9歳の壁


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ろう教育学者の 萩原浅五郎 は、聴覚障害児が健常児の小学校中学年(8,9歳頃に当たる)のレベルを超えて学習を進めることが難しいとして、「9歳の峠(壁)」と呼び、それをどう克服していくかが教育上の重大な課題であるとした。
  • その後、聴覚障害児に限らず、一般に於いても、この時期に学校での学習を理解できない子供が急激に増加することが指摘されて、広く子供の発達途上の問題としてこの言葉が用いられている。