ペアカップ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あら、小鳥さんですか?」
「えっ……あれ、あずささん」
「お疲れ様です。お買い物ですか」
 仕事帰りのOLでにぎわうデパートで、小鳥は背後から声をかけられた。聞き覚えのある
声に振り向くと、事務所でもお馴染みの癒し系の微笑みが待ち受けていた。
 小鳥は手に持っていたマグカップを棚に戻し、あずさに笑顔を返す。
「ええ、ちょっとお友達が結婚しまして。それでお祝いを、って」
「そうなんですか、それはおめで……え、ええっと」
「あずささん、そこで口ごもられると却ってダメージおっきいです」
「……ごめんなさい」
 準備していた通りに言い訳のやり取りをしているというのに、小鳥は内心で胸が痛む
のを感じた。
「あはは、でも彼女、幸せそうだったわ。私も早くそんな人、見つけたいな」
「あ、それは私も同感です。大の親友が結婚したっていうお話、しましたっけ」
「友美さんでしたよね、いつもいつもご馳走様です」
「あら、こ、これは重ね重ね」
「それより、あずささんはどうされたんですか?」
 小鳥が問うと、あずさは鍋を見に調理器具のコーナーへ行く途中だったという。料理を
失敗し、使えなくしてしまったのだそうだ。
「シチューを作っていたらうっかり焦がしてしまって。ホーローのお鍋って焦げが取れない
んですね」
「重曹は試してみましたか?」
「……はい?」
「お鍋を焦がしたのでしたらお湯に重曹を入れて、10分くらい煮込んでみたらどうですか?
相当ひどい汚れでもきれいに剥がれますよ」
「え、そうなんですか?」
「ホーローはガラス皮膜で、焦げるとスポンジでは手に負えないんですよね。重曹を煮立てて
浮かせるのがいいですよ、力も要りませんし」
「そんな使い方が。春香ちゃんがお菓子に使うのを見たことはありましたけど」
「事務所にも取り置きがありますから、明日でもかまわなければお分けしますし」
「ありがとうございます。小鳥さんってなんでもご存知なんですね」
 思わず自分で『小鳥さんの知恵袋です』云々と言ってしまいそうになり、こらえた。この
自虐傾向は自分にプラスに働いたためしがない。
 高級食器店の店頭で掃除のテクニックについて立ち話をしてしばらく後、あずさは小鳥に
いとまを告げた。
「あら、ごめんなさいこんな長話。プレゼント、選んでいる途中でしたのにね」
「いえ、いいんですよ、時間はありますし。あずささんも引き止めてしまってすいません」
「こちらこそ。いっぱいお勉強できたから、今晩のお掃除が楽しみです。では」
 何回か振り返りながら人ごみに消えてゆく彼女を見つめ、小鳥は小さくため息をついた。
 古い友人が結婚したのは本当だが、祝いの品はもう贈ってある。今日は、自分のひそかな
買い物に来たのだ。
 いつもの通り、勝ち目の薄い恋のための。

今日の午後のことだ。小鳥は、春香のプロデューサーが使い終えたマグカップをうっかり
落としてしまった。いつもより少し忙しい日で手元がおろそかになったといったところで
あるが、必ずしも小鳥ばかりが悪いとは言えないだろう。なにしろこの日彼女は、その
プロデューサーから求婚を受けていた。
 いやいや、と小鳥は思う。そんなに物事がうまくいく筈がない。だいたいプロデューサー
とは付き合ってすらいないわけで、会話の流れときたら『若くて美人揃いのアイドルたちを
プロデュースしてたら結婚のチャンスなんか来ませんや、わっはっは』『あらあら、そんな
こと言ってると気づいたら社長の年齢、なんてことになりますよ』『じゃあそうなる前に
小鳥さん、いっそ結婚しましょうか』『うふふ、喜んで』である。このやりとりをプロポーズと
受け取る人間なぞ21世紀の日本には存在しないし、小鳥自身もこれと寸分違わぬ会話
をしたのは二十とチョメチョメ年のあいだに実は3度目だった。
 でも、と小鳥はまた思う。自分より年上の未婚女性にこういうジョークを言えるということは
プロデューサーは小鳥に心を許しているということであり、また彼自身も無意識に『担当
アイドルに気兼ねせずにすむ交際相手』を探しているというサインでもある。そして結婚を
笑い話にできるということは彼自身がフリーであるなによりの証拠とも考えられるのだ。
「そこでちょっとしたアプローチに、高級なコーヒーカップをプレゼント、ってね。私って
健気だなー」
 人には聞こえないように、小声でつぶやいてみる。彼女が割ってしまったマグカップは
プロデューサーが、同じく担当している美希にねだられてゲームセンターで獲得した
クレーンゲームの賞品、しかも『思ってたのとなんか違う』の一言で美希から再び彼に
所有権が戻ってきたという由緒正しい逸品であった。
 彼自身は自分の身の回りに驚くほど気を使わない人間で、まだ経験は浅いとは言え
春香と美希のデュオユニットに着実に実績を積ませているというのがにわかには信じ
がたい。芸能プロダクションも結局は客商売、という部分だけは心得ているらしく髪や服は
ぎりぎり及第点で出勤するものの、たとえば机の上は書類の束が山をなし、ロッカーは
めちゃくちゃ、話に聞けばアパートは万年床以外は荷物で床が見えないという。くだんの
マグカップも先の経緯で新品が手に入った、という理由だけで使用していた。小鳥として
は『人から貰ったいい品物ともなれば、そのことが気になってそれを大事に使うのではない
だろうか』と考え、彼の社会的地位に見合ったイメージアップを図る……という大儀名分の
元、気になる彼にプレゼント、というのが本当のところだった。
「ま、ともかく美希ちゃんにおねだりされて大枚はたいてゲットしたカップを、私のドジで
割っちゃったんだもんね。なんだかんだ言って思い入れもあるでしょうし」
 可愛らしいカップや皿が並ぶ棚に目を走らせながら言い訳を重ねる。所属タレントの
ランキングが全てのこの業界、プロデューサーはアイドルをやる気にさせてなんぼ、自分
たちサポートスタッフはプロデューサーをやる気にさせてなんぼである。
「可愛らしいマグカップ使ってるうちに『これ、小鳥さんが買ってくれたんだよな……
けっこう高かったろうし……そういやプレゼントされたカップから恋の始まるドラマなんかも
あったよな』とかいろいろ考えてくれたりして。それでそのうち『ひょっとして小鳥さん、
俺のこと……』なんて、なーんて!きゃあきゃあ」
「あの、小鳥さん、小鳥さん?」
「はひゃあっ!?」
 途中から言い訳が願望に変わっているのにも気づかず、だんだんトーンの上がる声で
はしゃいでいると、またも後ろから声をかけられた。びっくりして振り向くと、ふたたび
あずさの顔。

「わわっ、あ、あずささん、いっ今の聞い、聞い」
「え?キーですか?鍵の複製コーナーならあっちで見ましたよ」
「や、あの、そうじゃなく、えと……って、あずささん、どうしてまた戻っていらしたんですか?」
「いえ、そのー」
 にっこりと笑い、あずさは続けた。
「おかしいんですよ。わたしは出口に向かっていたはずなのに、どう歩いてもここに戻って
しまうんです」
「ええっ?」
「小鳥さんのことも何度も見かけたんですけど、とても真剣だったので聞きづらくて。
今しがたは嬉しそうにしてらしたから、品物が決まったのかなって思って声、かけたんです」
「はあ。そうでしたらすぐ呼んでくれればよかったのに」
 聞かれてはいなかったようだが、この調子で彼女に巡回されては買い物にも妄想にも
支障をきたす。あずさをともかく帰宅させることが先決、と小鳥は考えた。
「いいですよあずささん、候補がいくつか決まったので、友達がどんな顔するか想像
していたんです。少し時間をかけて考えたかったところですし、駅までお見送りしましょう」
「あらぁ、ありがとうございます。申し訳ないですねえ」
「デパートって確かに方向感覚、なくなることありますもんね。ただし、駅までですよ?
ご自宅まではお任せしますよ」
「はい。ここの駅からは乗り換えなしでいいので、大丈夫ですよ」
 彼女としても無駄に妄想を逞しくしてしまっていた。クールダウンは必要だろう。
 二人並んで階下へ向かう。エレベーターの中であずさが感慨深げにつぶやいた。
「でも、結婚かあ。いいですね」
「あずささんも、憧れていらっしゃいますよね」
「だってこのお仕事、運命の人を探すために選んだんですもの。うふふ」
 あずさは芸能界に入るにあたり、社長にそう告げていた。『運命の人と出会えるように、
アイドルとして成功したいのだ』と。
「運命の人、か。私にいるのかな、って最近は思っちゃいますけど」
「あら、だめですよ小鳥さん」
「え」
「自分で目をつぶっていたら、見つかるものも見つかりません」
 半分冗談、半分本気の自嘲であったが、あずさは思いの外食いついてきた。顔の
間近で真剣に説く。
「運命の人は誰にでもいるんです。大事なのは、探そう、探してもらおうって努力する
ことなんです」
「はあ……」
「その人と出会えるのは、明日かもしれない、来年かもしれない、50年後かもしれません。
でも、必ずいるんです。『ああ、この人だ』って、その時に気づける事が大切なんですよ」
 50年後のいまわの際に運命の人と出会えてどうしようというのだ、そう考えそうに
なってはっとした。また、わざわざ自分から悪いことを考えようとしているではないか。
あずさは50年後かもしれないと言ったが、明日かもしれないとも言っているのだ。
「そうかも……しれませんね」
「ええ、そうですよ」
 確かにそうだ。見合いにせよ恋愛にせよ、一目惚れにせよ友人からのステップアップに
せよ、そのどこかの時点でインスピレーションは欠かせない。『ああ、この人だ』と、いつか
気付くからそれが恋になるのだ。
 互いがそう思うからこそ、恋が愛へと変わるのだ。

「……そうですね、あずささん。私、少し引っ込み思案になっていたかもしれません」
 小鳥はあずさに笑いかけた。
「しばらくそういうご縁がなかったから、自分から動くのを諦めていたような気がします。
ひとところにじっとしていたら、誰かと出会えるはずもありませんからね」
「あちこち動き回っていろいろな人と巡り合って、そうしていくうちに運命がつながっていく。
わたしは、そんなふうに思いますよ」
 なるほどそれか、と得心したのは顔には出さず、あずさに礼を言う。
「あずささん、ありがとうございます。なんだかいいこと教えてもらった気がします」
「あら、わたしったら先輩にこんなこと」
「なにをおっしゃっているんですか、境遇的には先輩も後輩もありませんよ。あ、じゃあ
こうしましょう。今の講義はさっきのお掃除講座と交換ということで」
「ああ」
「久しぶりにいいお話を聞けて、目が開いたような気がします。どうもありがとうございます」
「そう言っていただけたら、わたしも嬉しいです」
 デパートの地下出口を抜けると、もう通路の奥に改札口が見える。
「こうやって小鳥さんとおしゃべりしながら歩くのも楽しいですけど」
あずさは小鳥に言った。
「早くわたしも、こんなふうに目的地まで一緒に歩いていける人に巡り会いたいですから」
「そう……ですね、本当に」
 改札口に間違いなく消えてゆく彼女を見届け、そうして小鳥は食器売り場へ戻った。
先刻までの迷いやてらいはない。すでに見定めていたマグカップを改めて見つめる。
「うん。これよね、やっぱり」
 普段使いの汎用カップで、白地に可愛らしい花が焼きつけてある。小鳥の好きな、淡い
クリームイエロー……ひよこ色の花弁と若緑の葉が目に優しく、長く使っていても飽きは
来ないだろう。
 それが、二つ。ペアカップである。
「あ、あの、すみません」
 ちょうど行き過ぎる店員を見つけ、声をかけた。
「このセットをいただきたいんですが。……あ、それで」
 ひとつはプロデューサーに。もうひとつは事務所で使うわけには行くまい。
「簡単でいいので、こちらだけ包んでいただけますか?」
 見た目のおとなしさに比べると値段は少し勇気がいったが……そうは言っても、運命に
だって目印は必要だろう。将来、なにかのきっかけで彼を家に呼ぶようなことがあれば、
その時にこのカップに気付いてもらえるかもしれない。明日にせよ、50年後にせよ。
 気を利かせてくれた店員がカップに美しいラッピングを施すのを眺めながら、小鳥はこの
プレゼントをいかに自然にプロデューサーに手渡せるか、胸のうちで作戦を練り始めていた。





おわり