神戸大学の研究最前線

山内 乾史ほか(2011年度)
出席:有り
備考1:出席を書く紙は二回まわってくることがある。二回とも書かなくては出席が認められない。
備考2:全15回の授業のうち、2回分のレポート提出。後半の授業でレポートのテーマが発表される。
備考3:登録は先着順だが、楽な授業のため人気も高く、登録の30分以上前から並んでおくのが吉。1時に国文の教務で登録のため、3限が他キャンパスの人は3限遅刻覚悟。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
玉岡 雅之ほか
(2012年度前期水5)
出席:授業の最初と最後の2回、出席表がまわってくる。学部や学籍番号やフルネームを書く。
備考:15人の授業担当者が各1題のレポート課題を提示するので、その中から自分の書けそうな2題を選んでレポートを作成する。レポートは1つにつき1200字以上1600字以下で、A4用紙1枚に収まるように執筆するよう指示される。
備考:絶好の読書タイムである。

+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2012年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

神戸大学史

教員名を記入(フルネームで)(2011年度)
出席:有り.講義感想文を毎回提出,4点×14回.遅刻者は2点マイナス.ただし,上限は50点.
備考:2011年度は2月3日17時までに1題につき1000字程度のレポートを2題提出.25点×2
備考:2011年度は2月3日17時まで百年記念館の展示を見学し,感想を提出しなければ単位取り消し.

+ 授業・テストの評価
+ コメント

天野 雅敏(2012年度)
出席:授業4回の内容を○×形式で問う小テストの点数を出席店とする。配点不明。
備考:複数の教員によるオムニバス形式の講義で、大学史を学ぶ意義や各学部の変遷を学ぶ。上記の出席点と期末考査で単位評定。期末考査には自筆ノートのみ持込可。

+ 授業・テストの評価
+ コメント
河島 真(2016年度)【神戸大学史B】
出席:有り(ただし授業の半分程度でしかとらない。評価には含まれないが、単位がギリギリのときに救済してくれるとのこと)
評価:小テスト20%、レポート20%、期末試験60%
小テスト:語句を尋ねるものが5個。
レポート:内容の要約と自分の意見あわせて2000字程度。
授業:今年から期末試験の持ち込みが不可となった。持ち込み不可にしては試験は難しいが、おそらくほとんどの人ができていない。神戸大学の歴史なんか学んでどうするんだと思うかもしれない(実際自分もそう思っていた)が、そこらへんの意味不明な教養原論を受けるよりはよっぽどマシだし面白いと思った。担当教員も人当たりがよく(?)、おそらくだがなんやかんやで単位をくれるのでは。

+ 授業・テストの評価
+ コメント

社会科学のフロンティア

興津 征雄ほか
過去問: 2012年度後期過去問1 2012年度後期過去問2 2012年度後期過去問3 2012年度後期過去問4 2012年度後期過去問5
(2011年度)
出席:無し
備考1:期末テストのみ。
備考2:オムニバス形式。12〜13名の教授がそれぞれ1題ずつ問を出す。選択式ではなく、すべての問題を解く。記号選択形式。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

海への誘い

塩谷 茂明(2009年度)
出席:有り
備考1:9月に行われる集中講義。事前に説明会および抽選登録が行われる。非常に倍率が高い。
備考2:深江丸に乗って一泊二日の乗船実習、海事科学部での二日間の講義と実習に出席する。
備考3:深江丸乗船費用として何千円かかかる。(確か2、3千円だったはず)
備考4:4日間の授業終了後にレポート課題が課されるがてきとーでおk
備考5:出席してレポート出せばみんな優。
備考6:友達できるし海出れるしめっちゃ楽しかった。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)(2011年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

瀬戸内海学入門

兵頭 政幸ほか(2010年度)
出席:有り
備考1:6月に実施される集中講義。4月のガイダンスで申し込み可能。ただし、倍率はかなり高い。
備考2:3日間で2単位が手に入るという極めてお得な授業です。
備考3:さらに海への誘いと違い無料。
備考4:色々な実験ができ、深江丸にも乗ることができ結構楽しい。
備考5:レポートの採点はかなり甘め。めちゃくちゃなこと書いても大丈夫。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)(2011年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

国際協力の現状と課題

金子 由芳柴田 明穂(2010年度)
出席:無し
備考1:期末テスト有。電子辞書、教科書、レジュメ、ノート持ち込み可。問題はそれほど難しくない。
備考2:前半と後半で教授が入れ替わる。講義の内容は、金子→日本の発展途上国への法形成支援について 柴田→国際協力が如何にしてなされるか だった。
備考3:教科書は授業では使わない。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)(2011年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

阪神・淡路大震災

田中 泰雄(2010年度)
〈前期〉
出席:無し
備考1:授業の回数分の問題から1問選択して回答。つまり1回行けばいい。
備考2:期末テストはレジュメ持ち込み可。余裕すぎる。
〈後期〉
出席:有り
備考1:毎回講義終了時にその時間中に提出する課題がある。その内容は感想や講義の要約などさまざま。基本出席してればとれる。
備考2:ただし期末テストはない。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)(2011年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント