※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

狐陣営

  • 狐陣営

  • 村人陣営でも狼陣営でも無い第三の陣営
狐は村人陣営でも狼陣営でもありません。
しかし、狐陣営の勝利条件はその他陣営が勝利または敗北条件を満たした時点で、
生存している事が勝利条件な為、各陣営の勝利条件または敗北条件を知っておく必要があります。

特殊な勝利条件

村人陣営または狼陣営が勝利または敗北した時点で生存している必要があります。
簡単に言うと、村人または狼が勝った時に生きてれば狐の勝利となります。
勝つ為には「死なないこと」が極めて重要です。

生存数にカウントされているが、村人でも狼でも無い
8人生存している場面に狐が生存していたとしても、実質的には7人扱い。
少しややこしいかもしれませんが、各陣営の勝利条件に極めて重要な事なので、覚えておきましょう。

例えば「村村村村狐狼狼狼」のような8人が生存している場面。
生存者数的には8人とカウントされていますが、狐は村人でも狼でも無い為、
実質的には「村村村村狼狼狼」の7人が生存していると考えます。

村人の勝利条件が「人狼の全滅」に対して、人狼の勝利条件が「村人と同数以下になる」となっています。
その為「村村村村狐狼狼狼」のような8人が生存している場面で「村」が1人死亡した場合、
「村村村狐狼狼狼」となり、狐は「村」にも「狼」にもカウントされない為、
実質的には「村村村狼狼狼」となり、人狼の勝利条件である「村人と同数以下になる」を満たします。

そこで狐の勝利条件である「村人/狼陣営が勝利条件を満たした時に生存している」を満たす為、
狐の勝利です
もちろん村人陣営の勝利条件である「狼の全滅」時に狐が生存していれば、狐の勝利となります。

敗北条件

狐陣営のプレイヤーが生存していない状態で、村人陣営または狼陣営が勝利条件を満たす。

死亡条件

  • 処刑されると死亡してしまいます。
これはどの役職も一緒です。

  • 狼の殺害対象になっても死亡しません。
狐は狼の殺害対象になっても朝の死体になりません。
ですが、占い師に占われると朝の死体になってしまいます。

  • 占い師に占われると死亡してしまいます。(呪殺)
占い師に占われると呪い殺されてしまい朝の死体になってしまいます。
役職が「占い師」の人に占われると死亡するのであって、
偽占い師に占われても、朝の死体になる事は絶対にありません。

狩人に護衛されていようが占われると死亡します。
占い師に占われた時に狩人に護衛されていても、
呪い殺されてしまい、朝の死体になります。

特殊能力

  • プレイヤーが行使する特殊能力はありません。
書いてある通りで占い師のように毎晩何かをする必要はありません。

狐同士、誰が妖狐なのかが分かります。
狐が複数いる場合はお互いに誰が狐なのかが分かります。

  • 「念話」を使って狐同士で相談出来る。
狐が複数いれば、夜の時間に限り「念話」を利用して狐同士で相談出来ます。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。