※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツバル(Tuvalu)


面積:26平方キロ

人口:9929人

首都:フナフティ(Funafuti)

言語:ツバル語、英語


テレビ:なし

ラジオ:3000台


人口が毎年減少している国。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が地球の海面は

西暦2100年までに880mm上昇するとしたことを受けて、

タラケ首相は国民の海外脱出を決意しました。


ツバルはサンゴ礁の9島から成っていますが首都のある

フナフティ島は全長が12km、最大幅が700mの細長い島で

平均標高は1.5mしかありません。

しかし高潮は3m前後にも達するため、住民は高潮や

サイクロンのたびに内陸に避難しなければなりません。

加えて井戸には大量の海水が流れ込んでくるため

飲料水にも事欠く状態が続いています。


ツバル政府はオーストラリアとニュージーランドに

特別移住の枠を要請しますが、オーストラリアはこれを

拒否。ニュージーランド政府は太平洋諸国向けの

労働移民枠を拡大して、年齢が45才以下で英語ができる

ことを条件に年間75人の受け入れを決定します。


このまま黙って引き下がるタラケ首相ではありません。

まず、インターネットのドメイン名「tv」の管理権を

アメリカ企業に売却し、毎年200万ドルの使用権を受け

取ることによって、それを資金源に世界的な反温暖化

運動を開始。このドメイン名はテレビの略称として使用

できるため高く売れました。


タラケ首相がどういう人かはよくわかりませんが

かなり根性のある人物のようで、隣国のキリバスや

インド洋のモルディブと組んで世界的大企業を相手に

国が沈みかかっている責任を取れと訴訟を起こします。

相手は、石油、自動車、タバコ、武器メーカーです。


かなり乱暴な手法のようにも思えますが、次に

どのような手を打ってくるのか世界中が見守っています。


したがって放送どころではないたいへんな状態の国家

ですが一応ラジオ放送は現在もおこなっているので

記しておきます。


テレビ:放送なし

ラジオ:国営のラジオ・ツバルが毎日6時間放送


書き忘れるところでしたがツバルは元々貧しい国で

経済は海外出稼ぎ労働者の送金が支えています。

住民はポリネシア系で、言語はサモアやトンガに近い。

公用語は英語になっています。



本日のメディア用語

S-Band

衛星通信用の2.5~2.6GHzの周波数帯


C-Band

衛星通信用の11.7GHz以下の周波数帯

4GHz帯が多い


K-Band

Ku、Ka、などに分かれていて12GHz帯の

すぐ下の周波数帯のKuバンドが一般的。








-