エンパワメント


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 個人や家族をパワーの欠如状態におとしめている社会の否定的評価(例えば、重度障害者は自立生活できないといった固定観念など)を減らすことによって、個人や家族の自己信頼を回復していくことができる。
  • さらに、情報提供と知識の譲渡によって個人の自己決定力を増大させ、社会的阻害要因と対決することを支援する一連の過程をさす。
  • 集団やコミュニティが社会的影響力、政治的影響力を得ることを支援する過程も含む。
  • 歴史的には、アメリカのソーシャルワークの分野において、1970年代に登場し、1980年代から脚光を浴びる様になった概念である。



うさんくさいNPO団体とか沢山ありそう。