一方通行(アクセラレータ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出典:とある魔術の禁書目録
CV:岡本信彦

学園都市の超能力者(レベル5)第1位、つまり学園都市最強の能力者である。
とある理由により更なる高みである絶対能力(レベル6)を目指しており、そのために
妹達を相手に凄惨な実験を行っていた。しかし本作ではテレスティーナ・木原の
誘いを受け、管理者の戦力となることで進化を計る。

その能力は触れたあらゆる力のベクトルを操作してしまうこと。
攻撃の反射はもちろん、重力や気圧を操作して宙に浮いたり、反作用を返して
打撃の威力を倍増するなど、基本的にやりたい放題の、まさに超能力である。
美琴では手も足もでず、突破できるのは上条を含むごくわずかの人間のみ。
(テレポートによる体内転移に耐性があるかについては言及されていないため、
黒子が相手になるかどうかは不明)

海馬ランド襲撃において始めて実戦に参加。やはり美琴を圧倒するが、
幻想殺しの前に一時撤退する。
ちなみにこの戦闘で使用した黒い羽は、画面上では無数の羽を飛ばしているが
実際は一方通行本人に羽が生えた後、正体不明のベクトルを操る攻撃である。
初登場も原作第13巻。本作の時系列では大分先の話である。