線形代数学入門

和田出 秀光(2010年度)
出席:有(2回)いかなくても通る
備考1:小テスト2回で20点、教科書そのままのレポートをだすと40点。神。
備考2:授業は全くわからないで定説。
備考3:テスト前の授業で、教科書のレポートという時点で答えがあるのに解説をしてくれたらしい。神。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
酒井 拓史(2010年度)
出席:無
備考1:小テストが数回ある。(事前に予告してくれる)
備考2:テストは楽勝。教科書の練習問題の類題が出るだけ。
備考3:数学が得意でない人は授業に出ておいた方が無難か。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
大須賀 昇(2011年度後期)
出席:無
備考1:授業の進め方は、解説をしつつ板書。最後に練習問題を配布して、その答えを板書して終わりというもの。
備考2:合計で6回ほどレポートがあった。(類題をルーズリーフなりに解き提出するもの)
   レポートが救済になるとか・・・
備考3:中間試験と期末試験、またレポートで評価。自分は数学が苦手だったので、ひたすら意味も分からず板書を写し、
   結構勉強して優が取れたので油断は禁物か。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
菊池 誠
(2013年度)
出席:無し
備考1:中間テスト(2回)、期末テスト
備考2:分かりやすいが、だんだんと進度が早くなる。
備考3:先生は毎回生茶を持参し、授業中に1本飲み干す。
備考4:たまにあるぼやきが面白い。
備考5:テストはしっかり勉強すれば大丈夫。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
高坂 良史(2015年度)
出席:無し
備考1:授業態度には時たま厳しいときがある。
備考2:高校の数学並みにノートをとる。ノートをとるか教科書を買わなければ、下記の小テストは解けないので注意が必要。
備考3:授業で扱った問題の例題とほぼ同じ問題の小テストが4、5回あった。小テストとはいっても、ノートを見てもいいし、授業内で解ききれなかった場合は家でやって次回提出することができる。配布された次の授業より後に提出しても受け付けないと言っていた(授業前であれば可だったかな?)。
備考4:小テストの解答指定されたURLにアップされる。
備考5:試験は90分間で問題数は5問ぐらい。基本的には授業内の例題および小テストの解法を理解していれば解ける問題ばかり。ただし、計算間違い多発の恐れがあるので注意しよう。1問は授業内で扱った証明がそのまま出題されていた。証明でほとんど何も書かなかったが秀がもらえたので、試験の採点は少し甘めかと。
備考6:小テスト20%、期末試験80%で評価される。

+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

線形代数学

山田 泰彦(2010年度)
出席:有り
授業内容:線形写像 線形性 掃き出し法と連立一次方程式・逆行列 階数 像・核・次元・部分空間 正規直交基底とシュミットの直交化
教科書: 線型代数―Linear Algebra
備考1:それなりに熱心。
備考2:テストもそれなり。悪いことはないという評価。
(2011年度:理学部数学/物理学科)
出席:有り
授業内容:1.多変数ベクトルと行列 2.線形写像と行列 3.連立一次方程式の掃き出し法(階段行列) 4.ランク(階数)、基本変形行列 5.逆行列の計算1(基本変形による方法) 6.行列の核と像 7.空間の幾何(ベクトルの外積) 8.部分ベクトル空間 9.基底と次元 10.内積と正規直交基底 11.n次の行列式 12.行列式の計算2(基本変形) 13.行列式の計算3(余因子展開・クラメルの公式) 14.行列の対角化
使用教科書: 線形代数(日本評論社)
備考1:教科書はほとんど使用しない。板書が中心である。板書の量は多い。その代り内容は充実。復習に大いに役に立つであろう。
備考2:期末テストは予想問題が配られるため、それがカンペキにできるようになれば、単位はもらえる。
備考3:時々課題を課す。点数付けられるので注意。ただの基本変形の計算だが、計算ミスに注意してください。

(2017年度:理学部数学/物理学科)
出席:有り
授業内容:行列,線形写像,2項演算,掃き出し法(連立方程式,逆行列,行列式を求めるのとその証明),行列の階数,置換(痴漢ではないです),余因子,ベクトル,方程式の図形的意味
使用教科書: 線形代数
備考1:板書がとても分かりやすい
備考2:テストは50点満点.返却される.
備考3:毎時間渡される課題を提出すれば出席が認められる.
備考4:積極的に質問しよう.
+ 授業・テストの評価
+ コメント
生田 卓也
過去問: 2012年度前期
(2011年度)
出席:無し
備考:中間テスト1回と数回の宿題レポート、期末テストあり。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
小池 達也(2012年度)
出席:無し
備考1:授業は黒板を使って行われる。授業は比較的わかりやすく、板書も見やすい。しかし進行が早いと感じる人も多いかもしれない。授業中にテキストを使うことは少ないが、課題がテキストから出ることがある。
備考2:ほぼ毎回、レポート課題がある。これはその日の授業内容を踏まえたもので、期末テスト実施日までに提出することになる。
備考3:レポート3割、期末試験7割で評価される。
備考4:期末試験はレポートの類題、授業で扱った例題などを中心に出題される。4問中3問を解く形態であった。ただし3問の取り合わせによっては試験が80点満点になることもあるので注意。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

野呂 正行
(2013年度)
出席:なしだがレポートが毎回ある
備考:レポート:中間考査:期末考査=20:30:50で評価。でも怪しい人は比率をいじってくれるとかなんとか。
備考:板書スピードは早く授業時間内は黒板コピー機になることもしばしば。でも考査は毎回出されるレポートが出来る程度なら十分満点取れる。
備考:考査にはおまけ問題がつき、それを取ると100点を超えることができる。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
大須賀 昇
(2013年度)
出席:無し
備考:成績は期末試験で評価。加えて単位が際どい人にのみそれまでのレポート点が加算される。いわゆる救済。
授業は板書中心で教科書はほぼ使わない。板書は分かりやすく証明も厳密で丁寧。字も綺麗。毎回一通り説明したあとで演習の時間をとってくれ解説もしてくれる。月に1度ほど授業での演習をまとめたような演習レポートが課される。期限は1週間で、採点されて返却される。期末試験はこれらのレポートの総集編のようなもので類似問題ばかり。レポートの問題を解き直して全て出来ていれば貴方にも必ず単位は進呈されるでしょう。勉強すれば満点も可。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
影山 康夫
(2013年度)
出席:無し(但し抜き打ち小テストで出席確認してる)
備考1:教科書丸写し.時間のムダなので,自習をオススメする.
備考2:突然トイレ休憩でどこかに消える.10分くらいで戻ってきて,何事もなかったかのように授業に戻る.
備考3:テストは簡単.過去問さえ手に入れたら勝ち.数値が変わるだけで,問題形式は全く同じ.
備考4:小テストは2014年度にはなかった。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント


齋藤 政彦(2011年度 理学部数学科・物理学科)
出席:レポート提出で確認?
授業内容:線形代数学Ⅰ+行列式 余因子展開と逆行列 固有値と固有ベクトル・対角化 エルミート行列 ユニタリー行列 …主に、線形代数学1で扱われた内容について、厳密な議論を深めていくのが目的。
教科書: 線型代数―Linear Algebra
備考1:毎回予習としてレポートを出す。ほどほどにできていると2点。名前だけ書いて出せば1点。序盤は簡単な出題が多いため、そこで点数を稼ぐと、後々楽になるかも。
備考2:授業の速度はかなり遅い。ちょっとめんどくさいおっさん。好き勝手話すので、板書がまったくもって意味をなさない。授業時間が終わりに近づくにつれて板書のスピードがあり得ないほど速くなる。
備考3:テストは事前に配られる問題を少し変えただけのもの。テスト問題に致命的なミスがあるのはご愛嬌。
備考4:テストの結果は理学部の数学科掲示板にて掲示。S(禿)がたくさん出る。そのことに関して「Sがいっぱいいたやろ?( ̄ー ̄)ニヤリ」とご満悦そうだったというのは内緒。
備考5:この授業は理学部物理学科の…エヘンッウォッフォン…先生に怒られないように1回生を鍛え上げる目的もあるらしい。物理学科の人が今後頑張らないとこの人のクビが飛ぶぞ。


+ 授業・テストの評価
+ コメント
影山 康夫(2009年度)
出席:出席をとらないが、課題が出されるから出席した方が良い。
備考1:授業の前半は余裕だが、後半難しいから調子のらない方が良い
備考2:声が小さいから前の方に座った方が良い
+ 授業・テストの評価
+ コメント
鈴木 貴雄(2010年度)
出席:有り
備考1:期末、毎時間小テスト 。
備考2:塾の先生みたいにすごいわかりやすい授業、皆積極的に参加してて、全体の出席率が92%ぐらいだったらしい。 。
備考3:全部出席した人は無条件で単位貰えるらしい。9割の人間には単位あげるらしいです 。
備考4:この人の授業はためになるし、学生のことをすごく考えてくれるんで オススメの授業です。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
佐治 健太郎(2012年度)
出席:無し
備考1:授業は割と面白くやってくれる、いい先生。講義資料も配ってくれる(ただしミスが多い)。板書は少し早いが、資料を見ながらやれば大丈夫なはず。
備考2:中間試験が40%、期末試験が50%、たまにやる演習が10%で評価される。
備考3:中間試験の範囲は期末試験からは基本的に除外される。
備考4:試験は分量が多め。時間切れになる可能性大。中間試験は100点満点で40~50点の層が多かった。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
宮内 通孝(2012年度)
出席:無し
備考1:普段は中間試験と期末で成績をつけるはずだったが、2012年度は思ったより人が多かったため中間はなくレポート3回の点数+期末試験となった。
備考2:毎回、授業の後に演習問題が配られる。テストは基本的にそこから出る。
備考3:演習問題の内容はほとんど教科書の内容なので、教科書の問題を解いていれば良い。板書は証明がほとんどである。
備考4:レポートを出す時は、出席していないとレポートの問題がもらえなかった。誰かに代わりにとってもらうなりして入手しよう。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

微分積分学入門

田原 伸彦(2010年度)
出席:無し
備考1:高校で数3・Cの範囲を学んだ人は授業に出なくてもよい。偏微分など数3・Cでは学習しない範囲をやり始めたら授業に出た方がいいかも。
備考2:高校で数3・Cの範囲を学んでない人は、高校の友達に数3・Cの教科書、参考書、問題集を借りて勉強すれば十分。ってかそっちの方が断然わかりやすい。
備考3:テストがある回の数回前に今までやったとこの問題とその問題の解答が配られる。その類題がテストに出題される。
(2012年度前期火2)
出席:無し
備考:レポートや宿題や小テストや中間テストは無い。授業中に演習問題を解くことがあるが、解答用紙は回収される。演習問題の出来不出来は成績には一切影響しない。回収された解答用紙は試験前にまとめて返却される。成績は期末テストのみで評価。
備考:期末テストはとても難しい。過去問の演習が欠かせない。
備考:常に半笑いの声で授業をする。
(2015年度) 2015過去問
出席:無し
備考1:授業自体はわかりにくいが、こういう授業では抽象的な概念を扱わざるを得ないため、分かりにくいのは仕方ないと言えるかもしれない。この授業では計算問題さえ解ければよいので、そこは気にしなくていい。
備考2:チャートがあれば確認しながら授業を聞けるが、チャートだけで授業範囲すべてに対応できるわけではない。授業内で扱った例題の解き方はノートをとっておいた方がいいと思われる。
備考3:授業の最後に演習問題を解く。評価には関係ないが、例題の解法を参考にして一通りは解いておこう。回答用紙は試験前に返却されるため、しっかり復習しよう。演習問題ができていれば試験で満点も夢ではない。
備考4:テストの難易度等を鑑みれば、結果的にいい教員と言えるかもしれない。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
韓 成一(2011年度前期火2)
出席:無し
備考1:レポート・小テスト・中間テスト無し。宿題は、教科書の練習問題。
備考2:成績評価と基準…期末試験の成績(80%)+ 課題の評価(20%)
備考3:高校の数学Ⅲの参考書で勉強するのも一つの方法。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
吉岡 康太(2011年度前期)
出席:無し
備考1:レポート、宿題、中間テスト等なし。期末テストのみで成績評価。
備考2:微分法、積分法、偏微分法を取り扱った。例題や練習問題をひたすら板書で解説していく。
備考3:テストはけっこう難しかったので、毎回復習していかないと直前でパニくってアウトだろう。
備考4:テストは難しいが毎回出ればなんとかなる
+ 授業・テストの評価
+ コメント
宮崎 一徳
(2016年度)
出席:無し
備考1:教科書の一部を取って説明するので分かる人はそこまで聞かなくてもOK
備考2:レポート(問題演習)が出される。テストは教科書の問題が解ければよいらしい
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

微分積分学

福山 克司(2010年度)
出席:無かったと思います。
授業内容:極限と微分(1変数および多変数)
教科書: 理工系の微分積分学
備考1:進むのは少し早く感じるかもしれない。
備考2:中間テスト有り。テストはそれほど難しくない。
(2011年度理学部数学科・物理学科)
出席:無し
授業内容:1.実数、数列の極限(ε-N論法) 2.関数の極限、連続性 3.逆関数(逆三角関数) 4.微分(ランダウ記法) 5.Taylorの公式(e^x、sin(x)、cos(x)、log(x+1)、(1+x)^αのテイラー展開、極値を持つ条件)|ココまで中間試験 6.多変数の微分入門:法線ベクトル、接平面、偏微分 7.点集合 8.極限と連続性(多変数による収束の定義) 9.偏微分と偏導関数 10.全微分 11.合成関数微分と連鎖公式(ヤコビ行列) 12.Taylorの公式と極値問題 13.陰関数の定理
教科書: 明解微分積分
備考1:数/物向けなので少し内容は高度と思われる。ε-δなどを使い、定理を全部授業で証明するため、内容が難解で混乱する。
備考2:とはいっても、テストは難しくない。毎回実施される小テストをきっちり復習すれば単位はもらえる。公式などは覚えなければならないものについては授業ごとにしっかりチェックするとよい。(定理の証明などは覚える必要はない)
備考3:教科書は使わない。ほぼ毎回プリントが配られる。かなり詳しいプリントである。

+ 授業・テストの評価
+ コメント
尾形 尚子
(2011年度)
出席:3回小テストがあった。小テストは何を見てもいいらしい。
備考1:レジュメをもとに授業をするが、教科書の問題も解いたほうがよい。
備考2:評価基準は小テスト3割、期末7割ぐらいだといっていた。
備考3:期末試験は結構ボリュームがあった。評価はというと、小テストでしっかり点数をとっていれば期末テストはそこそこでも秀や優を連発していた。期末テストで本当にできなかったといっていた友達でも可をもらっていたので、単位に関しては優しいのではないかと思われる。
(2012年度)
出席:基本的に無し。ただし、3回の演習が出席確認を兼ねている。
備考1:授業時にレジュメが配られる。このレジュメをもとに授業が進められる。授業はゆっくり・まったりとしているが、比較的分かりやすい説明をしてくれるので寝ないように。
備考2:3回の演習はノートを見て行うことができ、TAさんが採点して返却してくれる。ただし期末試験は持ち込み不可。平常点が2割、期末試験が8割程度である。
備考3:期末試験は6~7問ある。時間切れになる可能性も充分あるので注意。授業や演習の類題が出題されるが、難しい問題も含まれる。過去問と同じような問題が出ることもある。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
津田 照子
過去問: 2012年度前期
(2012年度)
出席:無し
備考1:成績は100%期末試験。試験範囲は教科書の指定問題とシラバスの参考資料のリンク先にある問題から出る。
備考2:早口で板書が早く、書ききれないこともあるが、板書のほとんどは定理の証明なのでほとんど出席しなくても問題ない。
備考3:だがテスト前の授業2回ぐらいはどんな問題がでるか説明してくれる上、問題演習も行なってくれるので出席するのがよい。
備考4:板書は非常に計算ミスが多いので指摘してあげると良い
+ 授業・テストの評価
+ コメント
高山 信毅
(2013年度)
出席:無し
備考:成績評価は小テスト60:期末考査40。よって期末考査前に小テストのみで単位を取得することも可能。
備考:なぜかロピタルの定理を嫌う。他にも「微積の力をつけるため」という理由で定理や公式の使用禁止もよくある。
備考:だが小テストの問題は易しく、採点も甘めで、間違った問題は次回の時に持ち越せる。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

高橋 真
(2013年度)
出席:無し
備考:成績は授業中で毎回出されるレポートと期末試験で評価。
板書はかなり多く忙しい。
授業中に出されるレポートは毎回3問程度で、授業の内容に沿っているので出席していれば出来る。提出は次の週までなら減点されない。期末試験は授業中のレポートの問題と同じものまたは類似問題が出た。加えて、命題の真偽(主に微分可能性や連続に関するもの)が出題された。レポートは採点されて返却されるので、真面目にレポートを提出していれば期末前の勉強には困らないだろう。
(2014年度)
2013年度と同様
+ 授業・テストの評価
+ コメント
田原 伸彦 2015前期過去問
(2013年度)
出席:無し
備考1:成績は100%期末試験.試験範囲は教科書からであるが,定期的にやる演習問題からの出題が多い.
備考2:ちょっと眠い.けど,演習中は質問しやすいしきちんと教えてくれる.
備考3:テスト直前に演習をやる.そこからテスト問題が出る.
備考4:試験問題の分量が時間と割に合わない.先生曰く,全部出来たら100点超えてしまうらしい.なので,少々出来なくても他がきちんとできてればちゃんと成績取れます.
備考5;試験終了10分前にヒントくれた.
+ 授業・テストの評価
+ コメント
高橋 譲嗣
(2013年度前期)
出席:たまに小テストがある
備考:小テストの点数30%+期末テスト70%または期末テスト100%の高いほうが評価になる。
備考:授業はレジュメ進行。板書もする。問題を解けという指示もある。
備考:小テストは適当な難易度。ただ教授が論理学をやってるからか採点が厳しい気がする。
   期末テストは持ち込みありとはいえ事前に勉強してないと冷や汗をかくことになる。
   結構難しいと思う。
   レジュメの問題を復習するくらいはやっておいたほうがいい。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
菊池 誠
(2016年度)
出席:無し
試験 : 大学の試験にしては相当ムズイ。微積の分野だが証明などがかなり問われ、理解の深さが試される。独学でクリアは数学が得意な人でないと厳しいかもしれない。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
樋口 保成(2010年度)
出席:無し
授業内容:積分(1変数および多変数)
備考1:宿題・レポートが数回あった。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
高橋 倫也(2010年度)
出席:有り・無し
備考1:授業分かりづらいです。
備考2:テスト前3日使って教科書の問題全部解いたらテストはめちゃめちゃ楽でした。ただ、勉強しないと結構しんどいです。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
津田 照子(2010年度)
過去問: 2012年度後期
出席:無し
備考1:服装からして普通のおばちゃんに見える先生。板書が結構分かりづらい。
備考2:テストはネット上の問題及び教科書からそのまま出題されるが、ネット上の問題はかなり難しい。ただし、テストは簡単。
備考3:テストにおいて部分点はないので、その点は注意。
備考4:Iの方も参照。全く変わらない
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
渡邉 清(2012年度)
出席:有り(授業内で実施した演習の提出)
備考1:授業は口頭説明と板書。口頭で説明したことは板書しないことも多いため、適宜補っておかないとノートが数式や図の羅列になるかも。
備考2:評価は、出席代わりの演習+レポート+期末試験。割合は決まっていない模様。
備考3:レポートは2~3回実施されたが強制ではない。提出すればプラスとなるが、問題はやや難しめ。
備考4:期末試験は基本的な問題とやや難度の高い問題の2部構成。基本問題が解ければ単位は貰える。優や秀が欲しい場合は後半にも手をつけよう。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント

数理統計学

韓 成一(2010年度)
出席:なし
備考1:レポート+テストの点で評価、レポートは教科書の章末問題
備考2:日本語が少し下手でわかりにくい時がある、ゼロの事を真顔でジェロと言ったりする
備考3:授業聞くより教科書見た方がわかりやすい
備考4:レポートをちゃんと提出しとけば、テストであんまり解けなくても単位がもらえるらしい
+ 授業・テストの評価
+ コメント
稲葉 太一(2010年度)
出席:無し
備考1:直前にいろいろ借りて過去問解いたら、なんとかなりました
備考2:授業内容がなかなか難しい
+ 授業・テストの評価
+ コメント
今里 健一郎(2013年度)
出席:有り
備考1:出席30点、ほぼ毎回の宿題20点、期末テスト50点で評価される。
備考2:授業で扱った項目のうち、期末試験に出るのは一部のみ。どこが出るかは試験の1~3週前の講義で説明される。関数電卓のみ持ち込み可。
備考3:きちんと出席して宿題をこなせる人なら特に問題はない。授業内容も悪くないしオススメ。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント