※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陣営

  • 狼陣営

勝利条件

  • 村人の数が狼の数と同数以下になれば勝利。
簡単に言うと「狼の数が3人」に対して「村人の数が3人以下」になれば勝利条件を満たします。
「狼の数」に狂人は含まれません。

  • 狂人は「狼の数」には含まれず、村人の数に含まれます。

  • は「村人の数」にも、「狼の数」にも含みません。

敗北条件

  • 狼が全員死亡する。
狂人が生存していようと、狼が全員死亡すれば敗北となります。

  • 勝利条件を満たした時に妖狐が生存している。
これは妖狐が勝利条件を満たした事になり、その他陣営は敗北となります。

死亡条件

  • 処刑されると死亡します。
これはどの役職でも一緒です。

特殊能力

  • 毎晩、任意の対象を1人選択して殺害する必要があります。

  • 殺害対象が狩人に護衛されていたり、妖狐だった場合は殺害出来ません。(死体なし)
  • 狩人に護衛されている対象は殺害出来ません。
  • 殺害対象が狐だった場合は殺害出来ません。

  • 人狼同士、誰が人狼なのかが分かります。
人狼が複数いる場合はお互いに誰が人狼なのかが分かります。
人狼と狂人はお互いに誰なのかは分かりません。

  • 人狼同士で相談出来る。
人狼が複数いれば、夜の時間に限り「遠吠え」を利用して人狼同士で相談出来ます。

「初心者向け」

  • 騙りと潜伏
狼は騙ることが許されていますが、全員が騙ったりすればすぐにばれて吊られてしまいます。
よって、騙りと潜伏をうまくこなさないといけません。基本は一人が騙って残りが潜伏といった1騙りが基本になります。

  • 占い騙り
騙りに出やすいのは占い師です。また、占い師は他の役職と比べ、影響力が強いことから、後半まで残ることが多いです。うまく進めば占いを乗っ取れて勝ちに行けますが、噛み先と占い先が不自然にならないようにしつつ、狐の銃殺対応などをこなさなければならないなど簡単ではありません。

  • 霊能騙り
霊能騙りは占い騙りとは違って、村人視点では真偽がつきづらく、ある程度不慣れでも不信に思われることはほとんどありません。しかし、真偽がつきづらいことが災いして、霊能ローラーで殺されることがほとんどです。そのため生存できることはないと思って騙りに出てください。

  • 狩人騙り
狩人騙りのメリットは吊りから逃れられることです。共有者の指定や、確定○からの指定を受けた時に狩人COすることで、吊りを逃れられる可能性が上がります。また、真占いから●をもらった際に行うことで、吊り逃れに使うこともできます。ただし、使いどころは最も難しく、対抗が出ればローラーされたり、対抗を噛めなくなったりしますし、COすることで不信に思われることが多いです

  • 潜伏
潜伏狼は騙りに出た狼よりも重要になります。なぜなら、噛まれない役職というのは村人からすれば怪しく見えますし、グレランで吊られてしまえば、役職噛みをやって吊られることができなくなります。また、潜伏すれば占われることで偽占いの把握をしたり、●をもらった時にはうまく立ち回ることで吊りを逃れたり、占いの信用を落とせます。

人狼講座~狼サイド~


こんなモノ見つけたのでよかったら御覧ください!
http://ja.justin.tv/tadanoinu/b/289331546
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。