犬鳴トンネル事件>


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

犬鳴トンネル事件



1988年12月にデートに使う目的で車を窃盗しようとしていた少年達ら5人が、
偶然見つけた知人[工員(当時20歳)]を拉致しリンチの末、両手両足を縛り全身にガソリンを浴びせ焼殺する事件が起きた。
また2000年には犬鳴ダムで死体遺棄事件が発生したこともある。 ウィキペディアより転載。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。