※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


☆チュートリアルでの活用

 ◇「どれくらい勉強したか」(体験談や友人談)
 ◇「何をどれくらい勉強すべきか」
   を話すことが主流
  その他の要素『勉強法』『勉強場所』などの派生も考えられる
 単に時間について話すだけではないということを下で紹介する
~話す時期~
 ・基本的にはいつ話してもいい

 ・「勉強法」の一環として話す・・・この場合時期は不定
 ・「生活サイクル」の一環として話す・・・この場合時期は不定
 ・

☆単に勉強時間として

 「どれだけ勉強したらいいですか?」よくある質問だが、どう答えるか
 体験談として具体的な時間を提示するのか?

☆考慮すべき事柄

学力レベル


量よりも質?


何をどれくらい?内容が大事



 リンク例     

チュートリアル構成例








関連項目

勉強場所

(関連しそうなページリンク記載)

(関連しそうなページリンク記載)

(関連しそうなページリンク記載)


メモ欄(追加情報があるときはココへ)



登録タグリスト・クリックでタグ検索へ