Home Place


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「こんばんわー。やよいいるかー?」
「おー、響じゃないか」
「あ、セクハラプロデューサー久しぶりー。元気だった?」
「……人聞きが悪くてたまらないんだが」
 ある日の夜のこと。珍しく起伏のない一日で小鳥さんも定時で帰宅し、留守番状態の俺が
一人でいる事務所に現れたのはライバル事務所のトップアイドルだった。
「やよいなら伊織と二人でレッスンだよ。もうすぐ帰ってくるけど、時間平気か?」
「うん、今日はもう帰るだけだから。待っててもいい?」
「構わないよ。ただしスパイ行為は禁止だからな」
「ふっふっふ、自分を招き入れたときからすでに諜報戦は始まってるんさ。今日こそセクハラ
行為の証拠を掴んでやるからね」
「我々はスムースかつシークレットにセクハラを遂行するのだ。すなわちスリーSだな。
この技術力、きみに見抜けるかな?」
 後半のやりとりは彼女と、我々765のプロデューサー陣とのお約束みたいなものだった。
 響は黒井社長に『765プロダクションはプロデューサーたちがアイドルと言わず事務員と
言わずセクハラ行為を日常的に繰り広げる地獄のような芸能事務所だ』と吹き込まれている
のだが、ここ数ヶ月アイドルの面々や俺たちと直接関わるようになってから個人的には
認識を改めたようだ。ただ彼女としても敵対関係の事務所に友人宅のように入りびたるのは
気が引けるらしく、今のセリフを免罪符に使っているようである。
「まあそれはそれとしてちょうどいい、ちょっと給茶室まで付き合え」
「え……ふ、二人っきりで?」
「そこで警戒してどうする。それを言うならこの事務所がいま俺ときみしかいない」
「あっそか」
「セクハラし放題なんだぜ、うぇっへっへっへ」
「ぎゃー、出たー」
 実を言うと今朝がた専門店から材料が届いたところで、この娘が顔を出すのを手ぐすね
引いて待っていたのである。有無を言わせず簡易キッチンまで連れ込み、ボウルと泡立て器
を取り出した。
「なに始めるの?」
「いやな、ちょっと新作スイーツの実験台にしようかなと」
「……お菓子なんか作れるのか?」
「俺を誰だと思ってる」
「セクハラプロデューサー」
「ですよねー……って、いいから見てろ」
 まずはボウルに芋葛粉20g、小麦粉200gを入れ、300ccの水で溶く。続けて餅粉20gと
ベーキングパウダーを小さじ1、泡立て器を回す腕に力を込めた。
「響ってこっちに一人暮らしなんだよな。自炊してるのか?」
「そうだぞ」
「仕事も学校もあるだろうに、大変だな」
「あはは、外食多いけどね。帰りがけに貴音や美希とラーメン屋寄ったり」
 砂糖30g、黒糖50g、塩一つまみと順に加えながら話すうち、961プロではマンションを
一棟まるごと借り上げて社員寮扱いにしているのだと明らかになった。
「寮母さんみたいな人、いないのか?」
「ごはん頼んでもいいんだけど夜なんか時間めちゃくちゃだし、やっぱり慣れたもの食べ
たくってさー。地元から材料送ってもらって作ってたら、その方が気楽になっちゃった」
「まあ、東京でゴーヤはそうそう食えないか」
「でしょ?自分なら毎日でもオッケーだぞ」
「ミミガーとか好きなんだよ、俺」
「わかるけどおつまみかな、どっちかって言うと。あっでも、時間ある時ならソーキ丼とか
作るぞ」
「ヤギとかヘビとかも食べるんだって?」
「面白がらないでよー。好きな人もいるけどさ、自分へび香いるしイラブーはあんまり」
「ああ、そうか。いっぱい飼ってるもんな」
「飼ってない!一緒に住んでるの!」
「はいはい。ところできみの家、ブタもいなかったか?」
 フライパンに油を引き、弱火で両面から火を通す。焼けてきたらくるくると巻き上げ、
皿に積んでいった。沖縄風巻きクレープ『ちんびん』の完成だ。
「こんな感じでどうだ。本場ものには敵わないかも知れんが」
「へえ、でも家で食べてたのといっしょだ」
 てっぺんの一本をつまみあげ、ぶら下げてがぶりとやる。まだ熱を持っていたか、
はふはふと口で息をする様子はアイドルとか女の子というより、友達の家に遊びに来た
子供そのものだった。ようやく飲み込んで小さく歓声をあげる。
「ん、まーさんどー!やるじゃないかセクハラ」
「やると認めてくれるんなら、そろそろセクハラ呼ばわりは改めて欲しいもんだが」
「いーじゃないか、もう慣れちゃったから今さら『プロデューサーさーん』とか言えないさ」
「まったく。ジュース飲むか?」
「飲む。ありがと」
 のんびり焼き足しをしながら世間話を続ける。独り者の身で十も違う歳の少女の雑談に
付いていけるというのもある意味、アイドルのプロデューサーとしての習い性だと微妙な
気分になった。
「でもさ」
 響が話を変えた。
「うん?」
「765プロはいいね。仕事終わるとこんなお菓子食べられるんだから」
「961プロにもお菓子くらいいくらでもあるだろ?こんな素人のヤツじゃなくてちゃんと
したのが」
「そりゃね。だけど手作りって、なんかいいじゃないか。先週だって春香がクッキーくれたし」
 961プロダクションには765のような『アイドルユニットという企画をプロデュースする
人物』がいない。多くの芸能事務所と同じで営業部門は別の部署、タレントとの仲立ちは
マネージャーが行なう。大会社らしい効率的な組織運営と言えるが、役割分担がしっかり
している反面タレント個人に深く関わる人間がいない。
「こういうの、好きか?こんなぬるま湯みたいな事務所だからいつまでたっても弱小なんだ、
って黒井社長なら言いそうだが」
「おおっ、正解。社長こないだ言ってたよ」
 目を丸くしてみせ、その表情を笑顔に戻してクレープをもう一本手に取った。
「自分の田舎、親戚多いせいもあるんだけど近所じゅうが友達づきあいしててさ。家に
帰るといっつも誰かしら来てて、いっつも何か食べてたりお酒飲んでたりしてるんだ」
 徳利か杯のつもりなのだろう、端をつまんでぶらぶらと振る。
「こんな感じでオジーとかさ『やー響、ちょうどいいこっち来らんか』とか」
「おいおい、まさか未成年者が酒」
「しー!滅多なこと言うもんじゃないぞ」
「お、そうだよな、失礼――」
「ちょこっとだけだから平気さー」
「――ってこら」
「あはは。だからね、こういうのもいいなってさ」
 菓子を葉巻のようにくわえ、明るく笑う彼女に思わず声をかけた。
「……なあ、響」
「ん?なに?」
 『寂しくないか』と聞こうと思ったが、思いとどまった。きっと『寂しくないぞ』と
答えるだろうと気づいたからだ。
 実に余計なお世話だが、俺は響が心配だったのだ。
「二人が帰ってくるまでに、こいつをもう少し焼いておこうと思うんだ。料理できるんなら
手伝ってくれないか?」
「やよいたちが食べる分か。やる、作る!」
「助かるよ、ありがとう」
 強気で、自信家で、屈託なく笑う響が。
 一人で暮らし、一人でレッスンをこなし、一人でオーディションに挑み、一人で仕事に
追いまくられる彼女が。
 やよいや春香を慕って訪ねて来ることが、人間の言葉の通じない同居人を山ほど養っている
ことが、そいつらの食べ物をひょいひょいつまみ食いする癖が、きっと俺には心配だったのだ。
 いつだったか、故郷の兄が俺となんとなく似ている、と言われたからかもしれない。
「俺はこっちで生地を足しておくから、きみが食った奴みたいな感じでやってくれ。両面
焼いて、くるくるっと」
「ん、わかった。薄焼き玉子のつもりくらい?」
「錦糸玉子よりは焼けやすいかな」
「弱火、苦手なんだよなー」
 お節介極まりない話だし、杞憂なのだろうとも思う。しかし個人的には捨て置くことも
容易でない。だから俺は、彼女を見つけたら菓子を振舞ってやることにした。
 素人料理はもともと趣味だし、どうせうちのアイドルが食べる。食べ物の恩を売っておき、
オーディションで出くわしてもせめて悪質な妨害に走らないよう餌付けする。大儀名分
ならいくらでも探せる。
 俺はこの事務所を、こうして『誰かしらいて、なにかしら飲み食いしている』場所に
してやろうと思ったのだ。
 敵味方とかライバル事務所とか区別なしに、気楽に過ごせる場所に。
「う~、でも久しぶりでドキドキだな……わわ、焼きすぎた、丸まらないよ」
「いいよ、そのままで。響が作ったって言えばやよいは喜んで食べるだろうし」
「ええー?こんなの見せられないよ、これ自分で食べる。よし、次に挑戦っ……あっ
早すぎた、くっついちゃった」
「響……きみ本当に自炊……」
「うるさいなー!ちょっと黙っててよセクハラー」
「だからセクハラを二人称に使うなと」
 それに、そうしていれば。
「なあ響、いっそ765プロ来ないか?こういうのいつでも食えるし」
「……なにサラッと移籍持ちかけてるんだ」
「いや、ちょっとどーかなーって。そしたらセクハラも正々堂々とできるからな」
「うえええ~」

 そうしていればいつか、本当に区別が不要になるかもしれない……と、俺はひそかに
期待しているのだ。





おわり