物理学実験

物理の基礎的な実験をペアを組んで行いレポート提出をさせる授業(2010年度)(2011年度)
出席:毎回必ず取る。
備考1:実験を1回欠席した場合は予備日にその休んだ実験をする。2回以上欠席した場合は不可(放棄?)になる。
備考2:本番の実験に入る前に、誤差論の講義や重力加速度測定などの導入授業がある。ここで測定値の誤差の導出方法やレポートの書き方の指導がある。
備考3:5つのテーマをそれぞれ2週に分けて実験をする。テーマは、A.ローレンツ力と金属線の共鳴振動、B.電気抵抗と超伝導、C.水素原子のスペクトル、D.X線、E.基礎電気測定、の5つである。
備考4:レポートは各テーマ終了ごとに提出する。つまり2週間ごとにレポートを出さなければならない。提出したレポートは10点満点で評価され6点未満の場合は再提出しなければならない。総合成績は誤差論と前述した5つのテーマについてのレポート(合計6つ)の合計得点で評価される。どれか1つでも未提出であると不可になる。
備考5:先輩たちの過去レポートがあれば書きやすいので人脈があれば手に入れよう。なくても測定結果、考察、結論をしっかり書いていればレポートは通る。正しい書き方で詳細なレポートを作れば難なく優がとれる。
備考6:履修する曜日によって担当教員が異なる。同じテーマでも教員によってはレポート評価基準が大きく異なっている模様。厳しい教員にあたってしまった場合は要注意。
水曜日の各実験の担当者は以下の通りである。
A ローレンツ力と金属線の共鳴振動 園田 英徳
B 電気抵抗と超伝導 中野 美紀
C 水素原子のスペクトル 浅木森 和夫
D X線 周 敏女丑 (※最後の文字は2つで1つの漢字です。)
E 基礎電気測定 河本 敏郎
+ 授業・テストの評価
+ コメント

教員名を記入(フルネームで)(2011年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント