海事科学部2回生の共通科目のページです。


前期

経済学

松本 秀暢(2017年度)
出席:なし
ミクロ経済学について学ぶ講義、グローバル輸送化学科では対となるマクロ経済学の講義もある。
内容は教養言論レベルの簡単なミクロ経済学、経済学を少しでも勉強したことがあるなら楽勝だろう。
テストは毎回の授業終わりの練習問題とまったく同じもの+応用問題が出題される。ただし、採点はシビア。
備考:講義では教授の人生論や自分語りが聴ける。
+ 授業・テストの評価
+ コメント


海事国際法

岡田 順子(2017年度)
出席:なし
国際法や船舶の運航についての条約・法律を学ぶ講義。航海マネジメント科はとったほうがいいらしい。
自分で条約集を引き授業中にレポートを書いたり、まわりの数人でグループを作って討論したりすることが多い。
結構ハードワーク、ただしこれをやるとテストで救済してくれる。テストは法学部のような完全記述式の内容、条約集やレジュメは持ち込める。
備考:高度教養科目の1つ。
+ 授業・テストの評価
+ コメント


最新舶用機器技術概論

段 智久(2017年度)
出席:あり
最新の船舶機器(エンジン・プロペラ・舵・熱機関・発電機など)について企業の人から話を聞く講義。
時間割の関係上、航海マネジメント科は今期に履修することができない。
講義の名前からして難しそうににみえるが、授業内容は話を聞いて出席カードを書くだけ。
毎回講義の終わりに問題を解かされるが資料を見れば簡単に答えがわかる。
評価は出席70%持ち込みありテスト30%。テストは資料を写すだけ、レジュメの数がものをいう。
毎回の授業で受け取ったレジュメは捨てずに保管しておこう。
また、舶用機器説明会、工場見学のうちどちらか1つ以上をやらなければならない。
舶用機器説明会は体育館の企業ブースを4つ以上聴きまわってレポートにまとめる。
工場見学は工場に行って話を聞いたり中を見回ったりする。(2017年度は和田岬の川崎重工の工場だった。)
+ 授業・テストの評価
+ コメント


ライティング英語C・D

マシュー・ルックスなど(2017年度)
出席:有り
1回生の頃の授業と同じく、少人数制のクラスで行われる授業。必修。
担当の先生によってやる内容は多少変わるが、基本的にはMreaderとエッセイ(600字ほど)の提出がメイン。
また、出席に厳しく1クォーターに3回以上休むと単位取得不可なので注意。
テストはないので提出物と出席をきちんとしておけば優秀は簡単に狙える。
+ 授業・テストの評価
+ コメント


応用数学(微分方程式)

上田 好寛(2017年度)
高坂 良史(2017年度)
出席:なし
微分方程式やラプラス変換について学ぶ講義。とにかく計算力が重要、計算さえできれば秀は固い。
評価はテスト100%だが、練習問題の板書・レポートの提出などである程度は救済をしてくれる。
備考:教授はヒゲのおっさんとハゲのおっさん。
+ 授業・テストの評価
+ コメント


応用数学(複素解析)

石井 克幸(2017年度)
影山 康夫(2017年度)
出席:なし
複素関数の解析について学ぶ講義。1Qの前半は高校で習った範囲と被っていた。
1Qはめちゃくちゃ簡単だが、なめてかかると2Qの後半部分がまったくわからなくなるので気をつけよう。
石井クラスは毎回のレポート点が10~20点、試験80~90点の点数。影山クラスは試験100%の評価。
+ 授業・テストの評価
+ コメント


海事理化学実験1

梅田 民樹など(2017年度)
様々な物理学の実験を行い、重力加速度やヤング率などの値を測定する実技系の授業。
1ヶ月に1回授業がある。年間を通して10回? マリンエンジニアリング学科は教授から履修するよう強く勧められる。
3,4,5限にあるが終わる時間は16~17時半になることが多い。(実験内容による)
検出された値が実際の値と異なるとやり直しをさせられることもある。実験は丁寧に行おう。
実験後のレポートが結構めんどくさく、長いものでは10枚を超えることも...
単位取得のためのコスパはあまりよくないが、マリンエンジニアリング学科ならとっておくべきかもしれない。
出席:有り
+ 授業・テストの評価
+ コメント


海事理化学実験2

佐藤 正昭など(2017年度)
出席:あり
化学や生物に関する実験を行う実技系の授業、担当の教授は毎回変わる。1ヶ月に1回授業。
実験1と比べると放置プレイ、実験結果についてあれこれ言われることはないがレポートの書き方も指示されない。
こちらのほうが単位取得のコスパは良い。ただし、レポート作成力の向上においては実験1に軍配が上がる。
+ 授業・テストの評価
+ コメント