※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



☆チュートリアルでの活用

 ◇「チューターの説明」
 ◇「自分のPR」
   を話すことが主流
  その他の要素『  』『  』などの派生も考えられる
~話す時期~
 ・基本的には各学期の初講or第2講で話す人が多い
     (自己紹介の一環として)
 ・

☆チューターとは

   チューターって何? ページ参照

☆チューターの存在と役割

   チューターの役割は様々あり、存在意義は人それぞれ持っているものでいいと思う

◆チュートリアルで有用な情報提供


◆受験経験者の立場としての役割

  自分の合格体験や失敗談から、アドバイス

◆生徒により(年齢的に)近い立場

  相談を受け、アドバイスするためにより近い存在である

◆講師の補佐

  講師のプリント準備・テストゼミ運営などがこれにあたる
  また授業ノートをとることで、授業の記録を残す

◆欠席者や途中入塾者などへフォロー要員

  欠席者に対しては「授業ノート」を
  途中入塾者に対しては、遅れを取り戻すフォローを提供する

☆原則禁止事項と例外

自分のチューター歴

  特に「新人」とは言ってはいけない

自分の大学名

  ◇名大講座・南山講座など、大学名を言う事がメリットとなる場合はok
  ◇イベント(名大イベント)などで自分の大学を言う事が効果的なとき
  ◇講師が言っちゃったとき

チュートリアル構成例








関連項目

(関連しそうなページリンク記載)

(関連しそうなページリンク記載)

(関連しそうなページリンク記載)

(関連しそうなページリンク記載)


メモ欄(追加情報があるときはココへ)



登録タグリスト・クリックでタグ検索へ