FMEセットアップ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

FMEの設定方法


FMEとは

  • FMEとは、Flash Media Encoderという、動画配信用のツールで、Adobeのホームページでフリーで配布されています。入手するには、ユーザ登録が必要ですが、登録料金は無料です。現在、Ver3.2が公開されています。32ビットアプリケーションですが、Windows 7 64bitでも動作します。
  • マシンパワーと通信回線の帯域が必要です。250~300Kbpsくらいの帯域がないとあまり綺麗な動画にはなりません。
  • 電波が途切れると、その時間分、ラグがたまります。ラグとは、キャプチャされた動画像が実際に視聴者に届くまでの時間差です。これが大きくなると、コメントを送っても、配信者からの返事が遅くなります。
  • こうしたデメリットがありますが、同じ帯域でも、よりなめらかな動画を配信することができるので、使っている人が多いです。

入手方法

  • Adobeの Flash Media Encoder 3 のページの、「Adobe Flash Media Live Encoderの無償ダウンロード」と書かれた下の、Version 3.0* をクリックしてダウンロード。

インストール

  • ダウンロードしたインストーラを起動すれば、難なくインストールできます。

コマンドライン版がうまく動かない


設定方法

FMEを起動し、nico生用の設定を作成する

  • Flash Media Encoder 3.2 を起動します。
  • 各種の設定を以下の手順にしたがって実施します。

Videoの設定

  • ①Deviceの設定
    • 放送に使用するデバイスを指定します。この例では、ManyCam Video Source を設定しています。
  • ②Formatの設定
    • V6とH.264が選べますが、車載の場合は、H.264がよいでしょう。
  • ③Frame Rate
    • 1秒間に何コマの生成するかを指定します。大きくするとなめらかな動画になりますが、帯域がたくさん必要になります。10~15がよいでしょう。用いるカメラによって、指定できるフレームレートが異なります。
  • ④Input Size
    • カメラから取り込むサイズです。Outputサイズよりも大きなサイズを設定しましょう。むやみに大きな値を設定しても、重くなるだけなので、ほどほどに。
  • ⑤Bit Rate
    • ビデオと音声のビットレートの合計が384Kbpsを超えないようにする必要があります。放送に用いる回線の太さも考慮して、200~250程度に設定します。
  • ⑥Output Size
    • 大きな値にするほど綺麗になりますが、帯域がたくさん必要になります。512x384、384x288などがよくつかわれています。縦横比を変えたい場合は、Maintain Aspect Ratioのチェックを外します。

Audioの設定

  • ①Deviceの設定
    • 放送で用いる音声を指定します。たいていは、マイクを用いることになるでしょう。
  • ②Formatの設定
    • 音声のコーデックを選択します。MP3を選びます。
  • ③Channelsの設定
    • モノラルで放送するか、ステレオで放送するかを選びます。好みにもよりますが、帯域を減らすために、モノラル(Mono)に設定します。
  • ④Sample Rate
    • 44.1でCDレベル、22.05でFM放送レベルです。帯域を減らしたいので、22050Hzに設定します。
  • ⑤Bit Rate
    • モノラルで22.05Kなら、32Kpbsで十分です。
  • ⑥Volumeの設定
    • 音声のインジケータを見て、マイクに向かって話すとちょうどフルスケールに振れるくらいに調整します。通常は、Windowsの録音デバイスのレベルで設定するので、こちらの設定はあまりいじることはないでしょう。

設定ファイルの保存

  • nicovideo_fme.xml に保存
    • NicoLiveをインストールしたディレクトリに、nicovideo_fme.xml というファイル名で設定を保存します。
    • Adobe Flash Media Live Encoder のFile メニューのSave Profile を使って、NicoLiveがインストールされたディレクトリに、nicovideo_fme.xmlというファイル名で保存します。

NicoLive側の設定

  • 「初期設定」の「一般」タブから、「外部エンコーダを利用する」にチェックを入れる
  • 「FME」タブの、「FMLECmdのパス」に、FMEがインストールされたディレクトリのFMLECmd.exeを設定。
  • 忘れずに、「保存」ボタンを押しておく。

参考になるページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。