学部の紹介・学部にかける熱い想いでも書いてください。



前期

力学Ⅰ・同演習

藤 秀樹(2010年度)
出席:無し
備考1:毎週、レポート提出があります。
備考2:中間考査、期末考査を元に成績がつきます。
備考3:救済措置あり。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

現代物理学

太田 仁原 俊雄林 青司 ほか数名(2010年度)
出席:有り(感想のレポート)
備考1:毎時間、授業終了後に感想を書かされます。(出席がわり。)
備考2:特に、宿題はない。
備考3:物理学科は必修。化学・生物・地惑科で教免取得希望者も必修。
備考4:神戸大学の物理学科における理論系、物性系の研究の紹介、具体的な内容のプレゼンを教授、講師陣が行う。
+ 授業・テストの評価
+ コメント


後期


力学Ⅱ・同演習

林 青司(2010年度)
出席:無し
備考1;毎週、レポート提出あり。(成績にかなり重視されます。)
備考2:中間考査・期末考査の両方あり。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

河本 敏郎(2011年度)
出席:無し
備考:レポートが出されます。成績評価の割合は、全体の50%です。案外配点が大きいので油断することなく課題をこなしましょう。
備考:中間も期末もあります(各25%で成績評価に∴期末を受ける段階では40点区切りで成績決定w例えば、80点で良、40点で可とか)。
備考:中間試験は教科書、レポートに類似しているものの同じ問題ではなく、新しい問いの出題であった。実力をつけておくことが望ましい様子。
備考:中間試験における、救済措置はない模様。
備考:今年から先生が変わったみたいです。
備考:TAはいい人です(か?)

+ 授業・テストの評価
+ コメント

電磁気学Ⅰ・同演習

菅原 仁(2011年度)
出席:有り(レポート)
備考1:電磁気学Ⅰ演習とセットでの履修が基本である。
備考2:演習の時間に、レポート提出により出席を確認する。
備考3:期末試験と、提出のレポートにより成績がつく。
+ 授業・テストの評価
+ コメント