PetitCrouton v1.6 マニュアル対訳 その1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Petit Crouton (a.k.a. PC-L) v1.6 Petit Crouton(略称 PC-L)v1.6
Entry Range Illuminated Saber Controller - User’s manual 簡易版ライトセーバー用制御ボードのユーザーマニュアル
c Erv’ - Plecter Labs - v 1.6 - August 2010
erv@plecterlabs.com
http://www.plecterlabs.com
We spent a lot of time writing this manual to ensure all the important information is provided for proper use of that board. If you are new to saber building, to the use of Plecter Labs boards, or simply to electronics in general, we highly recommend you print a copy of that document and keep it with you during the whole process of installing PC in your hilt. この制御ボードを適切に使うための情報を盛り込むために、我々は多大な労力を費やしました。もし初めてPlecter Labの音源ボードを使ってライトセーバーを作る場合や、電気配線の参照のためにも、このマニュアルを印刷して、製作途中にいつでも手に取れるようにしておくことをおすすめします。
Page-2 2ページ目
Index 目次
PETIT CROUTON (A.K.A. PC-L) V1.6 1 PETIT CROUTON(小さなクルトン 略称PC-L) V1.6 … 1
INTRODUCTION 3 はじめに … 3
Sound section 3 サウンドセクション…3
Petit Crouton V1.6 Features & Maximum Ratings 4 PC-L V1.6の仕様と諸元 … 4
TOOLS AND PARTS REQUIRED TO INSTALL/OPERATE THE MODULE 4 組立と操作に必要な工具と部品 … 4
SD CARD CONTENTS, SOUND BANKS AND SLOTS 5 SDカード収録内容、サウンドバンクとスロット … 5
BOARD OVERVIEW 6 基板概略図 … 6
USER’S NOTES 6 自由帳 … 6
WIRING AND OPERATING THE MODULE 7 配線と使用方法 … 7
General Power Switch & Recharge Port 7 主電源スイッチと充電ポート … 7
General wiring 9 一般的な配線方法 … 9
USER’S NOTES 9 自由帳 … 9
Animated Accent LEDs 10 動的アクセントLED … 10
Calculating resistors for LEDs 10 LED用抵抗の計算法 … 10
MAIN CONFIGURATION FILE 11 設定ファイル … 11
PARAMETERS AND FINE TUNING THE SABER 12 ライトセーバー用の設定値と適切な値 (PetitCroutonマニュアル対訳 その2へ) … 12
CLASHES & SWINGS SELECTION MODES 14 クラッシュ音とスイング音の選択モード … 14
ADVANCED WIRING & USAGE 15 高度な配線方法と使用法 … 15
WIRING A TACTILE FEEDBACK MOTOR AND A PROGRESSIVE POWER ON LED 15 振動効果用モーターと高度な通電ランプLEDの配線方法 … 15
WIRING A GENERAL POWER-ON INDICATOR / ACCENT LED 18 通電ランプLED及びアクセントLEDの配線方法 … 18
WIRING A FLASH ON CLASH.(FOC.) LED / DIE 19 衝撃時フラッシュ(FoC)LEDの配線方法、および専用端子について … 19
ACCENT LEDS SEQUENCER 21 アクセントLEDシーケンサー … 21
Stages & Delays 21 電飾の発光順序について … 21
DEEP SLEEP FLASHING LED 22 スリープモード時の点滅LED … 22
TROUBLESHOOTING & FAQ 23 こんな時は … 23
Page-3 3ページ目
Introduction はじめに
The Petit Crouton is the little brother of our Crystal Focus Board. It keeps the same spirit while using some more modest parts and sensors, making it a perfect entry range sound fx and high-power LED driver combo board. Petit Croutonはerv氏の提供するCrystal Focusホードの弟分になります。ほぼ同じかちょっと低コストのパーツを使っているものの、Crystal Focusと同じ志を受け継ぎ、簡易版ではあるものの素晴らしい音響効果と、ハイパワーLEDの制御能力を合わせ持った制御ボードです。
Warning : You’ve just acquired an electronic board containing parts sensitive to ESD. Final wiring & assembly is under responsibility of the user with the appropriate tools and ESD protection. If you’re not familiar with ESD, please visit : http://en.wikipedia.org/wiki/Electrostatic_discharge Plecter Labs can not be held responsible for improper use or assembly of the Petit Crouton board. 警告:あなたは静電気放電に敏感な電子機器を手にしています。配線と組み立ての完成には、静電気対策済み工具を使い、ボードを静電気放電から保護するなどの対策が自己責任で必要となります。 もし放電についてお知りになりたければ、Wikipediaの放電・静電気の項を参照するといいでしょう。Plecter LabsはPetit Croutonの不適切な使用と組み立てに対しては責任を負いません。
Warning : High-power LEDs (such as the Luxeon brand LED, which is mentioned in this document) are extremely bright. They are considered "class 2 lasers"! You should neither look directly to the beam nor point someone with it when the blade is not attached to the hilt, just like a powerfull lamp or flashlight. Plecter Labs could not be held responsible for any bad use of high-power LEDs. To avoid injuries and retina damage due to the high brightness of those high-power LEDs, simple “emitter plugs” can be built using a piece of blade tubing ended with some decorative greeblies. 警告:ハイパワーLED(このマニュアルに登場するLuxeonブランドのLEDのようなもの)は強烈に輝きます。それらは安全基準クラス2のレーザーとみなされています!LEDからの光を直視すべきではないし、ブレードがつけられていないときのヒルトは強力な電灯やフラッシュライトと同様なので、その状態で誰かに光を向けるべきではありません。Plecter LabsはハイパワーLEDの不適切な使用について責任を負いません。 これらのハイパワーLEDによる怪我や網膜へのダメージを避けるために、(ヒルトをブレードを挿していないときには)ブレードの端材から作れる簡単な「エミッタープラグ」を用いるべきでしょう。
Sound section サウンドセクション
The Plecter Labs sound board is unique. It has been developed in the purpose of improving the quality of DIY sabers sound FX in a significant way. During too many years, sound modules were obtained from sacrificed toys and remained low quality. Master Replica FX sabers broke the line with better sounds and good dynamics. However, the low resolution motion sensors used as well as closed electronics made those boards impossible to adjust in term of sensitivity or sound contents. Plecter Labs製の音源ボードは特製です。自作・改造ライトセーバーの音響効果の著しい品質向上のために開発されてきました。長い間、犠牲となったオモチャから流用されていたライトセーバーの発音装置は品質が低いままでした。マスターレプリカ社製FXライトセーバーはより良い音と動作のための道を開きました。しかしながらモーションセンサーの精度は低く、感度を調節することも出来ず、音色を変えることも出来ませんでした。
We have monitored several attempts for building an embedded sound module playing custom & changeable sounds, often based on chipcorders. Using bulky parts, those were often unreliable and hard to fit in a hilt. Not to add those chipcorders were designed for digital answering machines, and therefore feature a bad restitution quality (voice sample rate - 8 KHz). 音色が自作できて変えられる発音装置をつくる試みが幾つか知られていますが、それらはボイスレコーダーを基としたものでした。サイズがかさばり、ヒルトに入れにくいものになるのが普通でした。ボイスレコーダーはデジタル応答装置のためにデザインされており、音声解像度も低いものでした(サンプリングレートは8Khz)。
Plecter Labs decided to process the internal motion sensors and the sound generation on the same board which requires some non-volatile memory. Second, we needed a simple way to upload or download sound contents or configuration of the saber through a simple and standard way. To avoid any plugging problem with a small connector and an easy-to-loose cable, we opted for a high-end flash memory card in the SD format (now microSD). Plecter Labsは不揮発メモリを搭載し、モーションセンサーと発音装置をひとまとめにした音源ボードを製作することを決めました。続いて、セーバー用の音声や設定ファイルを簡単かつ一般的な方法で書き込める単純な方法が必要でした。外れやすい小さいコネクターを接続することにまつわる諸問題を避けるため、SDフォーマットされた最高仕様のフラッシュメモリーカード(現在はmicroSD)を適当としました。
Page-4 4ページ目
Inserted in a USB card reader like the one we sell, the card is seen as a USB storage key and it takes a few seconds only to transfer files to or from the card, on Mac or PC, without the need of any custom piece of software. Plecter Labsのwebストアでも販売しているUSBカードリーダーにSDカードを差し込めば、MacでもPCでも特別なソフト無しに数秒のうちにUSBストレージとしてカード内部にアクセスすることが出来ます。
Petit Crouton V1.6 Features & Maximum Ratings Petit Crouton V1.6の仕様と諸元
・Dimensions: 54.6x23.5x7.5 mm (with the microSD card). ・寸法:54.6x23.5x7.5 mm (microSDカード装着時)
・Power supply: 4.5 to 9 V / 2A (with the High-power LED). 2 li-ion cells (18650 or 14500) batteries recommended. ・使用電力:4.5~9V / 2A(ハイパワーLED使用時)。2本のリチウムイオン電池(18650もしくは14500)の使用推奨
・Idle current consumption : 3 mA (deep sleep mode) ・待機電力: 3mA(ディープスリープモード)
・1.5 A high-power LED drive ・1.5AのハイパワーLEDを制御
・Speaker: 4 to 8 ohm. ・スピーカー: 4~8Ω
・Audio output Power : 2W ・オーディオ出力 : 2W
・Accent LEDs: 2 ・アクセントLED : 2個まで
・Accent LEDs pad current source: 18 mA max per pad ・アクセントLED端子電力 : 端子毎に18mA
・Handles momentary or latching for blade activation ・モーメンタリ又はラッチングスイッチでスイッチオン
・Blaster Blocking & Lockup Fx ・ブラスター防御・つばぜり合い効果音
・Blade Flickering Fx ・ブレードの明滅効果
・Blade Shimmering on Clash ・衝撃時に発光チラツキ
・Flash on Clash TM (FoC TM ) ・Flash on Clash TM :衝撃時にフラッシュ効果(FoC)
・Anti Power Off technology (A-POP TM ) ・誤操作による電源OFFの防止機構(APOP)あり
・8 stage accent LED sequencer ・8段階のアクセントLEDシーケンサー
・WAV file support WAV形式音源ファイルサポート
・8 bit, 22.050 ksample/sec DAC ・8ビット 22.050キロ秒サンプリング デジタルアナログコンバーター
・SD card support: up to 2GB, FAT16 or FAT32 (beta). Sandisk and Kingston brands preferred. ・SDカード:最大2GB、FAT16又はFAT32フォーマット。サンディスク製又はキングストン製推奨
Tools and Parts required to install/operate the module 組立と操作に必要な工具と部品
・an ESD safe soldering station & soldering wire (60/40, 1mm OD or eq.) ・静電気対策済みハンダごてとハンダ(60/40、1mm径又は同等品)
・pliers (flat and cutting) ・プライヤー(flat and cutting)
・a Digital Multimeter / DMM (strongly advised, so useful) ・デジタルテスター
・a latching or momentary switch for the blade ignition, and a momentary switch for the auxiliary switch. ・On/Off用にラッチング又はモーメンタリスイッチ。補助効果用にはモーメンタリスイッチ。
・wire & heat shrink ・リード線と熱収縮チューブ
・rechargeable Batteries ・充電池
・recharge port (canon 2.1mm socket) ・充電用ポート(canon 2.1mmソケット)
・appropriate Battery charger ・充電池毎の専用充電器
・a USB SD card reader accepting micro SD card or a regular SD card reader with a micro to regular SD card adapter. ・SDカード又はMicroSDカードが装着可能なUSB SDカードリーダー
・a computer ・パソコン
・a digital audio editor software handling WAV files if you wish to create your own sound fonts. ・サウンドフォントを作成したい場合は、WAVファイルを編集できるデジタルオーディオエディタ
Page-5 5ページ目
SD card contents, Sound Banks and Slots SDカード収録内容、サウンドバンクとスロット
Sounds are stored in the WAV format (16 bits, 22050 samples per second). サウンドデータはWAVフォーマット(16bit、22050サンプル/秒)で収録。
Petit Crouton has a single sound bank, with all the files (including configuration files) stored in the root directory of the SD card. Despite the module uses an 8 bit sound output, we kept the 16 bit format of the sound font, therefore ensuring immediate compatibility with CF sound fonts. Petit Croutonは一つのサウンドバンクを用いる。設定ファイルを含むすべてのファイルはSDカードのルートディレクトリに収録されている。PC1.6は8ビット出力だけれども、CF用サウンドフォントとの互換性を保つために、16ビット形式にしてある。
WAV sound files must comply with the format above or they will be skipped during the boot, leading to sound gaps or board failure. WAV形式ファイルは上記レートでなければならず、これを越えるレートの場合はブート時の読み込みでスキップされて再生されない為、無音が発生したり基板のエラーを引き起こす。
A sound bank has 22 sound slots split as below: サウンドバンクは下記に示す22個のスロットに分割されている
a boot sound (boot.wav) 通電音(boot.wav)
a power on sound (poweron.wav) 発光起動音(poweron.wav)
a power off sound (poweroff.wav) 発光終了音(poweroff.wav)
continuous humming (hum.wav) アイドル時ハム音(hum.wav)
8 clash sounds (clash1.wav to clash8.wav) 8個の衝撃音(clash1.wav to clash8.wav)
8 swing sounds (swing1.wav to swing8.wav) 8個のスイング音(swing1.wav to swing8.wav)
a blaster blocking sound (blaster.wav) ブラスター防御音(blaster.wav)
a blade lockup sound (lockup.wav) 鍔迫り合い音(lockup.wav)
When the power supply voltage is applied to the board, our board “boots” and plays a little logo sound to notify the user, just like a digital camera. This little logo makes sure the Petit Crouton Saber Core started properly and it gives a special identity to the saber and to the loaded sound font. This sound can be of course customized. If the boot sound boot.wav is not on the SD card, a little beep is played instead. If you don’t want any sound when powering the module, create a WAV sound file with 100 ms of silence. ボードに必要な電源が供給されると、ボードが起動し、ちょうどデジカメのようにユーザーにそれを知らせる、ちょっとしたロゴサウンドが再生される。このロゴサウンドはPetit Crouton Saber Coreが適切に起動し、サウンドフォントをロードして、特別な特徴をライトセーバーにもたらしたことを表している。このブート音はもちろんカスタマイズできる。もし通電音であるboot.wavがSDカードに記録されていない場合、小さなビープ音が代わりに流される。もし通電時に何の音も流したくない場合は、無音を100ミリ秒記録したWAV形式ファイルを(boot.wavとして)用いると良い。
The sounds must be all there on the SD card and be named properly (lower case) to have the module operating properly. Same thing for the configuration files (.txt). We advice the user to keep all its sound and configuration files in specific folders on the hard disk on the computer so that changing the saber’s contents remains easy(unlocked board). Use some explicit naming of the folders so that you can easily remember what the sound font and configuration files are doing, for instance [very_sensitive_dark_lord_saber]. 基板が正しく動作するためには、音源データが正しく名付けられて(全て小文字)、SDカードに配置されていなければならない。設定ファイル(confi.txt)も同様である。(Unlock版の場合)セーバーの設定を簡単にするために、音源データや設定ファイルをパソコンの適当な名前をつけたフォルダに保存しておくことを勧める。たとえば「かなり敏感設定のダークロードセーバー」とか、設定がわかり易い名前のフォルダーにしておくと、後で内容を思い出しやすいだろう。
Page-6 6ページ目
Board Overview 基板全体図
(基板写真及び各部名称)
High-Power LED Pads 高出力LED端子
Speaker Pads スピーカー端子
Motion Sensors モーションセンサー
MCU メモリコントロールユニット
Accent LED pads アクセントLED端子
Aux. Switch 補助スイッチ端子
Ignition Switch 起動スイッチ端子
Power Supply Pads 電源端子
μSD microSDソケット
Clash Sensor クラッシュセンサー
User’s Notes 自由帳
(メモなどを自由に書き込める空白)
Page-7 7ページ目
Wiring and Operating the Module 配線と使用方法
The board must be powered with an appropriate battery pack. We highly recommend the use of good quality li-ion battery packs made of 14500 or 18650 cells and including protection PCBs. The AW brand makes superior quality batteries while the Ultrafire remains a cost effective solution. PC基板は仕様に応じたバッテリーパックで給電されなければならない。保護回路付きの高品質な14500ないし18650リチウムイオン電池で構成されたバッテリーパックを強く推奨する。価格面からはUltraFireブランドの電池がよいけれども、AWブランドの方が高品質である。
Unless you have a convenient way to open the hilt and access the inside of the saber (Graflex base for instance), we strongly recommend the use of a directly connected battery pack (with a “recharge port”) vs. removable cells. Moreover, for dueling sabers, directly wired battery packs have more reliable connections compared to spring action battery holders. セーバーの中身にアクセスしにくい構造のヒルト(グラフレックスがベースとか)の場合、電池を取り出し可能にするよりは、回路に直付のバッテリーパック(充電ポート付き)にすることを強く推奨する。擬斗に用いるセーバーの場合はなおさらで、直接配線されたバッテリーパックはバネ付きホルダの電池よりも接触が途切れる心配がない。
A 2-cell li-ion will provide a nominal voltage of 7.4V to the board. The board isn’t compatible with a 3-cell solution without some modifications of the electronics. Ni-MH battery packs are simply not recommended since they have a bigger energy storage/volume ratio and cost of li-ion cells isn’t an issue anymore. 2個のリチウムイオン電池は通常7.4vの電圧をCF基板に供給する。CF基板は何らかの工夫なしには3個のリチウムイオン電池を使用することができない(訳注:CFの対応電圧は5.5~11V)。ニッケル水素電池は供給電圧の割にはサイズが大きくなり、リチウムイオン電池の価格ももはや問題にならないので推奨しない。
General Power Switch & Recharge Port 主電源スイッチと充電ポート
Despite the PC board has a very low idle current use (3mA) when the blade is off and board is in deep sleep mode, long term storage of the hilt on a shelf or display case requires the electronics to be fully shut off. To avoid the use of an additional general power switch, we use the recharge port for that very purpose. A pin 2.1 mm “Canon”socket is a popular choice. Two of those pins are connected when nothing is inserted in the socket. Contact is disrupted when a plug is inserted. PetitCroutonボードはブレードが発光せず、ボードがディープスリープモードにあるとき、非常に低いアイドル電流(3mA)に抑えられているけれども、ヒルトを長期間、棚やショーケースに保存している場合、電気回路への通電を完全にカットすることを推奨する。我々は主電源スイッチを設ける代わりに、その目的で充電ポートを用いるようにしている。2.1mm径の"Canon"ソケットがよく選ばれている。ソケットに何も挿入されていないときは2つのピンが接続されている。プラグが挿入されると接続が遮断される。
Along the years, the “kill key” technique has been developed: a fake plastic plug is decorated to look like an actual part of the hilt. When inserted, it cuts the power supply to the board in the recharge port. Of course, the port recharges the internal battery pack when an actual charger plug is inserted. 数年にわたって、キルキーという手法が開発されてきた。それは、ヒルトのパーツに似せたプラスチック製のダミープラグである。キルキーが挿入されると、充電ポートからボードへの電源供給経路が断たれる。もちろん、充電ポートは実際の充電プラグを挿し込むと、内部のバッテリーパックに給電する。
Below, 2 examples of decorative kill keys (February 2006 and July 2010) 下の2つはパーツに似せたキルキーのサンプル画像
キルキーのサンプル画像
The Kill Key must be made out of a non-conductive material (PVC, Nylon etc). The left picture above shows a kill key made out of a sacrificed male plug (metal) but it’s provided only as a reference picture and plastic should be used as a rule of the thumb. キルキーは絶縁素材(ポリ塩化ビニルやナイロン)で作成されなければならない。左の写真ではキルキーがメタル製のオスプラグから流用されて作られているが、これはあくまでサンプルで、経験則としてプラスチックを使うべきである。
Page-8 8ページ目
Here’s the usual wiring of the recharge port. Please note that not all recharge ports have the exact same pin out. User must understand the principle of wiring a recharge port and must be able to identify the different pins of a socket. ここに一般的な充電ポートの配線を示す。すべての充電ポートがこの例と同じとは限らないことに注意して欲しい。使用者は充電ポートへの配線の原則をよく理解し、異なるソケットのピンを見分けられるように成るべきである。
The idea is fairly simple: the positive of the battery pack goes to the recharge port central pin (referred as tip) and to the positive of the board. It’s not affected by the kill key. The negative of the battery pack goes to the pin of the recharge port that is connected to the outer sleeve of the socket. The last pin, referred as switched negative pin and goes to the negative of the board. 考え方は実に単純で、バッテリーパックのプラス極からは充電ポートの中心のピンに、そしてそこからボードのプラス極へ配線する。このピンはキルキーに影響を受けない。バッテリーパックのマイナス極と充電ポートの外側の覆いとつながているピンに接続する。残ったピンはスイッチとして働き、これはボードのマイナス極と接続する。
(充電用ポートと充電用プラグの画像)
When nothing is inserted in the port, the negative of the battery pack is internally connected to the switched negative tab, hence powering the board. When a Kill Key is inserted in the port, the negative of the board is no longer connected to the negative of the battery pack: the board is fully powered down. When a charger plug is inserted in the recharge port, the charging voltage is reaching both leads of the battery pack while the negative of the board is still unconnected from the circuit, preventing damages to the electronics and ensuring only the battery pack is connected to the charger for proper charge. ポートに何も挿されていないとき、バッテリーパックのマイナス極はポート内部でマイナス極同士接続され、ボードに電力が供給されることになる。キルキーが挿入されると、ボードのマイナス極はバッテリーパックのマイナス極と繋がらなくなり、ボードへの電力供給が断たれる。充電プラグが挿されるとバッテリーパックの両極への接続に充電電圧がかかるものの、ボードと回路との接触は断たれており、過大電流によるボードへのダメージは避けられて、バッテリーパックに適切な充電を行うのみとなる。
In the previous picture the green-black drawn switched doesn’t need to be wired per say, it only illustrates the recharge socket internal switch. 上の画像で緑と黒で描かれたスイッチは実際に接続する必要がなく、充電ソケット内部のスイッチをイメージしたものである。
Page-9 9ページ目
General wiring 一般的な配線方法
The board doesn’t need so many connections for basic operation. Aside of the recharge port / power supply detailed above, only a pair of switches, the high power LED and the speaker are required to be soldered to get 90% of the features the PC board proposes. 基本機能を使うのであれば、ボードはそんなにたくさんの配線を必要としない。PetitCroutonの提供する機能の9割を利用するのには、上記の充電ポートとバッテリーパックの他、一組のスイッチ、ハイパワーLEDとスピーカーをハンダ付けすれば良い。
配線例の画像
NEVER change the high-power LED while Petit Crouton Saber Core is in idle mode. If you need to install another high-power LED (changing the color for instance) you must totally power the saber off. 決して 、Petit Crouton Saber Coreが待機モードになっているときに、ハイパワーLEDの交換を行ってはならない。もし別のハイパワーLEDを(色を変えたいとかで)接続する必要がある場合、完全にセーバーの電力を落とさなければならない。
User’s Notes 自由帳
(メモなどを自由に書き込める空白)
Page-10 10ページ目
Animated Accent LEDs 明滅可能なアクセントLED
There are many ways to “pimp” your saber hilt using additional small LEDs further referred in this document as Accent LEDs. ヒルトに小さなLED(このドキュメントでアクセントLEDと呼ばれる)を追加することで、セーバーに"惹きつけさせる"色んな表示方法がある。
Petit Crouton features a 8 stage sequencer that allows the user to setup a blinking animated sequence for up to 2 LEDs. The board outputs 3.3V / 18mA max per accent LED pad. User must ensure the used accent LEDs have a forward voltage (Vf) lower or equal to 3.3V. Petit Croutonの機能として、2つのLEDに対して8種類の明滅方法を設定できるようにしている。ボードはアクセントLED端子分に最大3.3V/18mAの電力を出力する。アクセントLEDを用いる場合、その順電圧が3.3V以下であることを確認しなければならない。
(アクセントLEDの接続説明画像)
Accent LEDs Resistor Footprints アクセントLED用抵抗接続端子
Accent LEDs PADs アクセントLED用プラス極端子
Accent LEDs Ground Return アクセントLED用接地(マイナス極)
On the picture above, the red arrows point to the positive pads of the accent leds, use small gauge wire to send those signals to the positive of the LEDs. Flat/Ribbon cable can be very handy for that purpose. Then both negatives of the LEDs return to a single pad pointed by the blue arrow (ground return). 上の画像では、赤い矢印がアクセントLEDのプラス極との端子を示している。細いリード線を使ってLEDのプラス極へと接続する。Flat/Ribbon cableが接続しやすいだろう。2つのLEDのマイナス極は青い矢印で示されている端子(グランド/接地)にハンダ付けする。
The resistor pads on the PC-L are pre-bridged. You will need to use an external resistor for the accent LEDs PC-Lには抵抗用端子が設けられている。アクセントLED用に別途、抵抗を用意する必要がある。
Calculating resistors for LEDs LED用抵抗の計算法
R = (Vsupply - Vled) / LedCurrent 抵抗値 = (供給電力 - LED順電圧) / LED消費電流
In our case, Vsupply is the voltage the board provides to power the accent LEDs, ie 3.3V. The Vled is the forward voltage of the LED, usually referred as Vf in the datasheet. The led current has to be decided by the user, depending on the brightness and the maximum rating of the used LED. 5 to15 mA are fairly common for most accent LEDs. この場合、供給電力はボードがアクセントLEDに供給するものだから、3.3Vとなる。順電圧はLEDの順方向電圧であり、データシートでは普通、VFとして示されている。LED消費電流は利用目的によって決められ、使うLEDの最大許容値と光らせたい明るさで左右される。5~15mAが大抵のLEDで適正となっている。
As an example, let’s consider a 1.6 volt LED (red) at 10 mA 例えば1.6VのLED(赤)を10mAで用いる場合を考えると、
R = (3.3 - 1.6) / 0.01 = 170 ohm (→ 150 ohm in the classic E12 resistor serie) 抵抗値 = (3.3 - 1.6) / 0.01 = 170Ω(→旧E12系列の150Ω)
Be sure not to drive too much current in the LED (18 mA max). If you wish a good brightness with a low current, use high efficiency LED (generally coming in a transparent “crystal” coating). LEDには過大電流を流してはならない。低い電流でもっと輝きを得たい場合、高効率LEDを用いると良い(たいていは透過クリスタルコートされている)。
Please see further in this document for the sequencing of the accent LEDs. アクセントLEDの明滅制御については、このドキュメントで後述しているので参照のこと。
Page-11 11ページ目
Main Configuration File 設定ファイル
The config.txt configuration file is a simple text file to be edited with windows notepad. 設定ファイルであるconfig.txtは単なるテキストファイルであり、Windowsのメモ帳で編集できる。
It is composed of 19 parameters that must all be present in the file. Otherwise, the module will use default parameters. 設定ファイルは19のパラメーターで構成されており、それがすべてファイル内に存在していなければならない。
The text file accepts comments on a stand alone line (not mixed with a parameter line). The comment symbol is the C language double slash ‘//’ as the very first characters of the line. テキストファイルは一行で終わるコメント行(パラメーター行と分けなければならない)を含めることが出来る。コメントを示すシンボルはC原語のようにダブルスラッシュ(//)で、行頭に置く。
Certain parameters are integers (0-255 values), others are floating point numbers. 特定のパラメーターは整数型(0~255までの値)であり、その他は浮動小数点型である。
Format must be respected: even for entering value ‘1’ for a floating point parameter, ‘1.0’ has to be entered. 書式は守らなければならない。浮動小数点型のパラメーターに1を設定する場合は、”1.0”と書かなければならない。
To modify the file, insert the SD card in the USB card reader, and then browse the contents with windows file explorer (on E: for instance). Double-click on file config.txt : the notepad opens. You can directly save the file on the SD card. Once the configuration is over, simply remove the card from the reader after having it “ejected” (right click on the reader device in windows explorer, contextual menu, eject). Put the card back in the saber and test you new setup! ファイルを変更するにはSDカードをUSBカードコントローラーに挿入し、Windowsエクスプローラーで参照する(例えばE:ドライブとして現れる)。config.txtをダブルクリックするとメモ帳が起動する。そのまま保存すればSDカードに書き込まれる。保存が終わったら、Windowsで取り出し操作(カードデバイスを右クリックして表示されるコンテキストメニューから”取り出し"を選ぶ)を行って、カードリーダーから抜けば良い(訳註:Windows上でSDカードは大抵の場合、取り出し操作を行わなくてもそのまま引き抜ける)。そしてそのカードをセーバーに入れれば新しい設定を確認できる!
The configuration file MUST BE LESS than 512 bytes. If the size is bigger, the file will be skipped without further analysis and defaults parameters will be used. The basic configuration file of Petit Crouton is about 220 bytes, with a few comment lines for an easier reading. Make sure not to add too many comments in the file. If you are not sure of the file size, check it in Windows file Explorer, with a right click on the file, then “properties” in the contextual menu. 設定ファイルのサイズは512バイト以下でなければならない。 そのサイズを超えると、ファイルは一切解釈されず、規定値が用いられる。Petit Croutonの基本設定ファイルは読みやすくするためのいくつかのコメント行を含めても220バイトである。ファイルにはあまりたくさんのコメントを入れないほうが良い。もしファイルサイズがわからない場合は、Windowsエクスプローラー上でファイルを右クリックして、表示されるコンテキストメニューからプロパティを選んで調べる。
 
Make sure you have no space characters at the beginning of the line, or between the ‘=’ sign and the value of a parameter. 行頭や設定名と項目を繋ぐ”=”の間にも空白を置いてはならない。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



更新履歴

取得中です。

count since 11/2/28
累計: -
本日: -
昨日: -