Crystal Focus V5.10 マニュアル対訳 その4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Page-30 30ページ目
・For a white, blue, green or cyan luxeon the forward voltage is about 3.7 V. Let’s take for example a green LED (1.8V) at 15 mA. 白、青、緑、青緑色のLuxeonIII LEDの順方向電圧は約3.7V。緑色の通電ランプLED(1.8V)を15mAで動作させる例
RPower-on LED = (Vluxeon - VPower-on LED) / IPower-on LED 通電ランプLEDの抵抗値 = (Luxeonの順方向電圧 - 通電ランプLEDの順方向電圧 ) / 通電ランプLEDに流す電流
RPower-on LED = (3.7 - 1.8) / 0.015 = 95 Ω 通電ランプLEDの抵抗値 = = (3.7 - 1.8) / 0.015 = 86Ω
Which leads to 91Ω or 100Ω in the E12 serie. すなわち、E12系列の91Ω~100Ω抵抗を用いる。
Calculation of the force-feedback motor resistor フォースフィードバックモーター用抵抗値の計算方法
There are too many various sorts of motors to determine a specific resistor. The motors we sell are designed to work in the 1V to 2V range and the current they take increases very quickly when the power supply voltage increases due to the non-centered weight that produces the rumbling effect. 特定の抵抗値を決めるにはたくさんの種類のモーターがありすぎる。PlecterLabsが販売しているモーターは1~2Vで動作し、振動を発生させるために重心が中心にないので、電圧をかけると瞬時に電流が増大する。
We can however take 1.5V as a base voltage with a 100 mA maximum current to avoid too much current flowing in the high-power LED driver and limit heating. しかしながら、加熱を避けるため、ハイパワーLEDに電流が流れすぎないようにするため、100mAを最大電流にし、1.5Vを基本電圧とすることができる。
- For a red, red-orange or amber luxeon LED the forward voltage is about 2.5V. 順方向電圧が約2.9Vの赤、赤橙、琥珀色のLuxeonIII LEDで動作させる例
R motor = (V luxeon - V motor ) / I motor モーター用抵抗値 = (Luxeonの順方向電圧 - モーターの電圧 ) / モーターに流す電流
R motor = (2.5 - 1.5) / 0.1 = 10 Ω - 1/2 watt モーター用抵抗値 = (2.5 - 1.5) / 0.1 = 10 Ω 1/2ワット
- For a white, blue, green or cyan luxeon the forward voltage is about 3.7 V. 順方向電圧が約3.7Vの白、青、緑、青緑色のLuxeonIII LEDで動作させる例
R motor = (V luxeon - V motor ) / I motor モーター用抵抗値 = (Luxeonの順方向電圧 - モーターの電圧 ) / モーターに流す電流
R motor = (3.7 - 1.5) / 0.1 = 22 Ω - 1/2 watt モーター用抵抗値 = (3.7 - 1.5) / 0.1 = 22 Ω 1/2ワット
For an unknown motor, experimentation is the key, starting for instance with a 1/2 watt 100 or 150Ω resistor and an amp-meter to find out the supply voltage of the motor within the limit of the max current used (100 mA max). The best solution is to power the motor with a regulated power supply and to increase slowly the voltage while monitoring the current and when the current and voltage are found, you can go back to the above formula. Be sure to use at least a 1/2 watt resistor in all cases. よくわからないモーターの場合、実験が鍵となる。試しに1/2ワットの100Ω又は150Ωの抵抗と電圧計を使って、最大電流を100mAとしたときの供給電圧を探し出す。一番良い解決法は電圧レギュレーターを使ってモーターに電力をあたえ、流れている電流を確認しながら少しずつ電圧を上げていく。電流と電圧の最適値が見つかったら、上記の式に当てはめれば良い。いずれの場合も1/2ワットの抵抗を用いるのが確実である。
An easy workaround is to use a multiturn trimming potentiometer of 100Ω or 1kΩ. This makes possible to adjust the speed with accuracy. 簡単な回避策は100Ωまたは1KΩのmultiturn trimming potentiometerを使う。正確に速度を調整できる。
Page-31 31ページ目
Wiring a general Power-On Indicator / Accent LED パワーオンインジケーター・アクセントLEDの配線方法
It’s is sometimes useful (or good looking) to have a LED lighting up as soon as the kill key is removed. Of course, 1 of the 7 accent LEDs could still blink as idle mode indicator, but a permanently on LED could be nice to simply indicate the battery pack is working properly. This is also very nice to have indicator lighting up the internal ring of a chromed anti-vandal switch. キルキーを取り除いたときに点灯するLEDをヒルトに付けるのは何かしら(見栄えと)使い勝手が良い。もちろん、一つ又は二つのアクセントLEDをアイドル時のインジケーターとして点滅させられるが、点きっぱなしのLEDはバッテリーパックが適切に充電されていることを示すのに単純で良い方法である。また、AVスイッチのランプが通電を示して点灯しているのも見栄えが良い。
The CF board provides a regulated 3.3V pad for that purpose, shown in purple in the illustration below. CFボードは下記の図の紫の線で示すようにそれ用に3.3Vの電力を供給している。
(主電源ランプの接続図)
Wiring a Flash on Clash TM (FoC TM ) LED / Die 衝撃時フラッシュ(FoC)LEDの配線方法、および専用端子について
Crystal Focus features an additional pad to drive a Flash on Clash TM effect. With the emerging technology of multi-die high-power LEDs, certain dice can be used to light up the blade, while a remaining die can add some more light (possibly with a different color) when a clash is triggered. Depending on the configuration file, the FoC TM can also be triggered when blaster blocking, lockup and force clash events are registered. Crystal Focusは衝撃時フラッシュ効果(FoC)を制御するための端子を設けている。複数素子搭載型高出力LEDという新技術を用い、通常使用する素子をブレード発光に、残りの素子をクラッシュ発生時に光らせることができる(通常素子と違う色が望ましい)。設定ファイルの内容によるが、ブラスター偏向や鍔迫り合い効果時、フォースクラッシュ効果時にもFoCをさせることが出来る。
The FoC TM pad is only a 3.3V remote control pad and cannot drive any power. Hence, it controls a Power Xtender micro board in order to drive an additional LED die. FoC用端子は遠隔操作目的で3.3Vを供給するだけで、電力は強くない。それゆえ追加LED素子の電力制御のためのPowerXtenderマイクロ基板を制御させる。
Moreover, since version 5, the FoC TM isn’t static anymore, but has also its own shimmer parameters in the configuration files, which allows the generation of very vivid Flash on Clash effects (focp, focr and focs parameters). さらにCF Ver5よりFoCは静的なものでなくなり、設定ファイル内の明滅パラメーター(focp、focr、およびfocsパラメータ)に従って非常に鮮やかなクラッシュ効果を生み出すことが出来る。
The drive of the LED die involved in the FoC TM isn’t current regulated, so the appropriate resistor must be included in the power xtender circuit to limit the current. FoC用LED素子向けには電流を調整していないため、電流を制限するためにPowerXtenderに適切な抵抗を加える必要がある。
Also, user must be concerned about the current used by the FoC die, the overall current used by the complete setup, and the current the battery pack can provide. また、完成後の必要電流とバッテリーパックの供給可能な電流も含めてFoC用LEDに流す電流を考慮しなければならない。
Exceeding the capacity of the battery pack, or its discharge rate could lead to battery deterioration or explosion. 使用電力がバッテリーパックの容量を越えたり、過放電させるとバッテリーの劣化や爆発を招く。
Page-32 32ページ目
(FoC配線画像)
Example of use : 使用例:
Let’s consider the drive an extra white die at 1A for the FoC. Forward voltage of that die is around 3.7V. 1Aで動作する白色LED素子をFoC用に使う場合。素子の前方電圧は3.7V近辺とする。
Required resistor for the FoC circuit : FoC用回路に必要な抵抗
R = (Vpack - Vf die) / FoC current 抵抗 = (バッテリーパック供給電圧 - FoC用素子の前方電圧) / FoC用素子の駆動電流
R = (7.4 - 3.7) / 1 = 3.7 ohm 抵抗 = (7.4 - 3.7) / 1 = 3.7Ω
Wattage of the resistor : 抵抗の定格電力
P = RxI 2 = 3.7 watt. P = 抵抗x電流 2 = 3.7W
Since the FoC circuit is only active for a short time (maximum 10 seconds during a lockup), it’s acceptable to use a 3W resistor in the example above. FoC回路は少しの間しか動作しない(ロックアップ時に最大10秒)ので、上の例の場合、3Wの抵抗でもよい。
If the user wants to drive an accent LED out of the FoC pad (and not a high-power LED die), this can be of course achieved without a Power Xtender board, just like any accent LED. The pad outputs 3.3V and 18 mA maximum. FoC用端子を使ってアクセントLED(高出力でないもの)を光らせたい場合、当然、PowerXtender基板は必要ない。FoC用端子は3.3V、最大18mAを出力する。
Page-33 33ページ目
Accent LEDs sequencer アクセントLEDによる電飾
Seven LEDs can produce 128 patterns; however for the sake of editing the sequence we limited the sequencer to 32 stages. 7つのアクセントLEDは128のパターンを作り出せる。しかしながら編集しやすさのために発光順序は32段階に制限してある。
The working principle of the sequencer is to put the LEDs in a given pattern/state during a certain time (delay). Once the delay is over, a new pattern is output and so on for the 32 stages before looping to the first one. 発光順序の原則はLEDに明確な期間でパターンと状態を設定することである。待機時間が終わると、最初の手順に戻るまで32つの手順の新しいパターンで発光し始める
The main LED sequence is described for each sound bank in the leds.txt text file. LEDの主な発光手順はleds.txtというテキストファイル内に、各サウンドバンクに関して記述される。
Simply open the file with window notepad to modify it, directly on the SD card or on the hard disk. Windowsのメモ帳で開いて編集したら、SDカードに直接記録するか、ハードディスクに保存する。
CF v5 has actually several Accent LEDs files that are detailed below. The main one remains leds.txt. CF5は下に示すようなアクセントLEDに関するファイルをいくつか持っている。主な一つはleds.txtのままである。
Here is an example of an actual leds.txt file. 下記は実際のleds.txtの例
(leds.txtの編集中画像)
Page-34 34ページ目
You’ll notice the special onXX and offXX lines at the beginning of the file, as well as new keywords compared to prior versions, but we will come back to that further in this document. 前のバージョンになかったファイル冒頭のonXXとoffXXという記述に目に行くだろうが、これについては後述する。
Stages & Delays 電飾の発光順序について
The example below shows the accent LEDs with a chasing pattern. The state of each LED is represented either by 0 (off) or 1 (on). Each “s” line defines a pattern of the 7 LEDs (state) while the “d” line is the duration of the pattern (delay). 例図ではアクセントLEDが追いかけっこするパターンを示す。それぞれのLEDの発光状態は 0(Off)または 1(On)で示される。"s"で始まる行は7つLEDの発光状態を定義し、"d"で始まる行はそのパターンが持続する時間を定義する。
The closest digit (0 or 1) to the equal sign is the state of LED7 (MSB) while the one at the end of the line is the state of LED1 (LSB) 0か1の並んだ数字のうち、文末側がLED1(LSB)、イコール記号横の文頭側がLED7(MSB)の状態を表す
(leds.txt画像)
The figure below represents the 5 first lines of the sequence of the example text file. テキストファイル例の先頭5行による発光例を下に示す。
(アクセントLEDシーケンサーの図)
The delay between each state can be different for each “state” line, it’s not necessary to have a pattern evolution with a constant timing. A value of 0 for a “delay” line will stop the sequencer. Hence, it’s possible to have an accent LED animation when the saber starts, and the animation stop at the end of the 32 stages (or before) when a 0 delay is found in the file. "s"行ごとに異なる発光期間を持たせることが出来るため、パターンの進行を固定的にしなくてもよい。"d"行の 0 の値は発光を止める。セーバーを起動したときにアクセントLEDを明滅させ、32手順を表示させるか、"d"行の値が0である時点で、明滅を止めることが出来る。
Page-35 35ページ目
When setting random to 1 the sequencer will generate a random pattern at each stage of the sequence, ideal for a changing or non conventional animation. The delays will remain the ones specified in the sequence. Like all the timing parameters used in Crystal Focus, the delay is expressed in multiples of 2ms . random に 1 を設定するとパターンを常に変化させ、定型的な明滅をさせないために、シーケンサーは発光順序のそれぞれの段階でランダムなパターンを生成する。発光時間については指定したものが用いられる。Crystal Focusの他のパラメーターと同じく 発光時間の値は 1 = 2msである
The delay can go up to 60,000 which corresponds roughly to 2 minute. It’s of course possible to use a LED output to drive an accent LED AND the remote control wire of a power xtender board to drive an additional peripheral requiring more power than what the accent LED pads can offer. "d"の値はおよそ2分に近い、60,000が最大値である。もちろん、LEDやアクセントLEDを使うために、ボードのアクセントLED用接続部が供給するよりも大きな電力を供給するpower xtender boardのような外部機器を接続することも可能である。
Deep Sleep flashing LED ディープスリープ(待機時)モード時のLED発光表示
It’s also possible to use one of the 7 accent LEDs to indicate the saber is in deep sleep mode (power saving). For that purpose, 2 parameters have been added to the configuration file config.txt. 7つのアクセントLEDをセーバーがブレードの発光をOffにしたディープスリープモードにあることを示すのに使うことも出来る。そのため2つのパラメーターが設定ファイル(config.txt)に追加されている。
・idleled [0-6]: selection of the LED used as idle indicator. 0 matches LED number one, 6 indicates accent LED pad seven. Since there is a specific config.txt file in each sound bank folder, the idle LED can be different in each sound font and why not matching the bank number. Hence, just by looking to the flashing LED the user can remember which bank is currently selected in the saber. - idleled [0-6] :どのLEDをアイドル表示に使うかの設定値。0を指定するとアクセントLED端子1に接続したLED、6を指定するとアクセントLED端子7に接続したLEDをインジケーターとして使う。サウンドバンクごとの設定ファイルに記述するため、サウンドフォントごとに光らせるLEDを選ぶことが出来る。これにより、どのサウンドバンクが現在選択されているかをLEDの点滅で示すことが出来る。
・idlepulsing [0-40]: duration of the the idle flash of the selected LED. In multiple of 1/40th of second. 0 disable the effect. With 1 we get a really short flash. With 28-30, the idle LED stays on all the time except during a brief moment, and with 40, the idle LED remains always on. - idlepulsing [0-40] :選択したLEDを点滅発光させる時間。1/40秒の単位で設定する。0 は点滅効果なし。1 を設定すると一瞬点灯する。28-30 だとほぼ点いたままで一瞬消える。40だとずっと点灯する
Accent LEDs as a Bargraph : Power On/Off Sequences & PLI アクセントLEDをバーグラフ表示に使う:電源On/Off時および電圧レベル表示
With the increased number of accent LEDs on CF v5, complexity & possibilities increased too. As usual, following our own design “dogma”, we refused to carve in stone certain behaviors of the boards, since each saber is different, and some user’s might want the PLI, other won’t. CF Ver5ではアクセントLEDの数が増えたことにより、複雑さと出来ることも増えている。一般的に、我々の設計の原則では、ボードの振る舞いをガチガチに固めることはしないため、所有者ごとに異なるセーバーがあるし、PLIを欲しがる人もいればそうでない人もいる。
When the Accent LEDs are wired as a bargraph, they become a very handy and powerful diagnostic device. We therefore created 2 special stylish sequences over 7 stages each “played” when the blade is ignited and powered off. アクセントLEDをバーグラフ表示に使うと、とても使いやすくて心強い診断機器にもなる。ブレードの点灯/消灯時に7つのLEDによって”上演”される特別でカッコいい電飾効果を2つ作成した。
Those stages are defined in the first lines of the leds.txt file with the keywords onXX and offXX. これらはleds.txtファイルの先頭、onXXとoffXXのキーワードを記した行で定義される。
The duration of the sequence is always mapped on the duration of the power on / power off sounds, or the specific ignition / power off time set by the quick on/off parameters. 発光順序の時間は常に点灯、消灯音の時間かクイック点灯/消灯パラメーターで決められる特別な起動、終了の時間と関連付けられる。
As for the use of the PLI, which requires specifically to have a bargraph (which remains quite specific and not present in all hilts) we also wanted the said bargraph to have a modular use. Why sacrificing some nice accent LED sequence to have the PLI permanently lit? PLIの使用については、特別なバーグラフ(非常に特殊だし、全部のヒルトにあるわけじゃない)を必要とするし、バーグラフを一つの部品として使いたいと要望があった。素晴らしいアクセントLED表示を犠牲にしてまでPLIを常時つかいたいのか?
Page-36 36ページ目
Therefore, there are now several Accent LED files defining specific sequences depending on the mode the hilt is in. それゆえ、幾つかのアクセントLED用定義ファイルでヒルトの動作モードに応じた発光をさせられるようにした。
In each of those sequence files appears the pli keyword. Depending of the parameter is set to 1 or 0 the PLI will be displayed or will leave the bargraph animated with the sequence specified in the file. それらのファイルにはpliキーワードが登場する。1または0の値を設定することによりファイル内の設定に応じてPLIが表示され、動くバーグラフが実現できる。
We defined 3 different “modes” for the use of the hilt : ヒルトの使用法として3つの異なる状態を定義した。
・Normal : Blade is ignited, the accent LEDs play the sequence specified in the leds.txt file OR the PLI if the matching parameter has been set to 1. ・通常:ブレードが点灯している時、leds.txt内の定義に従ってアクセントLEDが光る、またはpliパラメーターを1にしているとPLIが動作する。
・Lockup : A lockup is engaged, the accent LEDs play the sequence specified in the lockup.txt file OR the PLI if the matching parameter has been set to 1. ・ロックアップ:ロックアップ(鍔迫り合い)が発生している時、lockup.txt内の定義に従ってアクセントLEDが光る、またはpliパラメーターを1にしているとPLIが動作する。
・Idle : Blade is off, board is in idle mode (ie not in deep sleep mode yet), the accent LEDs play the sequence specified in the idle.txt file OR the PLI if the matching parameter has been set to 1. ・待機:ブレードが消灯されていて、CF基板が待機モード(ディープスリープモードに入っていない)の時、idle.txt内の定義に従ってアクセントLEDが光る、またはpliパラメーターを1にしているとPLIが動作する。
This allows having the PLI enabled in a specific situation (I personally like lockup or idle for that purpose) or conversely, having the PLI displayed all the time, except during a specific situation (like lockup, with a very fast & random sequence suggesting the hilt energy pack is “struggling” during the lockup). これによりPLIを特別な状況(個人的にはロックアップや待機時が良い)の時のみ表示させることが出来たり、逆に特別な時以外はずっとPLI(ロックアップ時にヒルト内のエネルギーパックが"もがいて"いるかのように非常に早く、乱高下させる)にすることが出来る。
PLI tips & tricks PLI(電圧レベル表示)のコツ
While setting up the upper and lower boundaries of the PLI range in the configuration file so they match exactly the battery pack specs, the user might tweak a bit the values so that the behavior of the PLI remains more “realistic” while remaining useful as a real battery pack energy gauge. 設定ファイル内にはバッテリーパックの仕様に正確にあったPLI表示の上限と下限の範囲を設定するのだけれど、PLIにバッテリー残量ゲージとして、もっと現実的な振る舞いをさせるためには設定値に少しきめ細かい調整を必要とする。
Keypoint #1 : setting up the upper boundary to the max voltage (or even to the nominal voltage) of the battery pack will lead to an almost immediate drop of the PLI bargraph when you start using the saber. I personally prefer having the PLI staying a bit at the maximum of the bargraph for a while so I don’t feel like it has a very poor runtime. As an example, a 2-cell li-ion battery pack has a max voltage of 8.4V when fully charged, and a nominal voltage of 7.4V. Setting up the PLI upper boundary to 7.3 volts will make the bargraph clipping to the max for a while before it finally drops 1 bar after a certain while. 要点その1:電圧の最大値(通常値と同じ値)を上限値として設定すると、PLIはセーバーを使い始めてからの電圧低下をすぐに示すようになってしまう。個人的には駆動時間が貧弱だと感じたくないのでPLIがしばらく最大値を維持する方が好みである。例えば、二つのリチウムイオン電池は通常7.4ボルトで完全に充電すると最大8.4Vになる。PLIの最大範囲を7.3Vに設定すると、明確な電圧低下を示すようになるまでバーグラフは最大値表示をキープしてくれる。
Keypoint #2 : conversely, you might adjust the lower boundary to a realistic value. A PCB-protected li-ion battery pack will cut off automatically at around 5.2V. Setting up the PLI lower boundary to that very value makes it notifying the user of a low battery situation too late. Hence, it will be better to setup the lower boundary to a higher value so that the last bar of the bargraph starts blinking a bit before the actual battery pack total depletion (5.5V for instance). 要点その2:逆に下限値には現実的な値を設定するとよい。保護回路付きリチウムイオン電池は5.2V当たりで自動的に電流を遮断する。PLIの下限値をその値に設定してしまうと、低電圧を知らせたときには手遅れになってしまう。よって、実際に電池が消耗しきる直前に最後のランプが点滅するように、下限値は高め(例えば5.5Vとか)に設定したほうが良い。
Page-37 37ページ目
Special Accent mode for LED1 1番目のアクセントLEDでの特別な表示モード
For Crystal Focus v5.10 we added 3 special modes to the accent LED1 pad. Using those special modes disable neither the other accent leds nor the possibility to use the PLI. Crystal Focus Ver5では1番目のアクセントLEDに3つの特別なモードを追加した。これら特別なモードを使っても、他のアクセントLEDやPLIとしての利用は制限されない。
We defined 4 modes for that specific accent LED: アクセントLED1には次の4つのモードがある。
・Normal : LED1 remains a regular sequenced LED and also displays the last segment of the PLI bargraph. ・普通:通常の電飾発光やPLIバーグラフの最後のひとメモリとして振る舞う。
・High-Power LED mirror : LED1 will mirror (or mimic) the behavior of the blade main LED, including flicker and shimmer. ・高出力LEDのミラー動作:ゆらめきやチラツキなども含めてメインLEDの振る舞いを真似る。
・Sound Mirror : LED1 will be animated in regard of the sound envelope (the "beat") ・サウンドミラー動作:音の変化(ビートの強さ)に関連して発光する。
・Crystal Pulse TM : LED1 brightness will be pulsed up and down as defined by the additional parameters used in the led parameters configuration files (see below). ・クリスタルパルス:LED用設定ファイル(下記参照)の追加設定値の定義に応じて強弱のパルスで発光する。
New parameters have been added to the leds.txt, idle.txt and lockup.txt files to provide multiple scenarios for the LED1 accent pad. The mode of this specific accent LED can be different in each saber mode (off/idle, blade on, lockup). アクセントLED端子1に様々な利用シーンを与えるために、leds.txt、idle.txt、lockup.txtの各設定ファイルに新たなパラメーターが追加されている。
・acc1mode [0-3]: type of effect of accent pad LED1. 0 is normal sequenced LED, 1 is main led mirror, 2 is sound mirror, 3 is Crystal Pulse TM . ・acc1mode [0-3]: アクセントLED端子1の動作モード選択。0は通常。1はメインLEDのミラー。2はサウンドミラー。3はクリスタルパルス。
・acc1pulsed [0-99]: Depth of the Crystal Pulse TM mode, in %. To have brightness sweep from max brightness to zero and conversely, use 99%. ・acc1pulsed [0-99]: クリスタルパルス動作時の光の深さを百分率で指定。最大の輝きからゼロまでを光らせる場合、99を指定する。
・acc1pulsel [0-5000]: Duration of the pulse half-trip, in multiple of 2m like the other timing parameters of Crystal Focus. Note that we did implement a more rudimentary algorithm compared to the blade pulsing system hence accurate or very long timing aren't possible. ・acc1pulsel [0-5000]: 明から滅に移るまでの時間。Crystal Focusの他のパラメーターと同じく1 = 2ミリ秒で指定。注:ブレードの明滅制御よりも簡素なアルゴリズムにしてある。従って正確さやより長い時間は期待しないこと。
Color changing saber カラーチェンジセーバー
I got a recurrent user requirement for driving multiple LEDs/dice, with the idea to make a color changing saber. 複数のCFユーザーからカラーチェンジセーバーのアイデアとともにマルチダイLEDを制御したいという要望を受けた。
This idea is addressed to the multi-dice LEDs, like the Ledengin ones since most of the other solutions (prolight RGB, tri-rebel) suffer of the lack of an appropriate optic. このアイデアは適当な光学パーツを欠く他のLED(ProlightRGBやtry-rebel)ではなくLedengin製のマルチダイLEDに向けられたものだ。
In order to keep the system simple, I decided to recycle existing hardware and output of the board: the color selection uses the 4 first accent LED pads. The 3 remaining ones can still be used for accent LEDs, however, the first (right most) 4 bits of the states defined in the accent LEDs sequencing files are masked and ignored when the RGB mode is enabled. システムを単純にしておくために、既存の部品と出力端子を流用し、4つのアクセントLED端子を使うこととした。残り3つのアクセントLEDは今まで通りの目的で使えるが、RGBモードがオンになっている場合、アクセントLED1から4についての制御ファイルの内容(行で言うと後ろから4桁のビット)は無効となり無視される。
The idea is fairly simple: the outputs of the blinking LEDs are used to remote control power xtender micro boards, creating a dice multiplexer. 考えは単純で、アクセントLED向けの出力端子をPowerXtenderの制御に用いて、LEDダイのマルチプレクサ(2つ以上の信号/入力を1つにまとめるもの)を作るのである。
In version 5, it’s now any combination of 4 LED dice that can be used to select the blade color, with still the limitation of the 2A of the driver. ヴァージョン5ではドライバに2Aの制限があるけれども、ブレードカラーを選ぶのにどのような4つのLEDでも組み合わせ可能となった。
Page-38 38ページ目
Please note that if multiple dice are selected at the same time, they must have compatible forward voltage. すべてのLEDダイを点灯する際は、LEDそれぞれの前方電圧を満たしていなければならないことを確認して欲しい。
The configuration file features a new format to describe the combination of dice to use with the selected sound bank. The format is similar to the accent led sequence state format. 設定ファイルには選択したサウンドバンクで使用するLEDダイの組み合わせについての新しい設定内容が追加されている。
Examples: 例:
rgb=0001 indicates the board to enable accent LED pad #1 rgb=0001 アクセントLED端子1に接続されたLEDを示す
rgb=0101 indicates the board to enable accent LED pad #1 and #3 rgb=0101 アクセントLED端子1と3に接続されたLEDを示す
User must bridge the accent led resistor footprints on the PCB to allow proper operation of the RGB mode. RGBモードを適切に使用するためには、アクセントLED用抵抗のフットプリントとアクセントLED端子をブリッジしておかなければならない。
(マルチカラー接続図)
The advantage of the system is that the rgb parameter of the configuration file is defined for each sound bank. Hence, a “dark” sound bank can select the red LED and so on. この仕組みの利点は、設定ファイルのRGBパラメーターを各サウンドバンクごとに定義できることである。従って、”暗黒面な”サウンドバンクには赤いLEDを点灯させられたりする。
There isn’t any color affectation bound inside the firmware of Crystal Focus. Setting rgb to 0001 will use the LED1 output as a remote to the corresponding power xtender board. If you want the matching LED to be white, it can be a white one. The user can decide of any association between the rgb parameter value and the corresponding controlled LED & resulting blade color. Crystal Focusのファームウェア内にはLEDの色についての縛りは一切ない。rgbパラメーターを0001にすると、LED1端子出力を対応するPowerXetenderの制御として使う。そのPowerXtenderにつながれたLEDを白色にしたければ、そうすることが出来る。どのようなrgbパラメーターにして、どのLEDをコントロールしてどんな色のブレードを出すかも自由に決められる。
Page-39 39ページ目
“Force push” effect 「フォースプッシュ」効果
One of the great improvements since version 2 is the “Force Push” sound effect. In our favorite movies, the characters have the ability to push an opponent using telekinesis. This effect is by definition silent, however, in the video games for instance, an audio effect is added to provide the appropriate feedback to the player or to the audience. CFヴァージョン2からの大きな進歩の一つが「フォースプッシュ」サウンドエフェクトである。みんなの大好きな映画劇中では、登場人物らは念力によって敵を吹っ飛ばす能力を持っている。この効果は無音だとされているけれども、例えばビデオゲームのなかではプレイヤーや観客がそれとわかるように効果音が付与されている。
The “Force Push” gesture is (usually) done by the hand which is not holding the saber, it’s therefore impossible to detect the gesture with it(without additional sensors). We implemented a “trick” to control the “Force Push” using our gesture detection system and the auxiliary button. フォースプッシュのゼスチャーは(普通は)セーバーを持っていない方の手で行われているため、(センサーを追加しないと)セーバーにそのゼスチャーを検知させるのは不可能である。そのため補助ボタンとゼスチャー検知機構をつかってフォースプッシュ効果を実装した。
The main idea is to use the hand holding the saber as the “real” trigger of the effect while the other hand fakes to do the gesture. 片方の手で見かけのフォースプッシュゼスチャーをしている間に、セーバーを握っている方の手で実際の効果発動をさせるというのが主なアイデアである。
The fighter will “push” his opponent with one hand while moving a bit the saber/hilt and pressing the aux. button at the same time. 補助ボタンを押しつつ、同時に少しセーバーを揺らしてる間に、手を動かしてフォースプッシュの動作をする。
The aim is to trigger a swing gesture while pressing the aux. button at the same time: it will play the corresponding “force” sound effect (force.wav). 目的は補助ボタンを押している間に同時にセーバーを振る動作を効果音の引き金にすることだ。それによりフォース効果音(force.wav)が鳴らされる。
This combo is not so easy to achieve especially is the fighter is strongly left or right handed. It might be easier for an ambidextrous person, or someone playing a musical instrument. But just like dueling with a saber, it just requires practice and training to master an expert gesture. この動作を行うのは(特に利き手が強い人にとっては)簡単ではない。両利きの人か楽器を演奏する人ならより簡単だろう。しかし、この動作をマスターするにはセーバーで擬斗をするのと同じくただ切磋琢磨あるのみだ。
To get used to the Force Push technique, increase in a significant way the value of lockup to stay away from an easy blade lockup triggering. Press the aux. button first then wave the hilt to trigger a Force Push effect. Once you’ll get used to this combo (aux. button then quick waving), reduce again the parameter lockup until you obtain a good access to the 3 effects activated by the aux. button (Blaster Deflection, Blade Lockup, Force Push) フォースプッシュ効果を使うためには、ロックアップが簡単に発生しないぐらいlockupパラメーターの値を大きく上げておき、補助ボタンを押してからヒルトを揺らしてフォースプッシュ効果を発生させる。この一連の動作(補助ボタン後に素早く揺らす)が出来るようになってきたら、補助ボタンで起動する3つの効果(ブラスター偏向、ロックアップ、フォースプッシュ)が良い感じに発生させられるよう、lockupパラメーターの値を下げていくと良い。
Since version 4, a similar combination exists with a clash. Pressing first on the aux. switch just before triggering a clash (blade impact), the force2.wav sound is played. ヴァージョン4からは、クラッシュに際してよく似た動きがある。クラッシュを発生させる(ブレードに衝撃を与える)直前に補助ボタンを押してやると、force2.wavが再生される。
Once the effect has been played, if the auxiliary button is kept pressed, the blade lockup and blaster effects are disabled until the button is released. However, clash and swing effects remain active. フォースプッシュサウンドが鳴らされると、補助ボタンを押し続けている限り、ロックアップもブラスター偏向もオフになる。クラッシュとスイングは通常通り。
Crystal Focus V5.10 マニュアル対訳 その3 Crystal Focus V5.10 マニュアル対訳 その5
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



更新履歴

取得中です。

count since 11/2/28
累計: -
本日: -
昨日: -