Wizard and Witch


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 あちらのアトラクションへ、こちらのカフェへと慌しく駆け回っていた人々の足並みも帰路へ落ち着き始め
た頃、ステージショーの司会進行とライブを行っていた律子も撤収を終えてステージ脇へ戻ってきた。トーク
への食いつき、遊園地という場所を考えると十分といえるライブの盛り上がりを考えると、今日の仕事は成功
だった。これから先へ繋がる大きな一歩になるかもしれない。
 笑顔を隠しきれない様子でこちらへ歩み寄ってくる律子の表情も、そのことを物語っていた。
「プロデューサー、お疲れ様です」
「ああ、お疲れ様。随分と楽しそうだったな」
「ええ、今日は気分も乗ってましたし、ステージの前の方にいたチビッ子がもう可愛くって、うふふ」
 声を弾ませて、スキップになりかけの軽い足取りで律子が俺の横に並んだ。ステージの脇から見ていた俺も
俺でまだ興奮冷めやらぬ所だが、張本人はそれ以上のようだ。


 出口に向かって歩いていく人の流れに逆らうようにして歩いていると、ふと一人の少年が目に入った。パタ
パタと元気良く、人の合間を縫って走る彼の手には紐付きの風船が握られている。
 ああ、あれは律子がイベントの時に配っていた──
「あ……」
 俺が少年の手元を見た瞬間その手がふいに開かれて、重力に縛られていた風船が宙に浮かび上がった。
 風船と空との境目には、何も無い。このまま放って置けば、風船は空の彼方へと消え去ってしまう。
 何か言葉をかける前に飛び出し、思い切りジャンプする。
 どうやら間に合ってくれたようで、俺の手には風船の紐がかろうじて引っかかるようにして残っていた。
「ほい、これ」
「……ありがとう」
 見開いた目を落ち着かせてホッとした、しかしまだ呼吸の整わない彼の手元に、風船が戻る。胸元に刺繍さ
れたワッペンには『ニシヤマ タケル』と、彼のものと思われる名前があった。
「あ、さっきのおねえちゃんだ」
 俺の隣に立つ、まだステージ衣装のままの律子に、男の子が気付いた。
「ステージ見に来てくれてたよね、ありがとう」
 そう返事する律子の顔は、素直に嬉しそうだ。
「おねえちゃん、この風船、すぐ飛んでっちゃうよ」
 幼い瞳が律子を見上げた。さっきも、二、三回ほど風船を宙に放ちかけたらしい。その時は自力で掴めたよ
うだが、この調子だとその内失くしてしまうかもしれない。
「この風船はヘリウムが入ってるから、どうしても浮かんじゃうのよね……」
 さてどうしたものか、と俺が──恐らく律子も──思った時、ポケットのままに入れたままの、膨らませる
前の風船の存在を思い出した。
「よし、ならタケルくん、お姉ちゃんに何とかしてもらおうか」
 腰を屈めて男の子に語りかける。
「えっ、お姉ちゃんが?」
「ああ、今からお姉ちゃんが魔法を使って、風船が勝手にどっか行かないようにしてくれるから」
「ちょっ、ちょっと、プロデューサーっ!?」
 突然の俺の言葉に面食らった律子が横から割り込んでくる。その手に、膨らませた風船と膨らませる前の風
船の両方を握らせて、
「少しだけ席を外してこれを、頼む」
 と、すばやく耳打ちした。
「え? そ、そんなことを突然言われても……」
「ほら、中身がヘリウムだからマズいんだよ」
 ヘリウム、という単語を聞いて律子はピンと来たようで、得意顔になって頷いてくれた。
「なるほど、そういうことね、了解しました。任せてちょうだい」
 小走りに律子が駆け出した。
 丁度俺達の視界を塞ぐようにして立っている大きな看板の裏に隠れた律子が『魔法』をかけ終わるのを、タ
ケルくんとじっと待つ。

「お待たせ、タケルくん」
 程なくして看板の裏から少しだけ息を切らして現れた律子は、その手に青い風船を携えていた。中身を目で
確かめずに渡したが、丁度都合のいいことに、タケルくんの持っていた風船と同じ色のものだった。見た目に
はほぼ同じだ。ただ一点、律子のサインがマジックで書き入れられている所が、元の風船と違っていた。
 その風船を、まだ呼吸が整わない赤ら顔の律子は、タケルくんの小さな掌に渡した。
「おまじない、かけておいたよ。手を離してごらん」
 律子が呼びかけるままにタケルくんが紐を手放すと、青い風船はゆっくりとゆっくりと地面に向かって落ち
て行き、音も立てず優雅に着地した。
「飛んでかない……!」
 タケルくんの瞳が感激にキラキラと輝く。
「勝手に飛んでいかない代わりに、今度はタケルくんが風船を引っ張っていってあげるんだよ」
「すごいや、ありがとう、おねえちゃん!」
 大喜びで、タケルくんは風船の紐をぶんぶんと振り回した。


 ……と一息安心した所で、俺はあることに気が付いた。
──この子、一人じゃないのか?
 てっきりその辺から両親が様子を見守っているんじゃないかとばかり思っていたが、周囲の大人はただただ
出口に向かって、あるいはギリギリまでアトラクションを楽しもうと、無情に流れていくばかりだ。
 律子もそのことに気が付いたのは同じのようで、
「プロデューサー、この子──」
 と言いかけたが、タケルくんの方が若干早く状況を感知していたようだった。
「あ……おかあ、さん……!」
 きっと、風船を持って走り回るのに夢中になっている内にはぐれてしまったのだろう。手元から風船が離れ
ていく瞬間に俺達と出くわしたものだから、頭の中から両親の存在が一時的に抜けていたのかもしれない。
 タケルくんからさっきまでの笑顔が瞬時に消え去り、眉間に皺が深く刻まれ始める。
「ひっく……う……」
「タケルくん、大丈夫よ」
 律子がしゃがみこんで、ハンカチでタケルくんの目元を拭った。
 そして、俺の方に振り向いて、
「今度はこのお兄さんが、魔法を使ってお父さんとお母さんをここに連れてきてくれるから」
 と言って、べそをかくタケルくんの頭をそっと撫でた。
「……今度は、そっちの番ですよ」
「おじちゃんも……まほうつかいなの?」
「お、おじ……!」
 少々引っかかるワードがあったが、今はそれを気にしている場合では無い。律子が目配せする先に視線を送
ってみると、この付近のマップと思しき立て看板が遠目に見えた。
 迷子、地図、ここに連れてくる──断片的なキーワードが一つに繋がっていく。
「よし、タケルくん、今からお父さんとお母さんを連れてくるから、ここで待っててくれよ」
 律子に彼を任せ、目印になりそうなものを探しながら、立て看板の元へ走った。地図を確認してみると、迷
子センターはここからそう遠くないようだ。そこまで連れて行けば……と思ったが、そうじゃない。本当はそ
れが最も正しい解決法なのかもしれないが、律子の提案に込められた思いを、汲み取りたかった。

 迷子センターまで時間はかからなかった。係員に彼のフルネームを告げ、事情があってA-5ブロックで待って
いることを伝えると、すぐにアナウンスが流れ始めた。広い園内に、エコーがかかる。
 いくら幼いとは言っても、この魔法はタケルくんにはすぐバレてしまうかもしれない。
 予想外に大きなアナウンスの音量に、そんなことを思った。それでもよかった。


 先程の場所に戻ってみると、俺が予想していたよりも遥かに早く、両親と思しき二人がタケルくんと律子の
間に立っていた。俺が早足で律子の近くまで戻るなり、両親は恭しく何度も頭を下げてきた。母親は、すみま
せんすみませんまったくこの子は、と早口にタケルくんを諭し、父親はそれを諌めながらも、ホッとした表情
で家族を見守っていた。
 当の本人は、両親に会えて安心したのか、もう帰らなくてはいけない予感に寂しさを感じたのか、どちらと
も取れない複雑な顔をしていた。


 それから数日後。事務所に届いた律子宛てのファンレターの中に、住所は綺麗な漢字で書いてあるのに、氏
名だけがやけに歪なひらがなで書いてある封筒があった。中身に不審物が無いか一応確かめるために封筒は全
て開くのだが、今日は真っ先にその封筒を開いた。心当たりが有り過ぎたのだ。
 ひらがなばかりで書かれていたのは、『おじちゃん』と『おねえちゃん』へのお礼だった。内容や言葉遣い
から、あの年頃の男の子が書ける文章とは思えないので、きっと親に見てもらいながら書いていたのだろう。
 便箋の罫線なんて全く無視していて、文字の大きさもバラバラ。そんな、クレヨンの匂いが漂ってくる手紙
の中で、彼は
「ぼくもまほうつかいになりたいです」
 と、わざわざ赤い色に持ち替えてそう書いていた。便箋の隅には、達筆な字で添え書きがあった。きっと、
傍で彼の監督をしていた母親のものだろう。
 他の封筒の中身も確認してから、俺は束ねて律子のデスクへ向かった。
「律子、ファンレター来てるぞ」
「おっ、ありがとうございます」
 キーボードの上で指を躍らせていた律子が手を止めてこちらに向き直り、俺の手から封筒を受け取る。
「あ……これって」
 律子もすぐに、一つだけ異彩を放つ封筒に目を留めたようだった。
「タケルくんからだっ」
 わざわざ宛先調べてくれたんだ、と律子はいそいそと中身を取り出す。
「ふふっ、クレヨンのファンレターなんて初めてかも。なんだか、とっても素敵ですね」
 律子は弓なりに目を細めて、優しい顔で手紙に見入っていた。
 しばらくしたらレターボックスに入れておいてくれよ、と一声かけて、その場を後にする。
 自分のデスクに戻る前に振り返って見てみると、律子は丁寧に便箋を畳んで封筒に入れ、滅多に開けられる
ことの無い右側の引き出しへこっそりとしまっていた。
 細く編んだお下げの髪越しに、眼鏡を持ち上げて目元を拭う仕草が窺えて、胸の内が温かくなるようだった。

終わり