塩の道


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

塩の道


塩の道は、日本の街道のひとつ。中世において日本海側と太平洋側から信濃国に塩を運ぶ役割を果たし、現在の塩尻市で合流した。新潟県側の千国街道(ちくにかいどう)(別名:糸魚川街道・松本街道)は、糸魚川~松本~塩尻。愛知県側の三州街道(別名:伊那街道・飯田街道)は岡崎~足助~飯田~塩尻。数々の関所や番所、城下町などもあり、地域沿線では、歩荷(ぼっか)と呼ばれた当時の人夫姿や旅姿などに扮して「塩の道祭り」も行われている。長野県北安曇郡小谷村には復元された「牛方宿」も残り、昨今、番所跡も復元され、観光の名所となっている。各所に残っている馬頭観音などは、物資輸送中に息絶えてしまった馬の霊を鎮めるために建立されたとされている。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|


2009年11月19日設立

メンバー:現在20名

カウンター: -

Main Menu


メンバー関連



戦略情報




MAP情報






武器情報






Sub Menu





外部リンク


ページ更新履歴

取得中です。




javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。