地方版エンゼルプラン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 地方自治によって策定された子供・家庭施策の計画書である 児童育成計画 をさす。
  • 1994年12月、当時の文部・厚生・労働・建設の4省庁による「今後の子育て支援のための施策の基本的方向について(エンゼルプラン)」が策定されたことを受け、政府は。翌年度から、地域の実情に応じた「児童育成計画」(地方版エンゼルプラン)策定を行う自治体に対して助成を行った。
  • 全国で、47都道府県と3割弱の市町村が計画を策定している。子ども主体の立場から、子ども自らの育ちとそれを支える環境整備の展開を柱としている。