※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

スカイプ、大規模なサービス障害が発生

 2010年12月23日 15:55

 インターネット電話大手「スカイプ(Skype)」で22日、システムダウンによる接続障害が発生した。「スーパーノード」と呼ばれる中継役のユーザーが障害によってオフラインになったことが原因という。

 同社ではこの障害を解決するために、エンジニアが新しい「メガ・スーパーノード」を早急に作成しているという。今後の見通しとして、少しずつ問題は解決していくことになると見られるが、作業には数時間を要するとしている。グループ・ビデオ通話などいくつかの機能は、障害の復旧までにさらに時間がかかる可能性もあるという。

 Webサービスでは、サービスを受ける「クライアント」がサーバにアクセスしてデータを送受信するクライアント・サーバ型という形態が多く利用されるが、スカイプはクライアント同士が接続してデータ交換を行うピアツーピア(P2P)というネットワーク形態を利用している。

 今回の障害の原因となった「スーパーノード」は、P2Pネットワーク内で電話帳のような働きをしており、スカイプのアプリケーションがユーザーの通話相手をすぐに探せない場合、まずこのスーパーノードを探そうとする。通常の状態であれば、多くのスーパーノードが使用可能状態にあるが、今回は、多数のスーパーノードが複数のスカイプのバージョンに影響を及ぼす障害によって、オフライン状態になってしまったという。

 なお、同社はツイッター・アカウント@skypeで最新の状況を案内している。

                                             財経新聞より抜粋

追記

23日21時頃にSkypeから新たな発表がありました。「Skype Blog: Status update on downtime」。それによると、その時点ではSkype社が想定していた30%の進捗で、500万人がオンライン状態になっているとのことでした。(恐らくサインインできた人が500万人に達したと言っているのだと思います(一部の人は"ログイン"と表現していますが))

23日23時頃にSkypeからさらに発表がありました。「Skype Blog: Significant increase in the number of people online」。Skypeが自律分散して動く仕組みであるため、誰も正確な人数を把握出来ないとしつつも、恐らく1000万人ぐらいがオンライン状態になっているとのことでした。ただし、他人のオンラインステータスの更新が遅れていたり、インスタントメッセージの送受信が普段よりも遅かったり、グループビデオ通話は復旧までにまだ時間がかかると述べられています。

24日

12月22日から23日にかけて、人気のVoIPアプリ「Skype」にアクセスできない状態が続いた。日本時間の24日朝、SkypeのCEOは最新状況として、コアサービスは安定稼動しており、通常の90%のユーザー量に対応できるようになったと報告した。

Skypeは現地時間12月22日、ユーザー数が異常に減少したことから調査を開始したと報告、数時間後に復旧するとの見通しを示していたが、予想より時間がかかった。1日が経過した後も完全には復旧できてきない模様だ。Skypeの障害による影響は、特定地域ではなく、世界全体に及んだ。

SkypeはP2Pの仕組みを利用しており、"スーパーノード"とよぶ中継コンピュータに障害が発生したようだ。当初、"メガスーパーノード"を新たに構築することで早期復旧を図った。その後、ソフトウェアの問題によりスーパーノードがダウンしたと原因を突き止め、問題解決を図った。

23日、CEOのTony Bates氏は1,650万人がオンラインになったと報告、これは通常のユーザーの80%に相当する数という。IM、音声、動画などのコア機能の安定化を進め、グループでの動画通話などの機能が利用できるまでもう少し時間がかかると述べた。

Bates氏はその数時間後、最新情報としてSkypeが安定し、通常のユーザーの90%に対応できると報告、「悪意ある攻撃によるものではなかった」と述べている。

多くの国がクリスマス休暇に入っている中での障害となった。CEOは今回の障害のお詫びとして、Skypeの有料サービス加入者(「Pay As You Go」と「Pre-Pay」)に約30分間のSkype Creditを配布すると述べている。サブスクリプションサービス加入者は、1週間分のサブスクリプションサービスを提供する。