シグナム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出典:魔法少女リリカルなのはシリーズ
CV:清水香里

八神はやてにつかえるヴォルケンリッターの一人。
通称「烈火の将」
一見クールに見えるが内面は結構苛烈であり目の前の相手に集中しすぎで目的を忘れることもしばしば。

しかしこの作品に限ってはその面はほとんど見せず、ニート根性まるだしの「烈火」ならず「劣化の将」とも・・・
CVが同じせいなのからき☆すたのひよりと同じく同人作家であり自ら作った社長×モクバ本を海馬社長にわたすなどしており、海馬ランドでの出店に成功している。
新必殺技「ファントムフェニックス」(本ネタはスパロボA及びOGのラミア・ラブレス、こちらも中の人ネタ)を新たに編み出したがカレーパソマソにはまるで通用せず、
海馬ランド襲撃時には愛用のデバイス「レヴァンティン」の使い方を忘れるなどの失態がたびたび見受けられる。

原作での彼女は当然ニートではなく、ちゃんと機動六課の一員として働いていた。しかしなのは達とは別行動が多く、特に新人教育は苦手(模擬戦でも本気になってしまうことがある)だったため序盤は出番が控えめだった。
そのため、画面上では仕事をしていない→シグナムニート説がネット上で流行った。