PetitCrouton v1.6 マニュアル対訳 その2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Page-12 12ページ目
Parameters and fine tuning the saber ライトセーバー用の設定値と適切な値
The configuration file includes a set of parameters dedicated to the sound section of the controller and the gestural / motion detection (both being linked). A second set of parameters handles the behavior of the high-power LED. Some parameters influence both categories, since visual and sound effects are in tight relationship intrinsically. All parameters are lowercase. 設定ファイルはコントローラーのサウンドセクションとセーバーの動作を検知するためのパラメーターを含んでいる(サウンドと動作検知はリンクしている)。第二の設定値はハイパワーLEDの動作を取り扱う。光と音の効果は本質的に分かちがたく結ばれているため、いくつかのパラメーターは双方に影響を与える。設定名はすべて小文字となっている。
Certain parameters involve time / duration / delay. We tried to normalize those parameters to a single unit: a multiple of 2ms. Unless otherwise indicated, that’s what is used to define those timing parameters and it matches the internal clock of PC. 特定のパラメーターは時間(持続と遅延)に関係している。それらパラメーターを単一の単位に標準化しようと試みて、1単位を2ミリ秒とした。明記しない限り、その単位とPetitCroutonの内部クロックに適合するようにタイミングが決定される。
Motion & Gesture detection parameters : モーションとジェスチャー検知パラメーター
Motion recognition is processed using complex low latency DSP algorithms, however, most of the parameters used for those are internally computed so the user only has to setup a few thresholds & sensitivity level as high-level parameters. 動作検知は遅延時間の少ないDSPアルゴリズムの複合によって処理される。しかし、パラメーターの殆どは内部で処理されるために、利用者はただいくつかの閾値と感度を上級パラメーターとして設定するだけである。
The overall sensitivity of the board is controlled by the “i” parameter. If you want a more “verbose” saber while you’re satisfied of the swing / clash discrimination, just increase a little bit that parameter, turning it to 0.57 instead of the default 0.55 value. ボードの総合的な感度は"i"パラメーターによって制御される。スイングを満喫するために、セーバーをもっと”冗長的に”したい場合は、規定値の0.55から0.57に設定すると良い。
On the PC board, Swings and clashes processed with different sensors. A swing motion must exceed ls (low swing) to be considered as a potential gesture and then exceed hs(high swing) to trigger a swing sound. A clash is simply detected with the clash sensor (no parameter required.) Petit Croutonボードでは、スイングとクラッシュは異なるセンサーによって処理されている。スイング動作は潜在的動作と考えられるls(low swing:緩やかなスイング)を越えなければならず、hs(high swing:速いスイング)を越えるとスイング音を鳴らす。
Default parameters have been setup for you and usually, only the “i” parameter has to be touched up. 初期設定値は通常の仕様向けに設定されており、通常は i パラメーターを設定するだけで良い。
However, a special case can be considered: しかしながら、特殊なケースが考えられる
・The saber is not sensitive enough to the swing: decrease parameter hs of one point of two. Don’t decrease hs too much or undesired swing sounds will be triggered. セーバーがスイングに敏感でない場合:hsの値を2下げる。hsは下げすぎると不必要なサウンドを鳴らすことになる。
Gesture flows & priorities : ジェスチャーの処理手順と優先順位
Our gesture analysis is so fast that sounds could be chained one after the other at light speed! We therefore have to slow down the module because too many swing sounds played in a short time are not so realistic. For that reason we implement gesture flow limiters for swing and clash sounds. Petit Croutonのジェスチャー分析はとても高速なため、光の速さでひとつの音から次の音へと繋げられる!そのせいでほんの一瞬の間に沢山の音が鳴らされてしまい、かなり非現実的なため、処理速度を落とさなければならなかった。そのため、スイングとクラッシュ音に対するジェスチャー処理手順に制限値を盛り込んだ。
Clash sounds generally have the priority over all other sounds except in the following cases: クラッシュサウンドは次の場合を除いて他のサウンドよりも第一に処理される。
lockup is engaged : no other sound will be triggered until the aux. switch is released ロックアップが発生している:補助スイッチが押されている間、他のどの音も鳴らされない。
Page-13 13ページ目
a blaster sound is triggered. Swings cannot interrupt it. A clash can interrupt it. ブラスター防御音が鳴らされている。スイング音は鳴らない。クラッシュ音を一つだけ鳴らせる。
A clash sound can interrupt a swing sound even if the swing flow limiter is engaged (just after a swing was triggered). クラッシュ音はスイング閾値に達しているとき(スイングが引き起こされた直後)のスイング音よりも優先して鳴る。
A clash sound cannot interrupt a previously triggered clash sound if the clash flow limiter is still engaged (delay for triggering another one hasn’t expired). クラッシュ音はクラッシュ閾値に達していても(別の有効なクラッシュ音が引き起こされてからでも)、発生させられたクラッシュ音を遮らない。
A swing sound cannot interrupt a previously triggered swing sound if the swing flow limiter is still engaged (delay for triggering another one hasn’t expired). スイング音はたとえスイング閾値に達していても(別の有効なスイング音が引き起こされてからでも)、発生させられたスイング音を遮らない。
A swing sound can never interrupt a clash sound if the clash flow limiter is still engaged, and whether or not the swing rate limiter is engaged. スイング音はクラッシュ閾値に達しているときとはスイング閾値に達していようといまいと、クラッシュ音を遮ることはない。
If the clash flow limiter has expired, and even if the clash sound is still playing, a swing sound can interrupt it. クラッシュ閾値にないときは、クラッシュサウンドが鳴っていても、スイング音が優先して鳴る。
・swing [0-500] : swing rate flow limiter. Delay during which swings cannot be furthermore triggered. ・swing[0-500]:スイング率フロー制限。スイング音をそれ以上引き起こさないように遅らせる。
・clash [0-500] : clash rate flow limiter. Delay during which clashes cannot be furthermore triggered. ・clash [0-500]:クラッシュ率フロー制限。クラッシュ音をそれ以上引き起こさないように遅らせる。
Sound parameters : サウンド設定値 :
・vol [0-4] : digital volume setup. 0 mutes the sound output, 4 is the maximum volume. ・vol [0-4]: デジタル音量設定。0はサウンド出力をミュート。4が最大音量。
・shmrd [10-500] : duration of the shimmering effect of the high-power LED during a clash. Make sure this duration is not too much longer than the associated sound to keep a nice result. ・shmrd [10-500] :クラッシュ時のハイパワーLEDの明滅効果の期間。関連付けられているサウンドよりも長くなりすぎないよう設定するほうが良い効果が得られる。
・shmrp [5-25] : periodicity of the light bursts during the clash effect. A slow period will produce tight bursts. ・shmrp [5-25] : クラッシュ効果時の光の明滅周期。低い周期にすると密な明滅になる。
・shmrr [0-25] : random value applied to the periodicity of the light burst during a clash effect. Allows having bursts that are not regularly spaced in time which increases the realism. For instance, a period shmrp of 20 and a random value shmrr of 10 will produce a period between two bursts varying between 20 and 30 (ie 40 and 60 ms). ・shmrr [0-25] : クラッシュエフェクト時の光の明滅周期にランダムな値を与える。明滅に一定間隔を与えない方がリアリティが増す。例えば、周期をshmrpで20、ランダム値をshmrrで10の設定とすると、2つの明滅の間が20から30(すなわち40から60ミリ秒)の変化が発生する。
・switch [0-2] : selects if the saber is activated by a normally-open or a normally-closed switch. Certain “push-on push-off” switches are more practical and more reliable when released for activating the saber. Other switches might simply have an “inverted” logic (normally closed contact). When switch is set to 1, the saber lights up when the electrical contact of the switch is closed and conversely when switch is set to 0. If you wish to use a momentary switch for the blade activation, set switch to 2. ・switch [0-2] :通常位置がOff、もしくは通常位置がonのスイッチのどちらでセーバーを起動させるかを選択する。「押すとon、もう一度押すとoff」のスイッチ(オルタネイトスイッチ)はセーバーを起動するのに最も堅実で信頼性が高い。他のスイッチは単純に"逆位"(通常位置が通電)になっている。swichの値を 1 にすると、セーバーはスイッチが通電したときに発光し、0 にすると逆の時に発光する。もしセーバー起動に モーメンタリスイッチ を使いたい場合は、2 を設定する。
・offp [0-1] : Anti power off protection (A-POP). To avoid accidentally powering off the saber, especially when using a momentary button for activation, we added a power off protection. When this parameter is set to 1, the user must press the activation button and confirm with the auxiliary button. ・offp [0-1] : パワーオフ防止機構(A-POP)。特にモーメンタリスイッチを使っている際、不慮のパワーオフを避けるために、パワーオフ防止機構を設けている。1 を設定すると起動スイッチと補助スイッチの両方を押して電源を切るようになる。
It is not necessary to press both buttons at the same time, keep the activation switch pressed first, then press the auxiliary switch: the blade goes off. スイッチを同時に押す必要はなく、起動スイッチを最初に押してから、補助スイッチを押すと電源が切れる。
Page-14 14ページ目
・qon [0-3000] : “quick-on”. Allows having the blade ignited in a specific amount of time rather than matching the duration of the power on sound. This parameter is specified in milliseconds (ms) , and should not exceed the duration of any power on sounds. - qon [0-3000] : "クイックOn"。ブレードが点灯し切るまでの時間にブレード点灯音にマッチした特定の値を与えることが出来る。この設定値はブレード点灯音の長さを越えない範囲で ミリ秒で指定する
・qoff [0-3000] : same thing as above, but for the blade retractation. Also in ms . ・qoff [0-3000] :上と同じでこちらは消灯までの時間。同じく ミリ秒で指定
・lockup [0-1000] : our module features an auxiliary switch to trigger additional sound/visual effects. A short pressure on the switch generates the blaster effect (the saber blade stops a blaster ray), plays one of the blaster sounds. A longer pressure (maintained) triggers a blade lockup effect: while the switch is pressed, the sound lockup.wav is played in loop with some shimmering applied to the high-power LED. The parameter lockup specifies the duration of the delay before triggering the lockup effect. A short value (50 to 100) will trigger the effect almost immediately: to trigger a blaster effect, the user will have to release the button quickly. Conversely, a higher value will leave more time to produce a blaster blocking feature. ・lockup [0-1000] :Petit Croutonは補助スイッチを押すことでサウンドと光の効果を発生させる機能を備えている。短くボタンを押すと、ブラスター音(セーバーがブラスターを防御する音)を一音鳴らせる。長く押しつづけると、鍔迫り合い音をLEDの明滅と共に鳴らせられる。鍔迫り合い音はlookup.wavを繰り返し流す。設定値は鍔迫り合い効果の発生を遅らせる期間を指定する。短い値(50~100)ではすぐに鍔迫り合い音が発生する。ブラスター音を出すためには瞬時にボタンを離さなければならない。逆の場合で高い値を設定すると、ブラスター音を鳴らすのにもう少し時間の余裕ができる。
・focd [0-500]: Flash on Clash TM (FoC TM ) duration. Used when an extra LED die is wired to the board with a Power Xtender TM circuit and the Flash on Clash TM Pad. ・focd [0-500]:衝撃時フラッシュ(FoC)の期間。PowerXtender回路とFoC用端子に配線された追加LEDを設置したときに使う。
・focp [5-25]: periodicity of the light bursts during the Flash on Clash TM effect. A slow period will produce tight bursts. Similar to the shmrp parameter. ・focp [5-25]:FoC効果の光の明滅周期。遅い周期にすると密な明滅になる。shmrpパラメーターと似ている。
・focr [0-25]: random value applied to the periodicity of the light burst during a Flash on Clash TM effect. Similar to shmrr but applied to FoC TM . ・focr [0-25]:FoC効果時の光の明滅周期にランダムな値を与える。shmrrパラメーターに似ているが、FoCにのみ適用される。
・focfs [0-511]: defines the overall strength of the FoC LED die ・focfs [0-511]:FoC用LEDの発光の強さを定める。
High-power LED parameters : ハイパワーLED設定値
・led [0-70] : defines the current of the LED up to 1.5A. A value of 35 matches 750 mA, 46 gives 1A. Calculation of the value from the desired current : n = 0.15 x current(A) x 1024 / 3.3 ・led [0-70] :1.5Aを最大値としてLEDに流す電流を定義する。35とすると750mA、46とすると1A流れる。望みの電流を流すための設定値は次の式で求める。n = 0.15 x 電流(A) x 1024 / 3.3
・flks [0-20] : speed of the energy variation / flickering effect of the blade. A high value produces a damaged saber effect while a small value generates subtile energy changes. The value 0 disables the effect (static blade). ・flkrs [0-20] :ブレードの明滅スピードと種類を設定する。高い値は損傷を受けた効果を、一方で小さな値はかすかな明滅効果を発生させる。0 にすると明滅効果を発生させない(静的な点灯のみ)。
・flkd [0-100] : depth (in %) of the energy fluctuation effect, i.e. the the range over which the LED brightness will be affected during the effect. A low value does not modify the energy very much while a high value << digs >> big steps of light intensity. To be used with the parameter flks . ・flkrd [0-100] : 明滅の変動効果(つまりLEDの明るさに効果を与える範囲)の深さ(百分率で)を指定する。低い値では光はほとんど変化しないが、高い値では輝きの強さの段階の幅を大きくする。flksの値と共に用いる。
Clashes & Swings Selection Modes クラッシュ音とスイング音の選択モード
The Petit Crouton boards have a single random method for selecting the clash and swing sounds. It’s the same as mode 3 on a CF board: this is an improved random mode referred as RandomX mode or “Bubble Sort” random. The idea is to avoid triggering twice the same sound in a sequence. This new algorithm will make sure a sequence (8 swings / 8 clashes) does not have any duplicate, but you might still get a double between 2 sequences, in rare cases. Petit Crouton ボードはクラッシュ音とスイング音の選択についてランダムに選ぶ方式を一つだけ備えている。それはCrystal Focusボードのモード3と同じもので、RandomXやバブルソート乱数と関連付けて改良されてきたランダム選択方式である。同じ音を二度続けて鳴らさないよう考えられた。新しいアルゴリズムでは音の鳴る順番(スイング8音、クラッシュ8音)が同じにならないようにしているが、ごくまれに2回の順番が同じになることがある。
Page-15 15ページ目
Advanced Wiring & Usage 高度な配線方法と使用法
Wiring a tactile feedback motor and a progressive power On LED バイブレーションモーターとパワーON表示LEDの配線方法
It is possible to wire additional peripherals on our controller and make them follow the fluctuations applied to the high power LED. PC-Lボードには高出力LEDの明滅効果と同期して動作させられる追加パーツを配線することができる。
Therefore, a little force feedback motor (like the ones used in cellphones) and a power on LED can be added. Those peripherals will behave the same way as the high-power LED does: progressive fade in and out during power on/off and perturbation during a clash, blaster blocking or blade lockup effects. The peripherals are connected on the output of the high-power LED current regulator but return to ground instead of the high-power LED negative (L-). 従って、(携帯電話に用いられるような)小さなフォースフィードバックモーターと通電ランプLEDを付け加えることが出来る。それらのパーツはハイパワーLEDの点灯と同じように、電源On/Offの際にゆっくり点灯したり消えたり、衝撃を受けた時や、ブラスター防御や鍔迫り合いのときに揺らめいたりするよう振舞う。追加パーツのプラス極はハイパワーLED用のプラス極と接続し、マイナス極はハイパワーLED用マイナス極ではなく グランド接地(電源のマイナス極)へ接続する
Please note that due to the mechanical nature of the motion sensor used (made out of small steel balls moving with motion) the use of a rumbling motor is not always recommended. It can work; however, the installer must insure the motor is as mechanically decoupled as possible from the board, otherwise the vibration generated by the motor will permanently activate the motion sensors, leading to undesired swing fx sounds. モーションセンサーの構造(内部の小さなベアリングの動揺を感知している)ゆえに、振動するモーターを使うのはあまり推奨できないことを明記しておく。たしかに動作させられるけれども、モーターの振動によってボードから部品が脱落したり、さらにはモーターの振動がモーションセンサーに影響して、望まないスイング音を導く可能性があることを考慮すべきである。
No extra wiring pad has been provided for wiring those additional peripherals, just solder the positive wires (in yellow on the wiring diagram below) on the high-powerLED positive pad (L+) or on the side of the coil. これらの追加パーツに対しては特段、端子が設けられておらず、プラス極の配線(下の図の黄色の線)をコイルの横にあるハイパワーLED用プラス極へハンダ付けするだけである。
(追加パーツの接続説明図)
Page-16 16ページ目
Calculation of the power-on LED resistor 通電ランプLED用抵抗値の計算方法
The power-on LED is not current regulated, it just takes the voltage applied to the high-power LED running at its nominal current. We therefore need to limit the current in the power on LED, as well as in the force-feedback motor. 通電ランプ向けには電流を調整していない。ハイパワーLED向けに設定された電圧がそのまま流れる。そのため通電ランプLEDはもちろん、フォースフィードバックモーターも同様に電圧を制限する必要がある。
The calculation of the resistor depends on the forward voltage of the high-power LED, which varies with the current used and the LED color, the forward voltage of the accent LED and the current flowing in it. 抵抗値の計算には、様々な定格電流や色を持ったハイパワーLEDの順方向電圧と、アクセントLEDに流れている電流に依存する。
Example 計算例
A classic 3 or 5 mm LED (red, green or yellow) has a forward voltage of 1.6 to 1.8 volts and can take up to 20 mA. 典型的な3~5mmのLED(赤、緑、黄色)は順方向電圧が1.6~1.8Vで、定格電流が20mAである。
- For a red, red-orange or amber luxeon III LED the forward voltage is about 2.9V. Let’s take for instance a red power-on LED (1.6V) at 15 mA. 赤、赤橙、琥珀色のLuxeonIII LEDの順方向電圧は約2.9V。赤色の通電ランプLED(1.6V)を15mAで動作させる例
R Power-on LED = (V luxeon - V Power-on LED ) / I Power-on LED 通電ランプLEDの抵抗値 = (Luxeonの順方向電圧 - 通電ランプLEDの順方向電圧 ) / 通電ランプLEDに流す電流
R Power-on LED = (2.9 - 1.6) / 0.015 = 86Ω 通電ランプLEDの抵抗値 = = (2.9 - 1.6) / 0.015 = 86Ω
Which leads to 82Ω or 91Ω in the E12 resistor serie. すなわち、E12系列の82Ω~91Ω抵抗を用いる。
- For a white, blue, green or cyan luxeon the forward voltage is about 3.7 V. Let’s take for example a green LED (1.8V) at 15 mA. 白、青、緑、青緑色のLuxeonIII LEDの順方向電圧は約3.7V。緑色の通電ランプLED(1.8V)を15mAで動作させる例
R Power-on LED = (V luxeon - V Power-on LED ) / I Power-on LED 通電ランプLEDの抵抗値 = (Luxeonの順方向電圧 - 通電ランプLEDの順方向電圧 ) / 通電ランプLEDに流す電流
R Power-on LED = (3.7 - 1.8) / 0.015 = 95Ω 通電ランプLEDの抵抗値 = = (3.7 - 1.8) / 0.015 = 86Ω
Which leads to 91Ω or 100Ω in the E12 serie. すなわち、E12系列の91Ω~100Ω抵抗を用いる。
Calculation of the force-feedback motor resistor フォースフィードバックモーター用抵抗値の計算方法
There are too many various sorts of motors to determine a specific resistor. The motors we sell are designed to work in the 1V to 2V range and the current they take increases very quickly when the power supply voltage increases due to the non-centered weight that produces the rumbling effect. 特定の抵抗値を決めるにはたくさんの種類のモーターがありすぎる。PlecterLabsが販売しているモーターは1~2Vで動作し、振動を発生させるために重心が中心にないので、電圧をかけると瞬時に電流が増大する。
We can however take 1.5V as a base voltage with a 100 mA maximum current to avoid too much current flowing in the high-power LED driver and limit heating. しかしながら、加熱を避けるため、ハイパワーLEDに電流が流れすぎないようにするため、100mAを最大電流にし、1.5Vを基本電圧とすることができる。
- For a red, red-orange or amber luxeon LED the forward voltage is about 2.5V. 順方向電圧が約2.9Vの赤、赤橙、琥珀色のLuxeonIII LEDで動作させる例
R motor = (V luxeon - V motor ) / I motor モーター用抵抗値 = (Luxeonの順方向電圧 - モーターの電圧 ) / モーターに流す電流
R motor = (2.5 - 1.5) / 0.1 = 10 Ω - 1/2 watt モーター用抵抗値 = (2.5 - 1.5) / 0.1 = 10 Ω 1/2ワット
- For a white, blue, green or cyan luxeon the forward voltage is about 3.7 V. 順方向電圧が約3.7Vの白、青、緑、青緑色のLuxeonIII LEDで動作させる例
R motor = (V luxeon - V motor ) / I motor モーター用抵抗値 = (Luxeonの順方向電圧 - モーターの電圧 ) / モーターに流す電流
R motor = (3.7 - 1.5) / 0.1 = 22 Ω - 1/2 watt モーター用抵抗値 = (3.7 - 1.5) / 0.1 = 22 Ω 1/2ワット
Page-17 17ページ目
For an unknown motor, experimentation is the key, starting for instance with a 1/2 watt 100 or 150Ω resistor and an amp-meter to find out the supply voltage of the motor within the limit of the max current used (100 mA max). The best solution is to power the motor with a regulated power supply and to increase slowly the voltage while monitoring the current and when the current and voltage are found, you can go back to the above formula. Be sure to use at least a 1/2 watt resistor in all cases. よくわからないモーターの場合、実験が鍵となる。試しに1/2ワットの100Ω又は150Ωの抵抗と電圧計を使って、最大電流を100mAとしたときの供給電圧を探し出す。一番良い解決法は電圧レギュレーターを使ってモーターに電力をあたえ、流れている電流を確認しながら少しずつ電圧を上げていく。電流と電圧の最適値が見つかったら、上記の式に当てはめれば良い。いずれの場合も1/2ワットの抵抗を用いるのが確実である。
An easy workaround is to use a multiturn trimming potentiometer of 100Ω or 1kΩ. This makes possible to adjust the speed with accuracy. 簡単な回避策は100Ωまたは1KΩのmultiturn trimming potentiometerを使う。正確に速度を調整できる。
Page-18 18ページ目
Wiring a general Power-On Indicator / Accent LED 通電ランプLEDの配線方法
It’s is sometimes useful (or good looking) to have a LED lighting up as soon as the kill key is removed. Of course, 1 of the 2 accent LEDs could still blink as idle mode indicator, but a permanently on LED could be nice to simply indicate the battery pack is working properly. This is also very nice to have indicator lighting up the internal ring of a chromed anti-vandal switch. キルキーを取り除いたときに点灯するLEDをヒルトに付けるのは何かしら(見栄えと)使い勝手が良い。もちろん、一つ又は二つのアクセントLEDをアイドル時のインジケーターとして点滅させられるが、点きっぱなしのLEDはバッテリーパックが適切に充電されていることを示すのに単純で良い方法である。また、AVスイッチのランプが通電を示して点灯しているのも見栄えが良い。
The PC board provides a regulated 3.3V pad for that purpose, shown in purple in the illustration below. PC-Lボードは下記の図の紫の線で示すようにそれ用に3.3Vの電力を供給している。
(主電源ランプの接続図)
Wiring a Flash on Clash TM (FoC TM ) LED / Die 衝撃時フラッシュ(FoC)LEDの配線方法、および専用端子について
PC v1.6 features an additional pad to drive a Flash on Clash TM effect. With the emerging technology of multi-die high-power LEDs, certain dice can be used to light up the blade, while a remaining die can add some more light (possibly with a different color) when a clash is triggered. Depending on the configuration file, the FoC TM can also be triggered when blaster blocking, lockup events are registered. PC Ver.1.6は衝撃時フラッシュ効果(FoC)を制御するための端子を設けている。複数素子搭載型高出力LEDという新技術を用い、通常使用する素子をブレード発光に、残りの素子をクラッシュ発生時に光らせることができる(通常素子と違う色が望ましい)。設定ファイルの内容によるが、ブラスター偏向や鍔迫り合い効果時にもFoCをさせることが出来る。
The FoC TM pad is only a 3.3V remote control pad and cannot drive any power. Hence, it controls a Power Xtender micro board in order to drive an additional LED die. FoC用端子は遠隔操作目的で3.3Vを供給するだけで、電力は強くない。それゆえ追加LED素子の電力制御のためのPowerXtenderマイクロ基板を制御させる。
Moreover, the FoC TM isn’t static but has also its own shimmer parameters in the configuration files, which allows the generation of very vivid Flash on Clash effects (focp, focr and focs parameters). さらにFoCは静的なものでなく、設定ファイル内の明滅パラメーター(focp、focr、およびfocsパラメータ)に従って非常に鮮やかなクラッシュ効果を生み出すことが出来る。
The drive of the LED die involved in the FoC TM isn’t current regulated, so the appropriate resistor must be included in the power xtender circuit to limit the current. FoC用LED素子向けには電流を調整していないため、電流を制限するためにPowerXtenderに適切な抵抗を加える必要がある。
Also, user must be concerned about the current used by the FoC die, the overall current used by the complete setup, and the current the battery pack can provide. また、完成後の必要電流とバッテリーパックの供給可能な電流も含めてFoC用LEDに流す電流を考慮しなければならない。
Exceeding the capacity of the battery pack, or its discharge rate could lead to battery deterioration or explosion. 使用電力がバッテリーパックの容量を越えたり、過放電させるとバッテリーの劣化や爆発を招く。
Example of use : 使用例:
Let’s consider the drive an extra white die at 1A for the FoC. Forward voltage of that die is around 3.7V. 1Aで動作する白色LED素子をFoC用に使う場合。素子の前方電圧は3.7V近辺とする。
Required resistor for the FoC circuit : FoC用回路に必要な抵抗
R = (Vpack - Vf die) / FoC current 抵抗 = (バッテリーパック供給電圧 - FoC用素子の前方電圧) / FoC用素子の駆動電流
R = (7.4 - 3.7) / 1 = 3.7 ohm 抵抗 = (7.4 - 3.7) / 1 = 3.7Ω
Wattage of the resistor : 抵抗の定格電力
P = RxI 2 = 3.7 watt. P = 抵抗x電流 2 = 3.7W
Since the FoC circuit is only active for a short time (maximum 10 seconds during a lockup), it’s acceptable to use a 3W resistor in the example above. FoC回路は少しの間しか動作しない(ロックアップ時に最大10秒)ので、上の例の場合、3Wの抵抗でもよい。
If the user wants to drive an accent LED out of the FoC pad (and not a high-power LED die), this can be of course achieved without a Power Xtender board, just like any accent LED. The pad outputs 3.3V and 18 mA maximum. FoC用端子を使ってアクセントLED(高出力でないもの)を光らせたい場合、当然、PowerXtender基板は必要ない。FoC用端子は3.3V、最大18mAを出力する。
Page-20 20ページ目
(FoC配線図)
Page-21 21ページ目
Accent LEDs sequencer アクセントLEDシーケンサー
2 accent LEDs can produce 4 patterns; we limited the sequencer to 8 stages. The working principle of the sequencer is to put the LEDs in a given pattern/state during a certain time (delay). Once the delay is over, a new pattern is output and so on for the 8 stages before looping to the first one. 2つのアクセントLEDは4つのパターンを作り出せる。シーケンサーは8手順に制限してある。シーケンス発光の原則はLEDに明確な期間でパターンと状態を設定することである。待機時間が終わると、最初の手順に戻るまで8つの手順の新しいパターンで発光し始める。
The main LED sequence is described for each sound bank in the leds.txt text file. それぞれの効果音に伴うメインLEDの発光手順は、leds.txtというテキストファイルに記述される。
Simply open the file with window notepad to modify it, directly on the SD card or on the hard disk. Windowsのメモ帳で開いて編集したら、SDカードに直接記録するか、ハードディスクに保存する。
Here is an example of an actual leds.txt file. 以下にleds.txtファイルの実際の内容を示す。
(サンプルテキストの画像)
Stages & Delays 電飾の発光順序について
The example below shows the accent LEDs with a chasing pattern. The state of each LED is represented either by 0 (off) or 1 (on). Each “s” line defines a pattern of the 2 LEDs (state) while the “d” line is the duration of the pattern (delay). 例図ではアクセントLEDが追いかけっこするパターンを示す。それぞれのLEDの発光状態は 0(Off)または 1(On)で示される。"s"で始まる行はLEDの発光状態を定義し、"d"で始まる行はそのパターンが持続する時間を定義する。
The closest digit (0 or 1) to the equal sign is the state of LED2 (MSB) while the one at the end of the line is the state of LED1 (LSB) イコール記号横の0か1の並んだ数字のうち、文末側がLED1(LSB)、もう片方をLED2(MSB)の状態を表す。
The delay between each state can be different for each “state” line, it’s not necessary to have a pattern evolution with a constant timing. A value of 0 for a “delay” line will stop the sequencer. Hence, it’s possible to have an accent LED animation when the saber starts, and the animation stop at the end of the 8 stages (or before) when a 0 delay is found in the file. "s"行ごとに異なる発光期間を持たせることが出来るため、パターンの進行を固定的にしなくてもよい。"d"行の 0 の値は順序を止める。セーバーを起動したときにアクセントLEDを明滅させ、8手順を表示させるか、"d"行の値が0である時点で、明滅を止めることが出来る。
When setting random to 1 the sequencer will generate a random pattern at each stage of the sequence, ideal for a changing or non conventional animation. The delays will remain the ones specified in the sequence. random に 1 を設定するとパターンを常に変化させたり、定型的な明滅をさせないために、シーケンサーはシーケンスのそれぞれの段階でランダムなパターンを生成する。発光時間については指定したものが用いられる。
The delay can go up to 32,000 which correspond roughly to 1 minute. It’s of course possible to use a LED output to drive an accent LED AND the remote control wire of a power xtender board to drive an additional peripheral requiring more power than what the accent LED pads can offer. "d"の値はおよそ1分に近い、32,000まで設定できる。もちろん、LEDやアクセントLEDを使うために、ボードのアクセントLED用端子が供給するよりも大きな電力を供給するpower xtender boardのような外部機器を接続することも可能である。
Page-22 22ページ目
Deep Sleep flashing LED スリープ時のLED点滅
It’s also possible to use one of the 2 accent LEDs to indicate the saber is in deep sleep mode when the blade is off. For that purpose, 2 parameters have been added to the configuration file config.txt. 2つのアクセントLEDをセーバーがブレードの発光をOffにしたディープスリープモードにあることを示すのに使うことも出来る。そのため2つのパラメーターが設定ファイル(config.txt)に追加されている。
・idleled [0-1] : selection of the LED used as idle indicator. 0 indicates accent LED pad #1. 1 indicates accent LED pad #2. ・idleled [0-1] :LEDをアイドル表示に使うための設定値。0を指定するとアクセントLED端子1、1ならばにアクセントLED端子2に接続したLEDをインジケーターとして使う。
・idlepulsing [0-30] : duration of the the idle flash of the selected LED. In multiple of 1/30 th of second. 0 disable the effect. With 1 we get a really short flash. With 28, the idle LED stays on all the time except during a brief moment, and with 30, the idle LED remains always on. - idlepulsing [0-30] :選択したLEDを点滅発光させる時間。1/30秒の単位で設定する。0 は点滅効果なし。1 を設定すると一瞬点灯する。28 だとほぼ点いたままで一瞬消える。30だとずっと点灯する。
Page-23 23ページ目
Troubleshooting & FAQ こんなときは
Q : I’ve updated the sounds on the SD card and now the module does not work anymore. It generates a funny melody when it boots, then stalls. Q : SDカードのサウンド内容を変更したら全然動かなくなった。電源投入時に変な音楽が流れて、そのまま止まる。
A : The PC-L is a locked board, therefore you can’t modify the sound contents of the board. Put the original contents of the SD card you got with the board / saber. A : PC-Lには制限が設けられている。ボードの音色を変更することは出来ない。SDカードの内容を元々添付されていたものに戻すこと。
Q : I’ve updated the sounds on the SD card and now the module does not work anymore. It generates some beeps when it starts. Q : SDカードのサウンド内容を変更したら全然動かなくなった。電源投入時にビープ音が流れる
A : You must format the SD card (in FAT16 / FAT32) before updating the sounds, while it’s not necessary to do so for the configuration files that can be edited in place on the SD card. To simplify the update process, put the new sounds on the SD, overwrite the old ones. Then select the whole contents of the SD card, and copy it in a temporary directory/folder on the hard disk. Format then the card, and next copy the files back to the SD card in one run. A : SDカード内の設定ファイルを編集する以外にファイルを変更する必要はないが、サウンドを変更する前にはSDカードをFAT16かFAT32でフォーマットしなければならない。変更を単純にするため、SDカードに新しいサウンドファイルを書きこむ際は古いものを上書きするようにする。SDカードのファイル全体を選択して、ハードディスク内の適当なフォルダにコピーしておく。それからカードをフォーマットし、コピーしておいたファイルをSDカードに書き戻す。
Q : what’s the meaning of the beeps when the module starts. Q : 電源投入時になるビープ音の意味は?
A : it means that a file is missing or hasn’t been found. It can be the boot sound, or the configuration files. Three beeps generally mean that many important files haven’t been found (boot.wav, config.txt, leds.txt) A : ロゴサウンドや設定ファイルなどのファイルが失われているか見つからないときに鳴る。ビープ音が三つ鳴ったときは、重要なファイル(boot.wav, config.txt, leds.txt)が見つからないことを示している。
Q : can I rename the sounds on the SD card ? Q : SDカード内のサウンドファイルの名前を変えてもよいか
A : no, except the force.wav file. This file is usually provided with the sound font and is meant to provide an alternative to blaster blocking when using the aux. switch (ie producing a force fx sound instead of a blaster blocking fx). A : force.wav以外はダメ。force.wavは補助スイッチを押したときに鳴る音の代替用として収録されている(つまりブラスター防御音の代わりにフォース効果の音を鳴らせる)。
Q : I wired a rumbling motor in my hilt and now I have swings triggered while the hilt rests on a flat surface. Q : 振動モーターをヒルトに配線したら、ヒルトを平らなところに置いててもスイング音がなるんだけど
A : The motor makes the board vibrating enough so that it’s interpreted as a swing. Reduce the speed of the motor and/or mechanically isolate the board from the motor. Increasing ls can also help, but it will make swings more difficult to execute. A : モーターがスイング音だと検知するぐらいの振動を発生させているため。モーターのスピードを落とすか、ボードから引き離すかする。lsの値を増大させても症状は収まるが、こんどはスイング音自体が鳴らせづらくなる。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー



更新履歴

取得中です。

count since 11/2/28
累計: -
本日: -
昨日: -