素材化学

大久保 政芳(2012年度)
出席:有り。成績に一部加算される。
備考1:素材科学ではなくて素材化学ね。高分子について扱う。
備考2:授業が非常に分かりにくい。雑談(人生経験)を語っている時間が長い。テキストを読んで理解できれば十分である。
備考3:しかし試験に出るところは先生の補足があるので、その部分は授業を聞いておくとよい。
備考4:中間20点、期末100点である。合計を120点とし、圧縮は行わない模様。過去問からの出題が殆どである。(つまり単位は取りやすいと思われる。) すべて記述式であるので、語句を暗記してもあまり意味がない。きちんと「性質を理解している」ことをアピールできる解答を心掛けたい。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント
大久保 政芳(2012年度)
出席:有り
備考1:評価基準等、素材化学Ⅰと同じ。
備考2:内容は素材化学Ⅰがマクロな内容であるのに比べ、素材化学Ⅱはミクロな内容が多い。
備考3:教養原論「分子の世界」(中辻先生)と内容が一部被っているので、あわせて履修すると効果的かも?
+ 授業・テストの評価
+ コメント
教員名を記入(フルネームで)
(2013年度)
出席:有り・無し
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
備考:レポート・宿題・小テスト・中間テストの有無など。
+ 授業・テストの評価
+ コメント