子供に対する延髄蹴りのパターン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本的にAVAやりたいときに限って子供がじゃれてくる。

そんな時は猪木ばりに技を仕掛けるのが効果テキメン!!

猪木の代表的な技として・・・・・

そのまえにアントキの猪木じゃぁなくってアントニオ猪木だからねっ!!!

話は戻り、延髄蹴り~これ最強

延髄蹴りとは・・・・

立っている対戦相手の横や斜め後ろに立ち、その場でジャンプして、
相手の後頭部めがけて自らの片足を伸ばしながら回してキックを行う。
選手によって挙動に差があるが(後述)、使用者代表格で考案者の
アントニオ猪木はジャンプの頂点で蹴りを繰り出す。  (wiki転載)

まぁ、わかりやすく言うと後頭部から首の後ろのあたりに蹴りを入れるという
技なのです。

子供のころに親父に無理やり見させられていた「ワールドプロレスリング」の8:45頃になると
猪木が延髄蹴りを繰り出し試合が終わるという光景を何度見たことか・・・・

今は大人になり、子供の後頭部に余裕で足が届くので・・・・・・
なわけです。

みんなも、大人になり子供ができたら是非延髄蹴りを繰り出し、自分の時間をゲットするのだ!

夜泣きで起きた子供にもこの技は結構有効なので是非お試しあれ。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|


2009年11月19日設立

メンバー:現在20名

カウンター: -

Main Menu


メンバー関連



戦略情報




MAP情報






武器情報






Sub Menu





外部リンク


ページ更新履歴

取得中です。




javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。