インクルージョン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 英語で「包摂」「包含(ほうがん)」を意味するインクルージョンは、障害児教育の分野から提唱された理念、または実践のことである。
  • 1994年にスペインのサマランカでユネスコが開催した「特別なニーズ教育に関する世界会議」において採択された「サマランカ宣言」で、個々人の多様性やニーズを踏まえた教育システムを構築し、特別なニーズの有無により学ぶ場を隔てるのではなく、特別なニーズに対する支援を行い、共に学ぶ場を設けることをインクルーシブな教育(Inclusive Education)と呼び、この必要性を認めたことから広く取り上げられるようになった。
  • また、通常の学校システムに障害児を「投げ込む」(ダンピング)だけで、個々のニーズに対応できていないという批判を受けたインテグレーションの課題を克服するものでもある。
  • 近年では、障害児教育の分野にとどまらず、障害者福祉、さらには社会福祉において、個々人の属性やニーズを理由に制度や社会システムによる差別は受けないとする理念的市中として用いられている。