学部の紹介・学部にかける熱い想いでも書いてください。



前期

法社会学入門

馬場 健一(2010年度)
出席:無し
備考1:一度だけ、「裁判を傍聴してレポートを書け」という課題が出た。自由提出だが実質全員出しているらしい。
備考2:期末テストは単語・記述が半々。単語はレジュメをしっかりチェックしてないと全然解けないので注意。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

高橋 裕(2011年度)
出席:無し
備考1:授業はとても分かりやすい。頭に残りやすい授業。
備考2:期末試験は、単語テストと新聞の切抜きを踏まえての論述。単語で点数を取ってくださいといわれた。しかし単語も簡単ではない。
+ 授業・テストの評価
+ コメント


実定法入門

嶋矢 貴之ほか(2011年度)
出席:無し
備考1:眠たい。(←それはお前が家で睡眠をとっていないだけ。)
備考2:期末試験は単語と論述。単語は過去問で対策すればどうにかなる。
+ 授業・テストの評価
+ コメント




現代政治入門

曽我 謙悟飯田 文雄栗栖 薫子(2011年度)
出席:無し
備考1:期末試験は論述。2問出る。今年は政治哲学と国際関係論。
備考2:法律科目に比べ採点はアバウトなので、ぱっと見分からなくても諦めない方がよい。
備考3:政治学・国際関係論系統の先生が毎年持ち回りで担当されているので、来年以降は担当教官が変わる可能性あり。ちなみに2009年度は簑原 俊洋多湖 淳安井 宏樹の3先生方と曽我教授の4人で、2010年度は簑原・多湖・曽我の3先生で担当されていた。
+ 授業・テストの評価
+ コメント



後期

政治過程論基礎

藤村 直史(2010年度)
過去問: 2010年度過去問
出席:時々有り
備考1:何回かの講義で、出席代わりに小レポートを書かせる。「レポートの内容は成績に関係しない」と講義で言っていたが、真偽は不明。
備考2:講義の中で出てきた質問に対して解答を用意していれば期末テストが楽になる。
+ 授業・テストの評価
+ コメント



国際関係論Ⅰ

栗栖 薫子
過去問: 2010年度過去問
(2010年度)
出席:無し
備考1:レポート三つ:期末テスト(持込不可)=45点:55点、の比率で成績決定。(2010年度後期)
備考2:
+ 授業・テストの評価
+ コメント


民法Ⅰ

山本 顯治(2010年度)
出席:無し
備考1:わかりやすい丁寧な授業。教科書は講義中はあまり使わないので、家で復習用に。
備考2:字は汚いので板書を当てにしないこと。予め学友会のサイトの掲示板(講義中に説明があるはず)レジュメを家で印刷してそこに書きこむのがオススメ。
備考3:期末試験は、レジュメ中の例題がほぼそのまま出る。特に「代理」は絶対出る。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

窪田充見(2013年度)
出席:無し
備考1:レジュメが配られるが板書の字が読みにくいので教科書を参考にしながらメモをしていくとよい。よって予習と復習は必須。
備考2:期末は少しひねっていたように思う。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

憲法Ⅰ

赤坂 正浩(2010年度)
出席:無し
備考1:優しそうな先生だが。採点は多分厳しいと思う。期末試験は単語説明系がほとんど。「~と~の違いを説明せよ」みたいなのもあったはず(うろ覚え)
備考2:期末試験前の授業(1月5日の補講)で、小レポートを提出すれば得点が加算された。
備考3:途中退出せずテスト終了まで教室に残っていた者に点をあげるなど救済措置はあったが、成績評価は厳しい。
備考4:【重要】赤坂教授は今年(2011年)の10月から立教大学へ移られました。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

木下 昌彦
(2013年度)
出席:無し
備考:基本的に授業が下手なので、伝わるものも伝わってきません。教科書は有名なものなので、それを使って勉強しよう。
備考:中学の公民分野や高校の政経が得意だとやりやすいと思います。
+ 授業・テストの評価
+ コメント





法経連携基礎演習

宮澤 信二郎
(年度不明)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント