詰将棋-問題003


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

詰将棋

問題003

一応創作です。(z-air-6)

         問題図

ヒント(以下の「+」をクリック)
手数
+...
11手詰

解答(以下の「+」をクリック)
+...
         途中図                    詰め上がり図

▲3一角不成△2一玉 ▲3二と△1一玉(途中図)▲2二角成△同 金
▲1二歩△同 金▲同桂成△同 玉▲2二金まで11手。

初手▲3一角成は△1一玉で打歩詰になるため、不成で入ります。
途中図で再び打歩詰になりますが、▲2二角成と馬を捨てるのが本問いの骨子となる一手です。
ここで、同じ様でも▲2二ととするのは、2一への利きが無くなるため詰まなくなります。
△2二同金と取らせたことにより▲1二歩と打て、以下収束します。

大駒不成の打歩詰回避を作ってみたかっただけです。
紛れが殆どないので、問題としては簡単だったと思います。

:問題に対する質問・意見など

  • 解かせて頂きました、収束もすっきりしていて良い問題ですね。 -- MAT (2012-05-19 23:06:58)
  • いや〜、簡単に詰みそうでちょっとスパイスが効いている。とっても楽しいです。 -- WhiteWizard (2012-05-20 01:39:22)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。