helium > 0.138


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「はい。これならもう、飛ばされることはないわ」
そんな千早の声を聞きながら、空を見上げていた。
雲ひとつ無い、美しい夕焼け。忙しくて、ずっと見ていなかった景色。
そこに溶けていく青は、ずっと彼の手の中にある筈だった青。
0.138の比重は、天然ゴム製の洋梨形を押し上げていくヘリウム。
彼とは誰だ。あの子か、俺か。球体は、赤に溶けゆく。
じゃあね、と声が聞こえる。ばいばいと声が響く。
さよならの挨拶に意識を戻せば、隣には彼女の姿があった。

「ただいま戻りました、プロデューサー」
「ああ」
珍しいなと思う。歌うことが全てだと言っていたこの娘が。そう思ってすぐに、考えを改める。これはこの娘の成長だろう。ならばそれは、喜ぶべきことだ。
千早は成長していく。その姿はあの風船のようで、ふと空を見上げた。真っ赤な空、夕暮れ。あった筈の青は、どこへ行ったのだろう。
「どうかしましたか?」
そんな質問に、苦笑が漏れた。いや、と返す。
「なんとなく、あの風船が千早に見えた」
「私、あんな体型じゃありません」
苦笑が笑みに変わるのを実感し、そうじゃないよと否定する。拗ねるような表情も、きっと成長の現れだ。
「昇っていく風船と、あの子の手の中にある風船とを見比べて思った。千早なら、あっちだ」
空を指差す。そこにはもう、あの風船はないけれど。それでも千早と空を見上げる。
「飛ばない風船より、どんどん昇っていく風船の方が私らしい、ですか」
「ああ」
視線を千早に送れば、まだ空を見上げたままの顔がある。何かを考えるような表情に、声を掛けるのは躊躇われた。
聞こえてくる笑い声や叫び声、全てを振り切って物思いに耽る少女。なかなか絵になると、そう感じる。
「確かに、プロデューサーの言う通りかもしれません」
「そうか」
「はい」

すぐ隣を、笑い声がふたつ駆けていく。手には風船、緑と赤。手を離せば飛んでいってしまう、0.138。

「私は、もっと昇っていきたいと思いますから」
相槌を打つ。視線は再び空へ。
「これまで、本当に多くの人たちに歌を聴いてもらいました。でも、もっと先があると思います」
「だから、俺の言う通りだと?」
そうですね、という返事。
「私はきっと、どこまでも飛び続けたいんだと思います」
「なら俺は、いつかお前を見送らないといけないな」
そんな言葉が吐いて出る。女々しいなと自嘲の笑みが漏れ、しかしそれは、確かに本心だ。
「きっと俺は、千早についていけなくなる。あの風船みたいに、届かなくなる」
それは、言ってはならない事だったと思う。それは甘えで、もしかしたら彼女の成長を妨げる一言。しまったと思うが、もう遅い。
千早の雰囲気を気に掛けるが、別段変化はないようだった。代わりに呼気が漏れる。
千早の笑顔がそこにあって、笑うなよと制すれば、すみませんと笑み混じりに返される。
彼女が続ける。
「プロデューサー、勘違いしてますよ」
「何がだ」
「風船は、風船だけでは飛べないんですよ?」

年相応の笑みと共に、紡がれる千早の言葉。
「風船の中にヘリウムがあるから、遠くへ飛べるんです」
「・・・え?」
いいですか、と千早は人差し指を掲げる。
「もし私が風船なら、プロデューサーはヘリウムです。プロデューサーが、私を遠くへ飛ばしてくれるんです」

一瞬、言葉を紡ぐことができなかった。
呆然としたと思う。目を見開いたかも知れない。
掬い上げられた気がした。この、自分よりもひとまわり小さな少女に。
考えれば、こじ付けのようだ。千早が俺に同情してくれたのかとも思う。
だがそうでない証拠に、満面の笑みを浮かべた少女が居る。本当に、救われた気分だ。
嬉しさを感じて、気恥ずかしくなったので俯く。
この話は、もう終わりだ。

「・・・つまり俺はヘリウムのように軽い男だと」
「え?あ、そういうことでは」
途端に慌てだした千早に追い討ちを掛ける。
「ああ、俺、こんなにも千早に一途なのに。そんな男だと思われていたなんて・・・」
「い、いえ、だからそういうことではなくてですね、その、えっと」

必死に解説を試みる千早の声を聞きながら、忍び笑いを浮かべる。幸せな気分を抱きながら、事務所を目指した。
この娘が風船で、俺がヘリウム。その表現は間違っていないのだと、そう思えるように。だから明日も、明後日も、その後も、この娘を飛ばし続けようと思う。