
 プロデューサーは頭を掻く。
「さっきまで打ち合わせってのはおっしゃる通りですよ、でも今日の収録と来週以降の
スケジュールの話だけで、別に彼女の気に障るようなことは」
「あー!やっぱりプロデューサーさん気付いてないんだ、もー」
 ドアの向こうから春香の声。
 小鳥は考えた。なにがあったのか、春香に問いただすのはたやすいが、なんとなく
それでは問題の解決に結びつかない気がする。普段明るく前向きな彼女がへそを曲げる
のには相応の理由があるだろうし、それをプロデューサーが自覚していないのが火に油を
注いでいるのであろうからだ。
「うん、わかりましたプロデューサーさん、それではなぜあなたが春香ちゃんをこんなに
したのか、じっくり考えてみようではありませんか」
「小鳥さん?」
「収録に出るまでどれくらい猶予が?」
「あ、そうですね、10分くらいですか」
「了解しました。春香ちゃん?」
「はいっ」
「春香ちゃんはそこで聞いててね。プロデューサーさんに真実をつきつけ、罪を認めさせて、
そのドアと一緒にあなたの心の扉も開いてみせるから!」
「あ……ありがとうございます小鳥さん!よろしくお願いしますっ」
 小鳥は春香を勇気づけ、あらためてプロデューサーに向き直った。気分はふてぶてしい
犯罪者に立ち向かう敏腕美人検事である。
「ではプロデューサーさん、さっきの打ち合わせであなたと春香ちゃんがどんな行動を
取ったか教えてください」
「……いいでしょう、俺に悪いところがあると言うなら、確かに直さなければなりません。
しかし俺は無実ですよ、やってみれば判ります」
「無実……ほんとうに?」
「ええ。俺が春香を困らせるはずがない」
 プロデューサーの説明は簡単明瞭であった。
 来週はオーディションが2本控えているので、その対策と選曲。今日の歌番組では新曲を
歌うので、これまでのレッスンの成果を存分に発揮すること、失敗しやすいポイントの
最終チェック。収録後は二人とも直帰なので、彼が春香を家まで送り届ける約束になっていた。
「今日は親父さんも帰りが早いって言うんで、収録終わったら超特急で送るからな、って
俺は立ち上がったんですが、振り返ってみたら春香が固まってたんです」
「固まった?」
「はい。ええとそうだ、超特急?って聞き返されたから、まかせろ、寝ててくれればあっと
いう間に天海家到着だ、と」
 会話のニュアンスには収録を早く終わらせよう、すなわちリテイクを出すことなくいい
ステージを見せてやれ、といったものも含まれていただろう。ただ、それはいつものこと
だし、芸能人である以上当然の話とも言える。
「そのあたりの話、もう少し細かく説明していただけますか?」
「ええ。ええとですね」
 プロデューサーの再現によると打ち合わせも終わり、そろそろ局へ向かおうという時間……。
『……こんなもんかな。春香、なにか確認のし忘れとか、ないか?』
『大丈夫です!今日はプロデューサーさんもいてくれるし、さっきも言いましたけど今回の
新曲、すっごく気合入ってるんです。失敗なんかありませんよ』
『頼もしいな。事務所の皆からもエール貰ってるしな』
『はいっ』
『今日の収録は出演者ごとにバラバラだから、自分の録りが終わったら終了だ。一発OKなら
番組スタッフの評価も高くなるぞ』
『ええ、ノーミスクリア目指しますよ、ノーミス!』
『よしよし、リテイクなかったら何かご馳走してやるか』
『わーい、やったー』
『ただし今度な。今日はお父さん早いんだろ?超特急で帰らなきゃな』
『……え?超……特急?』
『寝ててくれてもいいぞ。テレビ局の駐車場から天海家のドアまで、なにもないかのように
移動してやるぜ』
『……ぷ』
『ん?』
『プロデューサーさんのばかーっ!』
 ……。
 回想を終え、プロデューサーは小鳥に告げる。
「と、こんな感じです」
「わかりました。ねえ、プロデューサーさん」
 小鳥は訊ねる。
 実は話を聞いているうち、すでに彼女はある仮説にたどり着いていた。会話の詳細を
聞いたのはその確認作業である。
「プロデューサーさんは、たとえば誰かから『今度ご馳走してやる』っていう約束を
された時、どう思います?」
「え?そりゃあ……嬉しいんじゃないですか?」
「ですよね。では、約束はしたけれど、その日付が告げられないままだったら、どうで
しょう?」
「うーん……仕事相手だったら、『ああ、社交辞令か』と」
「もっと仲の良い相手だったら?家族とか、友達とか、恋人とか」
「なら逆です。言わなくてもあいつのことだからあの頃だな、と見当がつく」
「ですよね」
 今の会話で彼は、友人と飲む約束でも思い出したのだろう。今回の件がそれと同根とは
気付いていない様子だが。
「プロデューサーさん、やっぱりです。あなたは打ち合わせを終える時、大きな間違いを
犯したんですよ」
「なにを言ってるんですか?俺は無実だと」
「超特急で家まで送る、なんて言ってしまったから、春香ちゃんは『約束をすっぽかされた』と
思ってしまったんです」
「約束?」
 プロデューサーは視線を宙に泳がせた。
「ご馳走うんぬんのことですか?ですから今日の今日なんてことは」
「それじゃないですよ、先週の土曜日のことです。なにがあった日か憶えていますよね?」
「誕生パーティでしょう?やよいと、春香の」
 そう。実は先週末、765プロでささやかなパーティが開かれていた。誕生日の近い二人を、
タレント仲間で祝うささやかな手作りパーティだ。仕事の都合などで全員とはいかなかったが、
多くのアイドルが集まり二人の生誕を祝ってくれた。ただ……そこに春香はいたが、
プロデューサーは顔を出すことができなかった。
「プロデューサーさんはそのパーティに参加していませんでしたよね」
「ええ、コンサートの前日でライブハウスに詰めてましたから。でも、ちゃんと携帯で
電話しましたし、メールだって」
「プロデューサーさん、その電話で春香ちゃんと約束しましたよね?春香ちゃんから
聞きましたよ」
「……ええっと」
「『近いうちにこの埋め合わせ、するからな』って。プロデューサーさん、春香ちゃんは
顔には出さなかったけれど、その約束を心待ちにしていたんですよ」
「……」
「近いうち、って言って、日付までは詳しく約束しませんでしたよね。でも、春香ちゃんは『きっと、
この日』って思っていたんです」
 プロデューサーの目の色が変わったのを見て、小鳥は自分の推理が正しいと確信した。
「この日って……今日っていうことですよ。たまたまお仕事が直帰終わりで、時間とか場所
とか考えると、プロデューサーさんが車で送ってくれるって思えた日」
 彼女の父親が早く帰ってくる、というのも偶然ではない。今日という日が……。
「今日が、春香ちゃんの誕生日だから、ですよ」
 今日は4月3日。やよいと日が近いために合同でのパーティをした日ではなく、彼女が
正真正銘、この世に生を受けた日。
「こんな大事な日がすぐそばにあれば、誰だって『埋め合わせ』は今日だって思いますよね。
春香ちゃんもプロデューサーさんも、今日は誕生日のたの字も口にしてはいないんじゃ
ないですか?」
「……ええ、確かに」
「プロデューサーさん、あなたは有罪ですよ。大切な春香ちゃんを、こんなに困らせて」
 小鳥はプロデューサーに、厳かに告げた。
「しかし」
「しかしじゃありませんよ。今日の打ち合わせでもご馳走のお話をして、その上また今度
なんて言ったらいくら春香ちゃんでも怒ります」
 春香がプロデューサーを慕っているのは、二人を見ていた全ての人間が知っている。
彼女がプロのタレントである手前誰一人口には出さないが、春香はプロデューサーに強い
好意を持っていた。プロデューサーの方も、決して彼女を嫌ってはいない。ただ年が
離れていることや仕事の兼ね合いからか、春香の想いは今ひとつ彼に伝わっていない
ところがある。
「女の子にとって、誕生日ってすごく大事な日なんです。プロデューサーさんが今日、
一緒にいてくれるっていうことは、春香ちゃんにはとっても大事なことだったんです」
 言葉を慎重に選びながら、小鳥は続けた。春香が自分で言うべきことを、自分が先走る
のもうまくない。
「プロデューサーさん、春香ちゃんに不安な思いのまま収録に向かわせるなんて、
プロデューサーとしてはどうかと思いますよ?」
 プロデューサーは床に膝を落とした。こうしてみると、やはり知らばっくれていたのだ。
「プロデューサーさん、春香ちゃんをちゃんと祝ってあげてください。プロデューサーさんの
大切な春香ちゃんに、ちゃんとおめでとうって言ってあげてください。そうすれば春香ちゃんは、
きっと元気よくお仕事に向かってくれます」
「……春香は」
 プロデューサーは絞り出すように言った。
「春香は、テンションが上がりすぎると失敗が増えるんです。俺は、彼女が誕生日のことを
言い出さなかったのは、自分でもそれが解ってるからだろうと思った」
 小鳥も、それはプロデューサーから聞いたことがあった。春香はあまりに嬉しいことが
あると舞い上がってしまい、ダンスや歌に力が入りすぎる。転んだり歌詞を飛ばしたり、
その結果オーディションに失敗したこともあるそうだ。
「こんな記念日だからこそ、春香は完璧なステージをこなしたいと考えているのだろうと
思ったんです。それで、誕生日のことを言いださないのだろうと……だから、それなら
なおのこと、俺が彼女のコンセントレーションを乱してはならないと」
 ゆっくりと手を伸ばし、よれよれのスーツのポケットをまさぐる。
「だから全部……今日全部終わってから、それから祝ってやろうと」
「プロデューサーさん……?」
 プロデューサーが取り出したのは小さな包みだった。有名なアクセサリーショップの
ラッピングに、きれいなリボンがかけられている。ふたつに折られた紙が挟んであるのは
メッセージカードだろうか。
 彼は顔を上げ、ドアの方を見つめた。
「春香、ごめんな」
 先ほど小さな音がして、ドアが薄く開いているのには気付いていた。そこから覗く二つの
瞳に、プロデューサーは語りかけた。
「ほんとは、帰りの車の中で驚かせるつもりだった。帰宅時間にしたってご両親には芸能界の
話だ、春香さえよければ1時間や2時間ごまかせるって思ってた」
 プレゼントの包みをそっと捧げ、祈るように呟く。
「誕生日おめでとう、春香。お前の気持ちを考えもしないバカ野郎だけど、もうしばらく
お前のパートナーでいさせてくれないか」

  バン。

 大きな音を立ててドアが開き、中から人影が飛び出した。
 小鳥が目に留める間もなく、春香はプロデューサーにしがみついていた。
「……ご」
「春……香?」
「ごめんなさいプロデューサーさん、ごめんなさいっ!私、自分のことばっかり考えてて、
お仕事なんかあと回しでっ」
 プロデューサーーは優しく彼女の頭をなでてやる。
「私、プロデューサーさんは私の誕生日のことなんかどうでもいいんだって思い込んじゃって、
それでもう目の前が真っ白になっちゃって、もう全部どうでもいいやって……」
「そう、それが普通だよな。春香くらいの女の子なら自分の記念日がものすごく大事だもんな、
パーティにも参加できず、当日も知らんふりする奴なんか怒って当然だ」
「ふうぅ、プロデューサーさぁん、ふえ、ふええぇぇ」
「泣くなよ、せっかくの可愛らしい顔が台無しだぞ」
 ハンカチを取り出して涙を拭くプロデューサーを見て小鳥は、どうやら『天海の岩戸』は
無事に開いたと確信した。
「さあさあお二人、収録の時間は大丈夫ですか?」
「ふぇ」
「あ、そ、そうだ」
「それにいつまでもそんなカッコしてたら、私にも考えがありますよ。妄想続けちゃいますよ、
さっきよりさらにコッテリした奴」
「うわ!?それは勘弁してください」
「え、え、さっきの続きですか?」
「春香は興味津々な顔するな!いくぞ」
「あっはい、すいませんっ」
 二人は立ち上がり、廊下を小走りに駆けてゆく、途中でプロデューサーが立ち止まり、
小鳥を振り返った。
「小鳥さん、ありがとうございます、助かりました」
「いーえー。事務員としてもタレントさんには働いてもらわなきゃですもの」
「いささか恥ずかしいところを見せてしまいましたが、彼女のやる気がいい具合に上がり
ました。このご恩はいずれ」
「あ、ダメですよ」
 小鳥が制止する。
「……え?」
「いまお話したばかりじゃありませんか。プロデューサーさんにそんな言い方されたら今度は
私が、すっごく期待しちゃいます」
「あ。はは、かなわないな。……じゃあ」
 プロデューサーは頭をかいて、謝礼の方針を変更したようだ。
「春香が先日レポートで行った駅前のケーキ屋、月曜の営業上がりに買ってきますよ。
みんなで食べましょう」
「うん、そんなもんでしょう。春香ちゃんの食べてたミルフィーユ、おいしそうでしたよね」
「ミルフィーユですね、了解。では」
「行ってらっしゃい」
 二人が去った廊下に一人残り、小鳥は考えた。
「うーん、なんか釈然としないわね。プロデューサーさんがサプライズ仕込んでるのは
想像ついたけど、本当なら春香ちゃんは『わあ、小鳥さんすごおい!』、プロデューサーさんは
プロデューサーさんで『小鳥さんは俺のこと、なんでもお見通しなんですね』ってなって、私が
『当然です。だって、いつも見つめている人のことですから』
『え……小鳥さん?それって』
『プロデューサーさん……私、本当は』
『小鳥さん。……なんてことだ、実は、俺も』
『ええっ?プロデューサーさんと小鳥さんはお互いに?これじゃあ私の出番、ありませんね、はぁ』
『三角関係も解決したところで小鳥さん!』
『プロデューサーさん!』
ガバぁっ!
っていうふうに!」
「小鳥くん、小鳥くん」
「うひゃあああっ!?」
 不意に後ろから声をかけられた。振り向いてみると社長である。
「あ、あ、あはは社長」
「どうしたんだね廊下で一人でぶつぶつ言って」
「うえ?ひ、いえそのっ」
「カバがどうとか聞こえたが、プロデューサーに動物の手配でも頼まれたのかね?バラエティ
番組の企画かな」
「え、ええまあ、そんなところです。わっ私ちょっとアニマルプロダクション当たって
みますね」
「よろしく頼む。私はこれで失礼するよ、例の会合があるのでね」
「あっはい、お疲れ様でした」
「ああそれから、その、なんだ……独り言はもう少し小さな声で頼むよ」
 社長は歩み去った。小鳥は廊下で一人、社長の最後の言葉に凍りついていた。
「……み……」
 やっとのことで口を開く。
「見られたあああ!社長にー!わ、私の内緒の妄想聞かれちゃった!知らんふりしてたけど
あれはきっとはじめから最後まで全部聞いてたわ、私があんなことやこんなこと考えてるって
見透かされたわどうしようどうしよう、あーもう、あーもーっ」
 かくして765プロのアメノウズメは、この瞬間役柄を変更し……。
「あー、もー、もう誰にも顔合わせられないーっ!」

  ばたん、がちゃがちゃっ。

 先ほどまで先客のいた天の岩戸の、新たな住人となったのであった。





おわり