政治の世界

基礎教養科目

現在の科目名は「政治学」


阪野 智一(2010年度)
出席:出席点はないが、授業の感想を授業終了後書く
備考1:わかりやすく教養が身につく。
備考2:評価基準はテスト点だけで評価され、レポートを出せば加点される。授業で何度も言われていた所がテストに出る。めちゃくちゃ難しい事は問われないので、政治の知識が豊富な人はテストだけ受ければ単位が取れる。逆に政治に無知な人は授業を聞いても落とされるかも。テストは記述式なのにで暗記より理解することが重要
備考3:2010後期は小レポートのみ。単元が終わるとレポート。ただし授業中にはがきサイズの紙に書くだけw4回だすと優!!3回以上必須。レポートの翌週は出席率が低い。

(2018年度 4Q)
出席:事前文献の確認の際に当てられる
備考1:事前文献がBEEFに載せられており,読んでくる課題がある.授業ではその確認として,当てられる.答えられると加点されるが,答えられなかったor居なかったからと言って減点・即刻不可などにはされない.
備考2:基本的に試験一発勝負.途中にレポート課題があり,出来が良いと加点される.こちらのレポートも,加点材料であり,出さなかったor出来が悪かったからと言って評価の一部を失うことにはならない.
備考3:内容は以下の通り.
1.政治とは何か
2.選挙制度
3.投票行動
4.政党
5.政党システム
6.議会と立法過程

備考4:試験は論述2題.オモテ1問,ウラ1問.
オモテ:選挙制度に関してか,投票行動に関してかのどちらかを選択して論述する形式.
 ウラ:政党システムに関してか,議会と立法過程に関して価のどちらかを選択して論述する形式.

備考5:中立で真面目な内容です.社会問題がどうこうとか,ウヨサヨとかは一切ないのでご安心を.
備考6:教科書はないが,参考文献は多い.参考文献は読むと為になるものが多い.(本屋や図書館の政治欄を見ると,胡散臭い本が多いが,紹介される本はマトモ.良い本が胡散臭い本に挟まれていてビックリするかもしれない.)
+授業・テストの評価
授業の評価
選択肢 投票
★★★★★ (0)
★★★★☆ (1)
★★★☆☆ (0)
★★☆☆☆ (0)
★☆☆☆☆ (0)
テストの評価
選択肢 投票
★★★★★ (0)
★★★★☆ (0)
★★★☆☆ (0)
★★☆☆☆ (1)
★☆☆☆☆ (0)
+コメント
教員個人のページにも是非コメントをしてください。
コメント:
中村 覚(2011年度前期)
出席:出席は取らないが授業終わりに感想を提出すると点数がもらえる。
備考1:成績はレポート提出でした。内容は指定してくれて書きやすいです。2000~3000字。出せば単位はあるかと。
備考2:授業は教授がひたすら喋るだけの単調なものですが聞いてなくてもレポートで困ることはないです。
備考3:私語には厳しいです
備考4:たまに学生を馬鹿にしてきます(笑)でも楽な部類には入ると思います
(2012年度前期)
出席:出席は取らないが、授業終わりに感想を提出すると点数が加算されるという噂が。真偽は不明。
備考1:「政治の世界」というタイトルだが、内容はイスラームについてという謎。また、レジュメを525円で買わされるという謎。
備考2:成績は期末レポートによる評価。イスラームについてだが、授業をそこまで聞いていなくても買ったレジュメと常識でどうにかなる。
備考3:その他にボーナスレポート(2000字)があり、提出すると1段階評価がUPする。内容は指定された図書の中から1冊読んで、1000字で要約、1000字で論評というものだが、本はじっくり読みこまなくてもなんとかレポートは書ける。ただし、図書館の本はすぐに借りられてしまうので要注意。
備考4:イスラームは取っつきにくいと思われがちだが、単位的にはかなり余裕。
+授業・テストの評価
授業の評価
選択肢 投票
★★★★★ (1)
★★★★☆ (1)
★★★☆☆ (0)
★★☆☆☆ (0)
★☆☆☆☆ (0)
テストの評価
選択肢 投票
★★★★★ (0)
★★★★☆ (0)
★★★☆☆ (0)
★★☆☆☆ (0)
★☆☆☆☆ (0)
+コメント
教員個人のページにも是非コメントをしてください。
コメント:
  • 下戸って漢字も読めない奴に馬鹿にされたくないですよねwこの人「カト」って読んでたよ (2012-07-16 17:05:53)
渋谷 謙次郎(2011年度後期火1)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+授業・テストの評価
授業の評価
選択肢 投票
★★★★★ (0)
★★★★☆ (0)
★★★☆☆ (0)
★★☆☆☆ (0)
★☆☆☆☆ (0)
テストの評価
選択肢 投票
★★★★★ (0)
★★★★☆ (0)
★★★☆☆ (0)
★★☆☆☆ (0)
★☆☆☆☆ (0)
+コメント
教員個人のページにも是非コメントをしてください。
コメント:
  • 出席は取らないみたい。サンデル教授の「これからの正義(ry」の話がメイン (2011-11-23 10:19:26)
西山隆行
(2012年度)
出席:無し
備考1:期末テストのみ。任意で提出するレポート1回。
備考2:ゆるーいゆるーい授業です。1限ということもあり、中々最初から出れないのですが毎時間レジュメが配布されるので行った方がいいです。テストは持ち込み可のレポートみたいなテストでした。任意で提出するレポートは救済処置的な感じではないでしょうか。出してないけど秀もらえましたよ。アメリカの政治と日本の政治の比較がメインでした。中々おもしろい授業だったと思います。
+授業・テストの評価
授業の評価
選択肢 投票
★★★★★ (0)
★★★★☆ (0)
★★★☆☆ (0)
★★☆☆☆ (0)
★☆☆☆☆ (0)
テストの評価
選択肢 投票
★★★★★ (0)
★★★★☆ (0)
★★★☆☆ (0)
★★☆☆☆ (0)
★☆☆☆☆ (0)
+コメント
教員個人のページにも是非コメントをしてください。
コメント:
太田 和宏(2018年度)
出席:不明
備考1:聞いたところによると,「アベガー」しか言わない模様.
備考2:しかも授業内容は新聞読んでればわかることしか言わないらしい.
+授業・テストの評価
授業の評価
選択肢 投票
★★★★★ (0)
★★★★☆ (0)
★★★☆☆ (0)
★★☆☆☆ (0)
★☆☆☆☆ (0)
テストの評価
選択肢 投票
★★★★★ (0)
★★★★☆ (0)
★★★☆☆ (0)
★★☆☆☆ (0)
★☆☆☆☆ (0)
+コメント
教員個人のページにも是非コメントをしてください。
コメント: