風船の在処


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

改めて見回せば、本当に大きなテーマパークだと感じた。このご時世、どこにそんな大金があるのかと思う程の開発。
オープン記念の握手会と、風船の配布。雪歩のアイドルランクに見合った大きな仕事であったが、子供相手のそれは滞りなく終了し、撤収は完了している。
その矢先の泣き声に振り向くと、空を見上げる男の子。彼の視線を追う。

これだ。そう思う。
それはもう、手を伸ばしたって届かない。遥か高みを目指して昇る球体は、雪歩に似ている。
11インチのラテックスが、ヘリウムを糧に上昇していく。
あの子は、俺だ。
背後から聞こえた泣き声と、悲しそうな表情。見送るあの姿は、まさしく今か。あるいは未来か。

「プロデューサー」
不意の呼びかけに、意識を戻す。視線を向ければ、雪歩の姿がある。
「風船、余っていませんか?」

雪歩に余った風船のひとつを手渡し、その成り行きを見守る。単純なことだ。男の子のところへ駆け寄り、ヘリウムは無いので自分で空気を入れる。サインをして、手渡す。
たったそれだけの事なのに、胸の空くような思いがする。風船には替えが利く、たったそれだけの事なのに。
男の子の笑顔が眩しくて、目を背ける。もう、あの風船は見付けられなかった。


「お待たせしてごめんなさい、プロデューサー」
ああ、と迎え入れて、お疲れ様と労う。何でもないように装う。
何だか放っておけなくて、と笑顔で話す雪歩を見て思う。この子はどこか遠くへ飛んで行ってしまった風船に、何か思うところはないのだろうか。
「でも、あの風船なら大丈夫ですよ」
「・・・何が?」
「勝手に飛んでいくことなんてありませんから」
「は?」
「中身はヘリウムじゃないですし」
振り向いて男の子を見ると、風船は彼の両手を行き来している。
まあ、それはそうだ。この子が口で空気を入れたのだ。浮かばないに決まっている。

「雪歩、変なこと聞くぞ」
「え?あ、はい」
気付けば、雪歩に尋ねようとしていた。少しだけ躊躇って、言葉を絞り出す。
「雪歩は飛んで行った風船と、あの子の手の中の風船と、どっちが好きだ?」

我ながら、訳のわからない質問である。案の定雪歩は難しい顔をし、しかし真剣に考えてくれる。

「えっと、私はきっと、飛ばない風船の方が好きだと思います」
「どうして」
「だって、飛んで行ってしまう風船はどこへ行くのかわからないですし。それに、ひとりぼっちです」
「ひとりぼっち?」
はい、と首肯。
「でも飛ばない風船なら、あの子と一緒に居られます」

もう一度、今度はふたりで振り向く。そこにはもう、あの親子連れは居なかった。

「・・・飛んで行った風船は、飛ばない風船よりもいろんな場所へ行けるんじゃないか?」
陳腐な比喩表現だと、そう感じる。
「いろんな世界を知れるし、いろんな事も出来る。きっと、飛ばない風船よりも自由だ」
「なら飛ばない風船は、あの子にいろんな場所へ連れて行ってもらえると思います」
断固として告げた雪歩の視線は、とても力強かった。
「飛ばない風船だって、いろんな世界を知ることが出来ると思います。いろんな事も出来ると思います」
いつもは合えばすぐに逸らされてしまう視線が、交わっている。だから、と彼女は言い放つ。その矛先は、俺に向いている。
「私は、あの子と一緒に居られる飛ばない風船の方が好きです」


目を閉じ、息を吐き出した。思考の切り替えを一瞬で終え、雪歩へ向き直る。
「何でこんな話になったのかな」
「プ、プロデューサーが変なことを尋ねてきたんじゃないですかぁ!」
そうだっけ、と恍けてみれば、もぅ、と彼女は怒りだした。何となく、頬が紅い気がする。気がしたので訊いてみると、余計に怒り出して真っ赤になる。
どこまででも連れて行くと、そのために自分は居るのだと、空を見上げて思う。だから俺は、知りません、なんて怒りながら歩みを進めてしまう雪歩を追いかけていた。