世界設定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

葬世界

だだっ広い草原に、堀に囲まれた廃城があるだけの次元。
ロストシリーズに置いてのメイン舞台。


調和世界シア

自然と文明の共存する次元。生命力に溢れており、様々な生物が誕生している。
この世界での生物の多くは、生きている間体内で「魔力」と呼ばれるエネルギーを生成し、貯蔵している。
体内に強力なエネルギーを貯めているため、魔力の影響で様々な進化の分岐があり、多くの生命体が存在している。
人間やその亜種が生物界の頂点とされている。

全体的に見て国というまとまりのある地区は少なく、それよりかは、規模の大きい都市が多く点在している。それぞれが他の都市と手を結び、共栄を図っているようである。
世界的な法はいくつかあるものの、細かいところは都市によって多様。義務教育があるようなところもあれば、無いところもある。
武器などが日常的には存在するが、この世界観において大体の所は平和。

レンチェイス地方
シアの魔導産業の要となっている大陸のある地方。大体が温帯。
経済都市ヴォーカトースの崩壊によって力は衰えているが、それでも魔導産業はトップ。







バシアン地方
非常に大きな大陸だが、その多くが未開地である地方。亜寒帯から寒帯で、冬が長い。
遺跡が多いのだが、年中雪が積もっているために発掘は難航している。逆を言えば、まだ眠っている遺跡も多いということであり、トレジャーハントを目的にやってくる者も多い。




イーレ地方
7つの島が、北南に伸びるように点在している地方。気候は温帯から亜熱帯。
独特な文化圏を持つ町が多く、観光に来る人が多い。






ルードラ地方
東側に人間の住む街が集まっているが、西側がほとんど開拓されていない地方。
産業の地として非常に力を持っている地方だが、非常に危険で通行証が無いと行くことができないような未開の地も存在する地方である。

王都ルタ
眠りの森

黒薔薇の墓地カレンズ・ロゼッタ


憧憬世界テラ

多大な魔力を持つ生物がほとんどおらず、魔法という概念が夢物語である次元。
シアのような魔導機という代替機なんてものもなく、すべては科学でなりたっている。そのため、非科学的なものの信憑性は非常に薄い。
文明が発展しており、大規模な国というまとまりで地区が存在する。ほとんどの地域が人間によって開拓されている。
要するに俺らの世界。

日本

その他の世界

他にも、小規模な次元も存在している。
どこかの次元とリンクしている場合もあれば、まったく関与できない閉ざされた次元などもある。

裏の葬

おひたしの胃袋

妖精の国ナターリス

夢魔の根城クァトラン

遺棄されたレインヴェッチ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。